酒落語 / 酒を題材にした落とし噺

「酒落語」とは。-------------------------------

「酒落語」とは創作の落語です。

日本酒、お酒呑みのお噂を取り扱います。

「試し酒」などに代表される、
落語の中でのお酒ではなく、
主題をお酒において、一席、ご機嫌を伺おう…
…そんなご趣向でございます。

飲み食いをする落語、
酒造りをする落語、
より深く掘り下げて、申し上げる事にしております。

誘惑箇所の多い中、
取り分けて、お読み頂きますこと、
誠にありがたい訳で、
気楽な所で一生懸命に申し上げる事にしております。
どうぞ、最後までお付き合い下さいませ。

人生は酒と心で出来ている。
酒があれば、人がいる、人がいれば笑いが起きる。
笑いが起きれば、心があたたまります。
そうなると噺の幕開きとなってございます。

----------------------------------------------

席目:酒落語「かんどころ」
(2010年8月26日)

まだ落語を見たこともない頃に、
何となくイメージを真似て書いたもの。

( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-7150.html )


席目:酒落語「鷹の目」
(2011年3月10日)

Cimg4228_2

初めて落語を拝見した後に書いたもの。
銘酒を読み当てる鷹の目の力の秘密を知りたい呑人がひとり。

( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-a45f.html )


席目:酒落語「のぼり鯉」
(2011年4月26日)

Sakerakugo_3_noborikoi

ここから実際の落語らしい雰囲気が
多少なりとも感じられるものと存じます。
中野市「勢正宗」を題材にした落語。
縁起の良い鯉のラベルの日本酒から始まる落とし噺。

( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-25bd.html )


席目:酒落語「そば前」
(2011年7月26日)

Cimgrakugo_2

松本酒造組合の日本酒を扱って、
楽しく美味しく飲む!
時に「そば前」ってぇのはなんなんだい?

( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-5575.html )


席目:酒落語「中野土びな」
(2011年10月19日)

_300

中野市井賀屋酒造場「岩清水」、
酒造りに触れたくて書いたような一席です。
杜氏が丹精込めて醸す日本酒、
これに触れる土びなの噺、人情噺。

( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-1167.html )


6席目:酒落語「今錦」(作成中)

7席目:酒落語「弁天琴」(作成中)