« 2018年8月26日 - 2018年9月1日 | トップページ | 2018年9月9日 - 2018年9月15日 »

2018年9月2日 - 2018年9月8日

2018年9月 5日 (水)

アガレヤで、井の頭、豊賀、鳳凰美田を飲みながら待つ。

 
 
お酒側のお話。
 
気楽なところで、一生懸命…と言うことですが。
 
8月13日、松本市伊勢町界隈、アガレヤにて。
 
 
さて、「酒 宗夜・小盛り」にて、
事の顛末…とでも申しましょうか、一緒に更新を仕掛けておりまして。
「アガレヤ」に僕が居たと言う理由をお喋りしてございます。
こちらは、合わせて楽しんだ日本酒について、申し上げようと言う趣向でして…。
「酒 宗夜」はお酒のブログとして、今を営んでおりますので、
どうぞ、最後まで、短い時間ではありますが、お付き合いを願っておきますが…。
 
 
 
Dscn0165
 
信州伊那・井の頭・純米無濾過生原酒
 
信州秘密の頒布会2018のお酒。
長野県産「美山錦」を用い、K701酵母にて。
アルコール度数は17度。
 
…これ、すごく美味しかったです。
「井の頭」の新たな一面を見た感覚で居ります。
詳細な…
直汲みだったり、中取りだったり、
もしかすると搾りも少し違うのかも…麹も、
白麹が使われているのかも、酵母もブレンドがあるのかも…。
色んな想像をしてしまうくらい、
美味しくてインパクトがある、洗練感もある、お酒でした。感動しました。
 
当時のメモ、そのまま起こして行きますが…。
 
若いリンゴ、爽やか、少し乳酸。
17度。17度!?
15度以下に感じる、リンゴのフレッシュな若さが、美味しさが、
すごく良い!美味しい!
K701と言う…セメダイン系に振られない、
爽やかで素直な香って、あまり出会った事がない。
洋梨寄りになってジューシーさ、瑞々しさが出た7号酵母仕様のお酒は、
どこかで飲んだと思うけれど、またそれとも異なる、
キレのある美味しさが、何とも良いんだ。これは珍しい。
アルコール感、香と舌先の刺激は7号酵母と聞いて、ちょっと納得できるところ。
!? これ生酒なの!?
火入れじゃないの? こんなにライトでスッキリしていて、火入れじゃないの?
 
…普段も、あんまりスペックを見ながら飲まないし、
スペックってあんまりアテになりませんから…
飲んでみて「このくらいかなぁ」と思って、そんなに大差なくて、
「まぁ、そうだよねー」なんてのん気に飲んでいるのですけれど、
ここまで、印象で考えたスペックと乖離したお酒は興味深くて驚きました。
でも、何より美味しかった記憶がいちばん濃いです。
大のお気に入りでした。
 
Dscn0168
 
信州小布施・豊賀・純米中取り無ろ過生原酒
 
合流したYOKOさんが注文したもの。
 
甘コク、辛味もあり。
28BYだから、しっかりした旨味、キリッと締めるところに加えて、
全体にふくらみがあって円熟感すら。
 
合流した楽しさで、ワイワイ話しながら飲んでいたので、
メモがだいぶ疎かになっており…。
 
 
Dscn0172
 
栃木・鳳凰美田“WINE CELL”・純米吟醸“兵庫県産山田錦”
 
ふたりでもう1杯飲もう…と言うことで。
ワイン酵母を使って醸した「鳳凰美田」をば。
 
甘旨い、ミント、奥から洋梨メロン。
熟れつつ、後半にドライさ、やや苦さ。
鳳凰美田らしく、身は薄いけれど、芳しさは素晴らしい。
 
…ワイン酵母だったんだと、
今、ここで書いていて初めて知りました。
多彩な香の世界、鳳凰美田蔵なので、
ワイン酵母由来の香味も、「いつも通り」感を思ってしまい。
 
 
…と、以上、3種類を頂戴致しました。
 
それぞれのブログ、ご覧になって頂けたなら、たいへん嬉しい事でして。
 
いつも、誠にありがとう存じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月26日 - 2018年9月1日 | トップページ | 2018年9月9日 - 2018年9月15日 »