« 2018年6月17日 - 2018年6月23日 | トップページ | 2018年7月1日 - 2018年7月7日 »

2018年6月24日 - 2018年6月30日

2018年6月29日 (金)

酒 宗夜としての方針転換と、滋賀・初桜・純米大吟醸“天晴”。

 
ブログと言うものは、更新してこそブログだなぁ…と思うのです。
 
日本酒にまつわる字を書いていて、
これは完全に趣味だし、字の練習だし…
ホームページがない蔵元さんと、
ホームページがあるけれど、
何年も動いていない蔵元さんがいらっしゃって、
元より無い蔵元さんは、
それでも、SNSで検索すると情報を得ることが出来るので、
あまり違和感はないのですが、
ホームページがあるのに動いていない蔵元さんは、
印象…ただ、それだけ、
行動が他者に与える印象であるだけなんだと思うんですが、
「もう、更新しなくなっちゃったのかな?」
「情報、出したりしなくなっちゃったのかな?」
…と思ってしまいます。
 
これ、よく考えると心理として、とても面白くて、
どちらも「情報のウェブ発信は現状で無い」のです。
けれども、最初から無い場合は、変化が見られないので、
受け入れやすく感じます。
最初は有る→無くなってしまったと言う状況は、
有る、無いの変化に想像、妄想が働いてしまって、
端的に言えば「あ、やる気なくしたんだな」と考えてしまうんです。
 
そう!
今、この「酒 宗夜」の本編も似た状況になっているのです!
 
やる気はあるのですけれど、
他の事に夢中で、更新する時間を作り出すことが出来ていない…
…なんて所です。
仕事が忙しくなっちゃうと、「小盛り」だけで精一杯になってしまう。
 
でも、日々日本酒は飲んでいるしビールも飲んでいるし…。
 
で、冒頭の言葉に戻るのですが、
「ブログは更新してこそブログだよな」と。
「小盛り」を始めた頃に、
元々の「酒 宗夜」から、更に書く内容を減らして、
更新して行こうと決めましたが、
現状ですと、それもままならないらしい…と言う事が分かりました。
 
ポジティブに撤退します!
 
マラソン、ランニングを始めてから、
色々と考えるのですが、
一生懸命トレーニングだけ行えば良い訳ではなくて、
休息も、きちんと果たして行かないと、
トレーニング成果が出ないものなんだと知りました。
 
「更新しないこと」こそブログの意義を失うもの。
 
体裁なんか気にしない!
その分、飲んだ酒類は出来るだけ書いて行きたい!
 
…と言う方針に切り替えます。
 
せっかく厨十兵衛などに出掛けて行って、
夫婦で少なくとも6種類は飲む訳で…
そう言う情報を発信したくて、
共有したくてブログを書いているんですもの。
風情や情緒を気にして、
結果、ブログが止まってしまってはいけないんです。
 
早速、明日辺りから、やれるだけの事はやってみたいと思います。
 
文章としては、うすーい内容になりますが、
出て来るお酒たちは、上等なものばかりです。
国酒、日本の象徴と謳って遜色のないもの。
 
発信することで、誰かの琴線を揺さぶりたいものです。
そのために、動きたいですよー…と言う、
本日の「酒 宗夜」のブログでした。
 
 
それだけだとつまらないので、ペタリ。
 
滋賀・初桜・純米大吟醸生原酒“天晴(あっぱれ)”
 
Dscn9649
 
滋賀県産「日本晴」を使ったお酒。
酒造好適米でない分、純米大吟醸でもお財布に軽い。
味わいは、お値段以上。
(確か3000円以上3500円以下くらい)
東京・革命君さんからのお取り寄せ。
 
香は、
甘濃ゆい、リキュールっぽい濃さ、濃密。
木槽系のウッディーフレーバーも少し。
 
飲んでみると、
「わ!濃ゆーい!」
すごく柔らかく、甘く、ふくよか。
酸も相当強くある様に思う。麹歩合が高いお酒にある印象も。
「甘キュン」のイメージ。
後半は、サバケ良く。甘さを感じて飲んでいて、
その甘さが終わると同時に、シュッと消える。
 
含み香の中に、
カシューナッツやヘーゼルナッツ系の匂いより、
もっとアーモンドや杏仁をイメージさせる芳しさがある。
ツルンとした種のまわりに、モアッと甘いふくらみがまとわりついて…
…なんてイメージ。
 
YOKOさんは、滋賀のお酒にいつの間にか苦手意識があるみたいなのだけれど、
「美味しい。最後スッキリ。甘いだけのお酒じゃない」
…とのこと。
 
以上、メモは開栓時に必ず取っているので、
ほぼほぼ、それを書き写すだけにしてみます。
日本酒居酒屋さんでも同様。もっと文字数少ないです。
でも、とにかく繋いで行かねばっ。
 
 
どのお酒を書こうかなー…と眺めた中で、
「天晴(アッパレ)」と言う酒名は、
実に陽気で、縁起が良さそうだ…と選びました。
 
それでは、また次回!近いうちに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月17日 - 2018年6月23日 | トップページ | 2018年7月1日 - 2018年7月7日 »