« 2018年3月11日 - 2018年3月17日 | トップページ | 2018年3月25日 - 2018年3月31日 »

2018年3月18日 - 2018年3月24日

2018年3月20日 (火)

Hop Frog Cafeにて、三重・伊勢角屋麦酒“NEKO NIHIKI”、栃木・うしとらブルワリー“Heads Up!”。

 
 
 
Dscn8845
 
気楽なところで、一生懸命…と言うことです。
 
3月3日、松本市駅前大通り、Hop Frog Cafeにて。
 
 
3月16日、17日に志賀高原にて催された、
吉例「Snow Monkey Beer Live」に、今年も無事に参加する事が出来まして。
付随して、渋温泉の九湯巡りも楽しむ…これもまた恒例。
すっかり楽しんでの週末を過ごして参りました。
 
その記事も、おいおい書いて行きますけれど、
まずは、お馴染みカエルのお店、「Hop Frog Cafe」でのクラフトビールで、
一席のお付き合いを願っておきます。
 
 
 
 
バーレイワイン・うしとらブルワリー“Heads Up!” / ABV 10%, IBU 50
 
記憶に、あまりバーレイワイン感がなかった…なぁ、と。
メモはそれっぽい、バーレイワイン感のある記録なのだけれど、
その日を思い出してみて…
あ、わりと記憶を飛ばし気味だからかも知れないけれど、
知らず知らずのうちに、うっとり酔うことが出来る様なビールだったのかな、と。
 
旨み、甘味で入ってきて、強い旨みが繰り返す。
干し葡萄、干した果実の酸味。
熟成した様な、質感、飲み口。
パンやシリアルの様なものも合いそう。
余韻、後半に少しイチゴの様な芳しさも残る。
 
…とのこと。
あ、IBU50は全く感じていないかも。面白いなぁ。
 
 
 
 
NE-IPA・伊勢角屋麦酒“NEKO NIHIKI” / ABV 8.0%, IBU 35
 
 
8%のアルコール度数が全く感じない、クイッと飲めちゃう雰囲気。
YOKOさんも「これ、美味しい!」と即答。
 
桃は入っていないけれど、桃の美味しさが表現されている…と思いました。
透き通る芳しさ、いっぱいのジューシーさ、酸味でキュッとするところ。
IPAって思って飲むと、ちょっと違う印象も。
さっぱりさもありながら、強さもあって美味しい感じ。
なるほど、流石話題のビールだ…と思いました。
僕自身もかなり美味しかった。
 
 
 
NE-IPA、ニューイングランド系って、
ガチムチ感のある、強烈さが特徴と思っていたのだけれど、
ヘイジーな特徴こそ統一感あれど、
味の強さ、ホップの主張は、重いものも軽いものもあるみたい。
Snow Monkey Beer Liveで久し振りにお会いした、
S木の旦那から、ひと口もらった、志賀高原ビールの「Snow Monkey IPA」が、
まさに今年はNE-IPA的なもので、
かつ、志賀高原と言うと、ガチッとホップを利かせて来そうな所を、
ソフトに仕上げていたので、
「そう、NE-IPAって、こう言うものもあるんですよね」
…と教えてもらい。
 
なるほどなぁ、と。
 
強い、ジューシーホッピーなビールも良いけれど、
僕自身も、Session系も好きだし、こう言う味わいも良いなぁ…なんて思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月11日 - 2018年3月17日 | トップページ | 2018年3月25日 - 2018年3月31日 »