« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月26日 (水)

厨十兵衛で、信州中野・志賀泉“月泉”、福島会津若松・会津中将を。

 
 
「どこでも良いから、きっと飲めよ!」
 
…って、その心意気が良いじゃん。ねぇ?
 
Img_0588
 
気楽なところで、一生懸命…と言うことですが。
 
9月23日、松本市緑町界隈、厨十兵衛にて。
 
 
「どこでも良いから、きっと飲めよ!」
 
…と言うのは、電車の時間に急ぐ松本駅前、
「風林火山」前を通りかかった時、
「おっ、モモさんと目が合ったぞっ」って事が、結構あります。
道行く人も、よく見えているみたいで、
すごいなーって思うんです。
「忙しそうだったなぁ」と思って、通り過ぎると、
わざわざ厨房から出て来て下さって、
 
「夏泉の次、月泉がすげー良いから!
 うちじゃなくても良いし、十兵衛でも良いから、
 きっと飲めよ!うまいぜ!」…と教えてくれる。
 
それが、すごーく嬉しくて。
日本酒好きとして知ってもらえていて、
美味しいもの、気に入ったものが入ったら、
損得もなく教えてくださる心意気は、本当に嬉しい。
敬意も感謝も感じます。
いつもありがとうございます。
 
だったら、飲み手の心意気として、
「風林火山」で飲むべきかなぁ…とも思うのだけれど、
僕らが用意できた週末の時間は日曜日の夕方から、
遅くならない程度の晩の入りあたりまで。
お言葉に甘えさせて頂いて、
日曜日は15時から21時の営業時間になる、
「厨十兵衛」に出掛けて行きました。
 
 
そんな訳で、僕は「月泉(つきみ)」を。
YOKOさんは、お好みの蔵元のもとを。「会津中将」で。
 
信州中野・志賀泉“月泉”・純米吟醸生原酒“秋季限定”
 
酸、ジュワッとした、充実した、しっかりした酸。
よく練れていて、熟成されているのか、酸の存在を感じるのだけれど、
キュンとした、シュッとした、鋭利さを持たない柔らか、穏やかな印象と同居。
 
完熟リンゴけいの旨さとリンゴ酸系のお酒の雰囲気。
酒にコシがある。
香の瞬間の高さより、喉の奥、鼻の奥から香が戻って来る印象。
含み香の良さ。ボリュームのあり方、良い。
 
けれど、77号酵母系のリンゴ酸多産性酵母主体のボトルとは、
ちょっと違った印象を抱く。
酸をそんなに強調させた造りでない…と言うか。
 
香が奥ゆかしくも、しっかり確かに立ち上がって来て、
その時間差が、気分に、とても良く作用します。
香のディレイがあるからこそ、ゆっくり楽しむ。
肴を挟む、会話を挟む。
香の広がり方が、特に好ましいお酒と言う印象です。
 
YOKOさんは、「甘い(好感触)、香の雰囲気が好み」とのこと。
 
 
福島・会津中将・特別純米生詰“ひやおろし”
 
YOKOさんは、「甘味がない。こう言うイメージだっけ?中将」とは、
最初のひと口目の印象。
そして中盤以降は、「サラッとしている、良いまろやかさ」とのこと。
 
肴が加わることによって、真価を発揮するタイプの1本だった様子。
ミネラル、ニュッとした酸。じっとり、ウェット。
塩、旨味、ツルッとした酒質。
優しい、柔らかいと言うより、
単純に、くどさや雑味が少なく、シンプルに味乗りを迎えつつある酒…
…と言った印象です。
 
白米のそれの様に、肴があることで、とても栄えます。
栄えますが、食べれば食べるほどにお酒の印象はシンプルなものに、
近付いて行く様にも感じました。
つまり、数多の肴を経験して品は変わり味は変わるけれど、
いつも「会津中将」の美味しさはブレずにキープされていると言う。
良い塩梅でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

滋賀県・琵琶湖ワイナリー“浅柄野”レッドミルレンニューム無濾過生詰。

 
 
芳し旨し。“道灌”と言われれば納得。
 
Img_0143
 
ご縁あって、滋賀県のお酒を数本買い求めて。
その中には、太田酒造「道灌・湖弧艪」蔵のワイン醸造部門、
「琵琶湖ワイナリー」が醸すワインも2本、ありました。
 
特に興味を持って迎え入れた、このボトル。
「無濾過生詰」と言う表記も、清酒醸造の雰囲気を感じさせます。
 
今回、いろいろ教えて下さった「家鴨あひる」さんに寄ると、
清酒醸造業の傍ら…と言っても、本気のワイン造りであって、
葡萄の栽培を精力的に行い、品質も良い…とのこと。
「浅柄野」は自社農園の土地の名前。
「レッドミルレンニューム」は葡萄の品種名です。
信州塩尻もワイン醸造が盛んな土地で、
それなりにワイン用葡萄の品種名は眺めて来ましたが、
初めて伺うものでした。
 
…言い慣れたなら、もう間違わないけれど、
「レッド☆にゅるんにゅるん」と最初は思った…と言うか、
ミルレンニュウムと言う言葉が耳馴染みなく、認識し切れなかった…と言うか。
 
ラベルから読み取ることが出来る情報、紹介文としては以下の通り。
 
 
個性的でライチの香とシードルを思わせる酸味豊かな、
バランスの取れた甘口にごりワイン。瓶内二次発酵。微炭酸。
アルコール度数は10度、滋賀県産栗東市産。
 
…とのこと。
なるほど、ライチの香…と例えられると納得できます。
後ほど、テイスティングコメントを書き起こしますけれど、
例えようの無い、でもどこかで感じたことがある、
東洋系の艶やかさある香味だと思っていました。
「ライチ」、よく分かります。
 
自分のメモには以下の通り。
 
若い青いリンゴ、グレープフルーツ皮、ミント、
セージ、鮮やかな果実、フレッシュ。
 
なんて心地好いマウスフィーリング。
とても爽やかに入って来る。とても美味しい!
 
ほのかに渋味があり、これがクーッと出て来て、更に爽やかさを作って行く。
可憐さ、プリティさ…香の華やかさと甘酸の雰囲気は、
躍るように感じられ、キリッとしていて、全体の心地好さが続く。
 
サッパリさ、舌先の瑞々しさ、青い、グリーンフラッシュのイメージ。
甘さの解けが、炭酸に乗って、ことさら良いのかも。
 
…とのこと。グレープフルーツも、
ピンクグレープフルーツに近いニュアンスでした。
期待して買ったけれど、期待以上の美味しさでした。
 
「道灌」蔵は、しっかりした味わいの多い滋賀県において、
華やかさのある蔵元さんで、ちょっと珍しいな…と思っていました。
ただ、数年前に飲んだ時も好感を持っていて、
今回は水先案内人の方もいて、日本酒を2本、ワインを2本買い求めましたが、
どれも非常に美味しく、「道灌=美味しい蔵」と認識するに十分。
 
また機会あれば飲んでみたいなぁ、と思っております。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

クラフトビールフェスティバルin松本、開催中!!

 
 
BACCAブルーイングも初参加です!!
 
Img_0347
 
Img_0348
 
写真は、先達て9月1日、電車の時間までの間を、
たいへんに美味しく過ごす事が出来た…と言う泡写真。
 
「ジャンダルム・スタウト」が登場して、それを目当てに。
あと、個人的に大ヒットしてくれた「カスミ アンズ」…
ベルジャンホワイトビールにアンズを加えたビールを、
終了間際に、もう1杯だけ飲みたくて。
 
BACCAブルーイングさんでは、地元のフルーツなどを使って、
醸造されているクラフトビールも多く、かなり注目して良いかと。
当日の夕方も営業されますし、
ビアフェス上で飲まなくても良いのかも?お店に行って飲んでも良いのかも…
…そう考えたりもするんでしょうけれど、
このお祭り!松本城と言う素晴らしい景色と共に飲む!って言うのも、
すごーく良いこと、素敵な体験なんじゃないかと思うんです。
 
 
今日から開催されている、
2年ぶりに開催されている、BeerFes信州・クラフトビールフェスティバルin松本!
参加されている方々のSNSへの投稿を見ていて、
居ても立ってもいられず…とは言え、今日は出掛けられず、なので、
せめて、応援ブログを書こうかと思いまして。
そして、手持ちの実弾…画像データが、
直近のこのBACCAブルーイングだったので、その写真を掲載しましたが、
いやはや、4日間ではとても飲み尽くせない、
とても豪華なラインナップが待ち受けている…ということが分かりました。
 
 
なかなかウェブ上の情報がないので、
「ここを参考にどうぞ!」と言えないことがツライのですけれど、
公式ホームページは、こちら。
 
 
 
2年前のクラフトビールフェスティバルを書いたブログ。
 
 
クラフトビールフェスティバル in 松本, 2016~その1。(2016年9月24日・松本城)
 
クラフトビールフェスティバル in 松本, 2016~その2。(2016年9月25日・松本城)
 
 
手前味噌と言えども、これを見たら今すぐにでも行きたくなります。
ワクワクが止まらなくなるくらい。
よく、こんな文章を書いたなぁ…当時の自分。
よっぽど楽しかったんだと思います。
 
待ちに待って、色んな方々の思いが募って、実って、花開くイベントです。
どうぞ、皆様、足をお運び下さい!
もちろん、僕らも行きます!!
 
どうか、おひとりでも多くの方が、信州とクラフトビール、
楽しい時間を過ごす事が出来ますように…
…祈りながら、いつもの書き口と全く違って、
いささか、興奮しながらの「酒 宗夜」になっておりますが…
その分、伝わってくださいっ!楽しんで欲しい気持ち!!
 
さぁ、9月の週末が始まりますよー!
楽しんで行きましょう!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

信州小布施・豊賀・純米吟醸、信州上田・互・純米吟醸を、信州ばんざい家にて。

 
 
Img_0337
 
本日もラベルを見るついでに、
風林火山は長野酒専門で、
信州ばんざい家は県外酒もおきますけれど…
でも、信州のちょっとヨイトコロ、ちゃんと揃っておりまして。
ほんのちょっとのお時間ですので、どうぞ見て行って下さいませ。
 
 
9月1日のこと。
 
飲みに行くことが出来るかどうか…と言うことも、
その直前になってみないと分からない…なんてカタチで。
全く飲みにも出られなかった6月からの色々が、
収まりだしてはいたけれど、
予定を組み難かった時分…これは今も続くけれど、
少し弱まっているかしら。
 
ともあれ、少し遅くなってからだけれど、
松本の街に出かけて行こう!…と、いつもの如く、YOKOさんと連れ立って。
 
ちょうど入れ替わりで、カウンターに空き席が生まれ、
すごくタイミングが良かった夜でした。
ありがたいっ。
 
メニュウから信州のお気に入りのお酒をそれぞれ選びました。
 
小布施豊賀・純米吟醸・中取り無ろ過生原酒“美山錦”
 
こちらはYOKOさん。
YOKOさんの昨今の傾向として、
「豊賀」、「十六代九郎右衛門」、「川中島幻舞」は、
とてもお好みで、銘柄を見かけたなら、必ずお願いしていますね。
 
飲み始めは、やや硬め…と言う雰囲気。
温度が室温に上がって来ると芳しさが徐々に広がって来る感じ。
ゆっくり、温かい食べ物と合わせると良いのかなぁ、
お味噌とか、そうした旨味あるものと…が、良いのかな、と言ったところ。
 
上田福無量“互・隠し球”・純米吟醸生原酒直汲み
 
バナナメロン感。
「きょうかい9号」系の酵母を使った…と聞くには、
これまでの心象が影響するのか、
どこかアルコール感があって、
それは、これまでの「きょうかい7号」系の特徴なのだけれど…
頭で飲んでしまっているのか、
9号でも、そうした芳しさが出ているのか、
「互」の造りの特徴なのか…は、全く分からず、
これは考えても仕方がないので、
美味しさに集中…と、ここまで数秒。
 
YOKOさんも甘味があって、スッとしていて良い…とのこと。
とても爽やかに、甘さが素直に、とても良い雰囲気の日本酒でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

秋田・天の戸“美稲(うましね)”、福島・写楽“播州愛山”を、厨十兵衛にて。

 
 
Img_0221
 
本日もラベルを見るついでに、
好き好きに日本酒を楽しむ愛しいひと時について、
ほんのちょっとのお時間ですので、どうぞ見て行って下さいませ。
 
 
当日は、この夏と言うか秋と言うか…
残暑だなんて、とてもじゃないけれど言えないくらい、
本暑が続いている時分で、
秋の風物詩「秋刀魚」について言うことも、どうかなぁ…と思うのですが、
常々、四季時期の初物は寿命を延ばすとは、
お古い時代より伝わることでございまして…。
 
初鰹に躍る時代では無くなってしまっておりますが、
初秋刀魚には、現代を生きる皆々様も、心を躍らせている様子。
特に、昨今の不漁から今年は豊漁との報せもあり、
なお、賑々しいものかと存じますが…。
 
 
秋田・天の戸“美稲(うましね)”・特別純米酒
 
大将が忙しいとは知りつつも、どうしても温めてもらって、
秋刀魚の中身と1杯、やり合いたくて。
大将は自分のそんな意図を汲んで下さって、
合間を見てお燗をつけて下さいました。感謝です。
温度は、40度にて。
 
生クリームの質感を感じる様な、柔らかなお燗酒。
ふわっと、天の戸美稲のコク味が広がる。
じゅわっと穏やかながら、口の中に酸の…
ほんのかすかな渋味が立って、シャンとさせる芯があり、
柔らかく穏やかなだけでない、
かすかな渋味、酸味で筋が通った雰囲気になります。
このまま寝てしまいたくなる様な、穏やかで温かい笑顔の燗酒観。
 
秋刀魚の中身、内臓を合わせるとたまらなく旨い。
元々臭さはありません。鮮度の良い秋刀魚が入って来ているみたい。
ただ、強烈に濃く、苦く、ねっとり舌にまとわり付いて、
味への耐性がないと、内臓の強さに食べる事を諦めてしまいそうになるのかも。
ここに天の戸美稲が、一気に雪崩れ込んで旨さで包んで行く。
時折、跳ねる様に苦味が戻るのだけれど、それがアクセントに感じられるくらい…
炊き立てのおまんまで焼き魚を摘み食べているような、
抜群の相性の良さを感じます。マリアージュとかペアリングとか…
そうしたものではないのかも。
イカの塩辛とか酒盗とか…そうしたものに近くて、
味が強いものをすくい取って、舐める様に口の中に入れて、
ビリッと苦さや塩気が走るのだけれど、
お燗酒の温もりで安心する、程良くまろやかに旨味が伸びる…
「うまいなぁ」としみじみする。
 
夏だろうと冬だろうと、あまり物事を面倒に考えず、
…自分の様にややこしく考えがちな性質なものですから、
こうして「うまい!」に酔える瞬間は、本当美徳。
 


Img_0218
 
福島・写楽・純米吟醸“播州愛山”1回火入れ
 
YOKOさんは、お気に入りの銘柄のひとつ、「写楽」を選びました。
「愛山」米を使っているとあって、たぶん限定品でしょうか。
 
メモを見ると、
 
メロン、パンパンに弾けるパワー、酸味、鮮烈、
高いアルコール感、明るい、ハイアルコールに寄る渋さ…
 
…とあります。
実際にはアルコール度数は16度で、
ハイアルコールな日本酒ではありませんが、
どうやら、そう言う風に感じた様子。
 
香高さ、収束する、締める早さから、
ハイアルコールっぽさを想像したのかしら…
得てして、20度くらいの原酒って、逆にトロミを感じて、
甘い場合も多いのに。
持っている鋭さに、アルコール感の出たお酒の雰囲気を、
感じ取ったのかも知れません。
鋭さはあるけれど、香とスマートさでお酒が成っていたイメージ。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 5日 (水)

アガレヤで、井の頭、豊賀、鳳凰美田を飲みながら待つ。

 
 
お酒側のお話。
 
気楽なところで、一生懸命…と言うことですが。
 
8月13日、松本市伊勢町界隈、アガレヤにて。
 
 
さて、「酒 宗夜・小盛り」にて、
事の顛末…とでも申しましょうか、一緒に更新を仕掛けておりまして。
「アガレヤ」に僕が居たと言う理由をお喋りしてございます。
こちらは、合わせて楽しんだ日本酒について、申し上げようと言う趣向でして…。
「酒 宗夜」はお酒のブログとして、今を営んでおりますので、
どうぞ、最後まで、短い時間ではありますが、お付き合いを願っておきますが…。
 
 
 
Dscn0165
 
信州伊那・井の頭・純米無濾過生原酒
 
信州秘密の頒布会2018のお酒。
長野県産「美山錦」を用い、K701酵母にて。
アルコール度数は17度。
 
…これ、すごく美味しかったです。
「井の頭」の新たな一面を見た感覚で居ります。
詳細な…
直汲みだったり、中取りだったり、
もしかすると搾りも少し違うのかも…麹も、
白麹が使われているのかも、酵母もブレンドがあるのかも…。
色んな想像をしてしまうくらい、
美味しくてインパクトがある、洗練感もある、お酒でした。感動しました。
 
当時のメモ、そのまま起こして行きますが…。
 
若いリンゴ、爽やか、少し乳酸。
17度。17度!?
15度以下に感じる、リンゴのフレッシュな若さが、美味しさが、
すごく良い!美味しい!
K701と言う…セメダイン系に振られない、
爽やかで素直な香って、あまり出会った事がない。
洋梨寄りになってジューシーさ、瑞々しさが出た7号酵母仕様のお酒は、
どこかで飲んだと思うけれど、またそれとも異なる、
キレのある美味しさが、何とも良いんだ。これは珍しい。
アルコール感、香と舌先の刺激は7号酵母と聞いて、ちょっと納得できるところ。
!? これ生酒なの!?
火入れじゃないの? こんなにライトでスッキリしていて、火入れじゃないの?
 
…普段も、あんまりスペックを見ながら飲まないし、
スペックってあんまりアテになりませんから…
飲んでみて「このくらいかなぁ」と思って、そんなに大差なくて、
「まぁ、そうだよねー」なんてのん気に飲んでいるのですけれど、
ここまで、印象で考えたスペックと乖離したお酒は興味深くて驚きました。
でも、何より美味しかった記憶がいちばん濃いです。
大のお気に入りでした。
 
Dscn0168
 
信州小布施・豊賀・純米中取り無ろ過生原酒
 
合流したYOKOさんが注文したもの。
 
甘コク、辛味もあり。
28BYだから、しっかりした旨味、キリッと締めるところに加えて、
全体にふくらみがあって円熟感すら。
 
合流した楽しさで、ワイワイ話しながら飲んでいたので、
メモがだいぶ疎かになっており…。
 
 
Dscn0172
 
栃木・鳳凰美田“WINE CELL”・純米吟醸“兵庫県産山田錦”
 
ふたりでもう1杯飲もう…と言うことで。
ワイン酵母を使って醸した「鳳凰美田」をば。
 
甘旨い、ミント、奥から洋梨メロン。
熟れつつ、後半にドライさ、やや苦さ。
鳳凰美田らしく、身は薄いけれど、芳しさは素晴らしい。
 
…ワイン酵母だったんだと、
今、ここで書いていて初めて知りました。
多彩な香の世界、鳳凰美田蔵なので、
ワイン酵母由来の香味も、「いつも通り」感を思ってしまい。
 
 
…と、以上、3種類を頂戴致しました。
 
それぞれのブログ、ご覧になって頂けたなら、たいへん嬉しい事でして。
 
いつも、誠にありがとう存じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

松ブルタップルーム・信毎MG-3Fの夕暮れビ。

 
Img_0205
 
日本酒でもウイスキーでも、ワインだって美味しいんだろうけれど。
 
でも、信州松本の地で醸され、
松本ブルワリーのタップルームで、たった今注がれ、
松本の中心部、歩いていては見下ろせない景色の中で、
「ぷはぁ」と、さえずる事は、とても快いことだと感じ。
 
価値観、人それぞれです。そりゃあ、もちろん。
風景と合わせるならば、ビールがいちばん似合うかも。金色に輝くあたり。
僕はそう思う性質みたいです。
 
日本酒は卓上での器を含めた膳の美に合うなぁって思うし、
ワインもそれに近いかなぁ。ウイスキーはスコットランドの自然と合うかも。
 
ビールはベースのアルコール度数が低いからこそ、
発泡があるからこそ…元来、屋外の飲み物として認識があるから、
しっくり来ているだけかも知れないけれど、でも、似合うなぁ…と。
 
YOKOさんは自社醸造の「Awesome Pale Ale」を選び、
僕は山ノ内町の志賀高原ビールの「AfPA」を選びました。
1杯飲んで、厨十兵衛に向かおうと言う…
景気付けであって、スタートダッシュであって、
ホップ由来の苦味が走る、その気持ち良さを味わいたくて。
YOKOさんは、比べると穏やかな味わいで、まとまりのあるペールエールを、
「今日のお疲れさま」の1杯として、区切りとして味わっている様に見えました。
その日は、YOKOさんは朝から法事でたいへんだったから…
日中の喧騒から離れる瞬間、そのままボーっと…出来ちゃいそうな、そんな感じ。
 
暑さも日の暮れ近付き、穏やかになり、
何より、風が涼しくなって来ていて、気持ち良いテラス席での、ひと時。
 
色んな人が色んな思いで訪れて、ビールグラスを傾ける。
忙しなくなんてしていないんだろうけれど、
眼下に見える、行き交う車、人はどこか忙しなく見える。
 
立ち止まることの大切さを、どこか心の片隅に感じたりなんかして。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »