« 信州中野・岩清水“Kiseki2008”純米熟成酒“金紋錦”&生ショコラセット | トップページ | 厨十兵衛で、山形・十四代、富山・玉旭を。 »

2018年3月10日 (土)

Hop Frog Cafeにて、埼玉・秩父麦酒、栃木・Blue Magic。

 
Dscn8829
 
気楽なところで、一生懸命…という事ですが…。
 
3月3日、松本市駅前大通り、Hop Frog Cafeにて。
 
 
 
この日、どうしてもカエルのお店に出掛けたい…と思った理由は、
「飲みたいビールがあったから」に他ならなく、
それが、タイトルの2液種。
 
カエルのお店のSNSには、「師弟対決」…と書かれていたりもしたけれど、
現在、秩父麦酒でビールを醸しておいでになる醸造士さんとは、
僕らも、そうカエルのお店も、“松本”がご縁にあり、
その醸造士さんの修行先が、栃木・Blue Magicとなれば、
自然と、師弟対決化する…と言う訳です。
「対決」でも「共演」でも良いかなぁ、と思います。
 
 
埼玉・秩父麦酒“華ペールエール” / ABV 5%(写真右)
 
 
醸造を始めてまだ間もないので、
やっぱりなかなか手に入らない秩父麦酒。
安定して来れば、きっとボトル売り、通販なんかも…
…どうなんでしょう。きっと実施されると思うので、
それまでは、こうしてクラフトビールを扱うお店で美味しく頂きたいと思います。
もしくは、秩父へGO!ですかね。
 
メモ書き初手から手放しで喜んだカタチ。
 
 
これウマイ。
中庸、それしかない。
ピリッとしたキレの良さ、爽やかさが美味しい。
とにかく、強過ぎたパーツがなく、
バランス良く、ドリンカブルなビールらしい甘味を持つ。
IPA的な造りだと、きっとくどく感じるのかなぁ。
ペールエールだからこそ良いんじゃないか…と思う。
苦味もしっかりあって、疾走感、
かつ、モルティさ、後半の印象に置き換わって行く。
飲み干した後の余韻は、モルティで落とし込んで行く感じ。
 
何も考えずに、飲める、飲み続けられそう、
飲んでいられる時間が楽しくなりそうな…
いつのひと口も美味しい、上手な時間を過ごす為のビール…と思います。
 
 
 
栃木・Blue Magic“Citrillo”ペールエール / ABV 4.7%(写真左)
 
 
ジューシーなオレンジ香、オレンジのキャンディ。
IPA…って書かれていたら素直に受け止めそう。
秩父麦酒に比べると、ボリューム感あって、
こうして飲み比べたりして、
少しずつ飲む場だと、断然ひと口の美味しさ、押しが強い感じ
しっかりしたテイスト、ボディ、鮮やかさで美味しいカタチ。
 
YOKOさんは、ブルーマジックの方が好みで、
僕は、秩父麦酒の方が好み…今日の気分に合っていた、と言うか。
 
どちらもとても美味しいです。
これを飲みたくて来たんだもの。
 
何と言いますか…「美味しかったなぁ、頂きました」と言う心持ちではなく、
「また飲みたいから、また来よう」なんて思わせてくれます。

|

« 信州中野・岩清水“Kiseki2008”純米熟成酒“金紋錦”&生ショコラセット | トップページ | 厨十兵衛で、山形・十四代、富山・玉旭を。 »

ビール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/66480462

この記事へのトラックバック一覧です: Hop Frog Cafeにて、埼玉・秩父麦酒、栃木・Blue Magic。:

« 信州中野・岩清水“Kiseki2008”純米熟成酒“金紋錦”&生ショコラセット | トップページ | 厨十兵衛で、山形・十四代、富山・玉旭を。 »