« 風林火山で、信州諏訪・真澄“CORE”、信州辰野・夜明け前を。 | トップページ | 厨十兵衛で、山形・東北泉“瑠璃色の海”、福島・ロ万“Revolution” »

2018年3月28日 (水)

(1)SMBL 2018 で、 信州駒ヶ根・南信州ビール、千葉・ハーヴェストムーン

 
 
 
Dscn8922
 
 
気楽なところで、一生懸命と言うことです。
 
3月17日、志賀高原総合会館98、SNOW MONKEY BEER LIVE 2018にて。
 
 
 
 
そんな訳でございまして…。
 
今年もSNOW MONKEY BEER LIVEに出掛けて参りました。
 
昨年くらいから、ベースキャンプを作らずに、
遊撃隊っぽく楽しく飲んでおります。
一昨年くらいまでは、ベースキャンプを作って、
あるテーブルに必ず戻る…なんてシステムで楽しんでいたけれど、
テーブルを確保できなくなった事もあって。
 
昨年は、S&Kペア両名がいてくれたので、
思わず楽しみ過ぎて、
また飲み過ぎて、逆にライブをほとんど聞いていなかったりもすると言う…
メチャクチャ楽しかったから良いは良いのだけれど、
今年は、ゆっくり楽しんで、音楽も聞いて、
続く、渋温泉の九湯巡りに体力を残そうかなー…なんて考えておりました。
 
 
でも、面白いもので、
今年はS木さんが参加されており、
また1度お会いしたかったTさんにもお目に掛かる事が出来て、
そうした出会いもあって、
そんなお二人を会場でお見かけすると、
そちらに僕らは寄って行って、ビールの味見をさせてもらったり。
縁があるとは、やっぱりとても嬉しいものです。
特に、S木さんチョイスは、ハイアルコールばかりで、
僕らだと、もてあましてしまいそうな…
でも、興味がある銘柄が多く、有難かったですね~!
この場を借りて、本当、感謝です!ありがとうございました!
 
 
 
 
さて。
以前と、ブログの更新スタイルが変わっているので、
こまめに、2液種ずつ更新して行こうと思っています。
日本酒→ビール→日本酒…の流れを出来る限り踏襲しながら。
 
 
ファーストオーダーに選んだクラフトビールは、こちら。
 
 
スマホに端的なメモを残してあり、
ほぼほぼ、これをブログに書き起こすカタチ。
記録的な意味合いで更新して行きますが、
しばらくのお付き合いを先々も含め、願っておきます。
 
 
 
 
Dscn8918
 
 
南信州ビール“#フルーツパーラー”・フルーツビール
 
南信州ビールの代名詞「アップルホップ」と、
大阪・箕面ビールの即完売ビール「桃ヴァイツェン」のコラボレーションビール。
林檎の品種は「ふじ」で、桃の品種は「白鳳(ハクホウ)」とのこと。
 
とろりとした質感。舌触りは甘味、果汁。
あまり甘しつこくなくて、良いバランス。かなり美味しい。
林檎感、桃感はあるけれど、
ミックスジュース化している感覚で、これはこのオリジナルテイスト!…
…そんな気がします。
 
 
 
 
Dscn8921
 
 
ハーヴェストムーン“ふゆみ(冬のみかんウィート)”・フルーツビール
 
 
さっぱり爽やか。程好い酸の心地好さ。
みかん感は香に少し出て来る程度。
でも、さっぱりさがとにかく気持ち良くて、
後半に乳酸っぽい、キュンとした酸味も利いて、
全体の風合の軽さによるサッパリさと後味への酸が効いたサッパリさと、
軽い、薄い、淡いなどの雰囲気を感じさせないバランスで、
上手に、爽快感を生み出していて、非常に良いビールだと感じました。
温州みかん果汁とセゾン酵母の組み合わせなのだとか。
 
オレンジなどのアグレッシブな香の柑橘類ではなく、
温州みかんだからこそのサッパリ加減なのかも知れませんね。
 
 



続きます!

|

« 風林火山で、信州諏訪・真澄“CORE”、信州辰野・夜明け前を。 | トップページ | 厨十兵衛で、山形・東北泉“瑠璃色の海”、福島・ロ万“Revolution” »

ビール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/66547973

この記事へのトラックバック一覧です: (1)SMBL 2018 で、 信州駒ヶ根・南信州ビール、千葉・ハーヴェストムーン:

« 風林火山で、信州諏訪・真澄“CORE”、信州辰野・夜明け前を。 | トップページ | 厨十兵衛で、山形・東北泉“瑠璃色の海”、福島・ロ万“Revolution” »