« 2017年7月30日 - 2017年8月5日 | トップページ | 2017年8月13日 - 2017年8月19日 »

2017年8月6日 - 2017年8月12日

2017年8月12日 (土)

信州木祖・十六代九郎右衛門・山廃特別純米“赤磐雄町”無濾過生原酒。

Dscn6939
 
6月29日、晩酌にて。
 
 
裏ラベルには、
 
「雄町×山廃、相性抜群、魅力さらにアップ!」とのこと。
 
 
大町には行く目的があって、目的が多くて。
購入した日は、横川商店さんでのお買い物を…
ちょうど酒ぬのや本金酒造の「本金・純米“雨あがりの空と”」を買い求めつつ、
何かないかな…と冷蔵庫を眺めて行くと、
呑ん子さんが、
「今ねー、面白いのは、これかなー」なんて教えてくれる。
 
「赤磐雄町」と言う酒造好適米は、すごく惹かれる。
惹かれると言うか、僕自身の日本酒黎明期に出会いがあって、
本を見ながら色々と選んでいく中で、
バイト先で知り合った富さん先輩と池袋デパ地下に通って、
ボトルと銘柄を覚えて行く中で、
「酒一筋」と言う銘柄には、どうしても惹かれる訳なんです。
こんなダイレクトな名前があるのかー!…と。
4合瓶1万円の「遥」なんかも買ってみたりしてね。
 
その「酒一筋」を醸す利守酒造が復活させて赤磐の地で育てている酒米が、
「雄町」の中でも特別に「赤磐雄町」と呼ばれているのです。
 
呑ん子さんがオススメしてくれることも気になったし、
湯川酒造店の湯川杜氏が、どんな風な味わいに醸すかも気になってお持ち帰り。
 
 
 
 
香、いつもの九郎衛門系統より、
こう…なまめかしく、鈍い感じがする…と思う。
“鈍い”とは、比較すると…で、けしてネガティブコメントではないので注意。
普段は、もっと直観的な香の華やかさが立つイメージ。
これは、柔らかさ、たおやかさ、
味の広がる中での、ゆっくりと広がって行く美味しさ、その良さ。
ふっくら…より、たおやか。
この印象は「酒一筋」の定番から中盤クラスに感じる…かも。
しばらく飲んでいないけれど、こうした個性的な厚味がある気がしている。
 
うーん!
確かに「面白い」お酒との出会いは、とっても嬉しい。
こう言うものを買い求めると、また買いに行きたくなりますよね。
 
酸もある…感じる先端に酸の高さがあって、
甘味しっかり。
あぁ、なるほど、飲むと甘酸っぱい感じかなー…と、
思って飲むと、甘酸っぱい系ではなくて、
甘濃い感じ、甘味があり、トロッとした舌触りが心地好い。
YOKOさんが「美味しい!」って言うのは、よく分かる。
好みの「ロ万」や「花陽浴」に近い雰囲気、共通点がある味わい。
かき氷の白蜜みたいな印象もあり、中盤に膨らんで、サバケが良い。
 
山廃としては…と考えて飲んでいなかったけど、
気にしないかな、と思うことが出来る。
「山廃だから美味しくないんでしょ」的な発想をお持ちの方なら、
ブラインドで出して見つけられまい。
(自分も当てる自信はない)

山廃だから試さない…なんて言うのは勿体ない。
やっぱり色々試してみて、出会って、味わって…それが楽しいじゃん?
そう思う事が出来る1本。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

印度山にて、印度麦酒を飲む。

Img_4832
 
 
5月27日、DOON食堂印度山にて。
 
 
いつか、いつか必ずやりたーい!!
 
…と思っていたことのひとつ。
まぁ、neon_sain氏は、とっくの昔に達成していたんだけれども。
 
 
裏町の「はしご横丁」にある、
Doon食堂「印度山」さん、
インドのDoon地方のカレーを食べる事が出来るお店です。
小さなお店だけれど、
その分、人と人との距離感が近くて、良いなぁ…って思っています。
 
信州佐久・ヤッホーブルーイングのIPA「インドの青鬼」を飲むことが出来る…
…それは知っていたけれど、
インドのビールも仕入れたそうで、
「印度山でインド的なビールを飲む!」と言う野望をついに達成した日。
 
実はクラフトフェア当日で、
太陽の下をグールグル歩いた後で、そりゃあ一層美味しかったです。
 
けれど、アルコール度数が高い両者。
わりあい、しっかりと良い心持ちになったりなんかして。
 
 
 
 
 
インドの青鬼はインド産のビールじゃないって?
 
細かいことは、どこか置いておきましょう。ええ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

厨十兵衛で、富山・太刀山、新潟・山間を。

Dscn6488
 
4月30日、厨十兵衛にて。
 
 
松本ぼんぼんの日、8月5日に純米吟醸生の「太刀山」を飲み、
随分と前回と印象が違うなぁ…と思ったのだけれど、
なるほど、この頃は「純米生」だったんだね~。
そりゃあ印象が異なって然る…そして、
純米の骨太感と、純米吟醸の雄大な雰囲気と、
それぞれの美味しさを実感させられます。
 
 
 
 
富山・太刀山・純米生酒・極寒仕込み
 
 
初めて飲む銘柄となります。
たぶん、松本に登場したのも、
このボトルが初めて…なのではないでしょうか。
長野市だと、もっと北陸と近いので可能性がある様にも思うのですが。
 
その仕入れのストーリーを存じ上げているので、
是非とも「飲んでみたい!」と思っていました。
 
酒屋さんが「親父さん」と呼ぶ、
社長兼杜氏さんの味、雰囲気を感じられるお酒と期待して注文します。
 
 
飲んでひとくち、「差」と言うか。
思ったことは、
 
「宮城のミネラルと違うね!」でした。
 
メモのスタートはそこから。
塩、潮に合う雰囲気。
宮城県のお酒にそうした地域性を個人的に思っていて、
例えるならば、
「塩むすび」の甘味と塩感に似た雰囲気が、
宮城のお酒にはある様に思っています。
 
太平洋と日本海の、
また山と接する距離の差、それこそ風土の差によって、
ミネラル感はあるのだけれど、
太刀山、また印象が異なる!…それを感じて味わって行きます。
 
骨太なニュアンス。けれどゴツさはなく、
言うなら、マッチョな感じ。骨じゃなくて筋肉。
それは、味が強いのではなくて、
ボディを、飲みの中盤を支えてくれる力強さがある…そんな印象です。
 
酸い感じ、酸の立ちもあるけれど、
どうだろう、信州的な酸の立ち方ではなくて、
石川・菊姫蔵の様な、まとまりと落ち着きがある酸の味わい。
 
口の中で揉んでやると、実に旨くて、
お酒っぽいんだけれど、アクがない感じ。
酸による、また酒質による渋味が適度なのか、バランスが良いと言うのか、
そう、鰹節を肴にしても味わえるんじゃないかな…
そんなイメージも湧きました。
 
先達て試して、Twitterに書いておられた、
ゆ~さんやひろっちさんの感想もよく分かります。
 
こう言うお酒が、やっぱり面白いなぁー…って思います。
 
 
いつだか、声優さんランキングがテレビで放映されていて、
あまり内容は良くなかったそうだけれど、
大先輩の方々が、
「最近の若い声優さんは個性がなくなった!」と言っていて、
いやいや、そんなこともないですよ―…なんて思いながら、
確かに、「あっ、この声はあの声優さんだ!」と、
即座に分かる「声」は、少なくなったのかも…とも思います。
 
これにちょっとだけ近くて、
「面白いなぁ」と感じるお酒は、
その蔵の顔が出ているお酒だって思うんです。
蔵人さんに会ったことがあるならば、顔が浮かぶお酒。
 
「太刀山」の親父さんは、お会いしたことがないけれど、
でも、イメージは湧きます。
「太刀山」の顔をされているんだろうなー…って。
 
 
自分にとって興味深いお酒に、また厨十兵衛で出会いました。
 
 
 
 
 
 
新潟・山間・特別純米・中採り直詰め無濾過生原酒・H28BY9号
 
 
YOKOさんは「山間」を選びました。
裏ラベルを、こうしてブログを書くために見直すと、
精米歩合は60%だから、純米吟醸を名乗っても良いボトルなんですね。
 
YOKOさん、
「パーッと、最後にちょっと癖がある」とのこと。
 
香が前半に広がって、後半はじんわりと収束して行く様な雰囲気の模様。
甘味、ふくよかさが全体にあって、
時間の過ごし方が、ごくゆっくりとした印象のお酒。
埼玉・花陽浴、福島・ロ万にも、
こうした雰囲気のボトルがあったりしますね。
温かいお料理なんかには良いのかなー…なんて思ったりもします。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

千葉木更津・Songbird beer “Session I.P.A.”

Dscn7094
 
 
7月26日、晩酌にて。
 
ABV4.5%
原材料は、麦芽、ホップ、砂糖、イースト、スパイス。
 
今回、通信販売的にお取り寄せでお願いして行く中で、
何通か、メールのやり取りがありました。
それが、とても好感を持つことが出来る内容で、
実直なご商売をされておられるのだなぁ…と思いました。
 
メールが丁寧であり、またひとつひとつが生きた言葉であります。
定型文を送るのではなくて。
その中で入手に至った1本が、こちら。
 
トップノート:
軽いホップの香、淡いグレープフルーツ感、ゴールドの色を思い浮かべる香。
モルトっぽさもあって、甘くまろみある部分が香の中から感じられる。
 
テイスティング:
うん、美味しい。シャープでスマート、細かく鋭い感覚は冷温だからだと思う。
ハッキリとした苦味、けれど苦味は長く続かない。
ああ、いや…初手に苦さがあり、中盤は切れて、フィニッシュの更に先にほんの少し残る感じ。
嫌味のない苦さ…
ううん、苦味と言う、人によってはネガティブワードになってしまうそれだけれど、
この味わいの肝が、ここにあって、
苦味の味あわせ方が秀逸…と同時に、ホップの香と組み合わさって美味しいんだと思う。
全体にとてもクリアでグラマラス。相反するようなそれも起きている。
 
ニュアンスが、松本ブルワリーが期間限定で出している「Local Lagar」にどこか近い心持ち。
味の組成は違うんだけれど、こう…心地好さは何となく共通項があるかなぁ。
(単に、僕が好みで美味しいと思っているって共通項だけかも知れないけれど)
 
YOKOさんは、
とてもドライ、酸っぱさと辛さがある。コショウやスパイス感…とのこと。
 
YOKOさんが言うほど、酸っぱいかなぁ…と思う。
コショウはなるほど、分かる。味のあるドライさがあるよね。キレのあるスパイス感と言うかさ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月30日 - 2017年8月5日 | トップページ | 2017年8月13日 - 2017年8月19日 »