« 2017年5月7日 - 2017年5月13日 | トップページ | 2017年5月21日 - 2017年5月27日 »

2017年5月14日 - 2017年5月20日

2017年5月16日 (火)

より良くなると、嬉しくなります。(2017年2月24日・つけめん参城)

 
 
久し振りでも、行って良かった。
 
 
 
 
えー、気楽なところで一生懸命…と言うことですが。
 
まぁまぁ、よく申しますのは、
ヒトの記憶と言うものは、何とも曖昧なもの…と言うことでして。
 
下手に美化もすれば、悪くも思ってしまって、
事実と異なる…なんてなぁ、よくあるものと存じますよ。
 
特段、悪く思っちゃいなかった…けれども、
何となく、日常の中に組み込むには、ちょっとだけ遠かったのかしら、
下諏訪の「つけめん参城」さんに、
久し振りに出掛けて行きました。本当に久し振りで。
 
ロマネットを使う様になって来て、
「じゃあ、行ってみようじゃねぇか」と言う話になる。
美味しかったと覚えているのに、
安曇野方面へ出掛けて行こうとするってぇと、真逆ですからナ、
なかなか足を運ぶことがなかった訳ですが…
今となっては、
「あぁ、こんなに美味しいのならば、もっと行っときゃ良かった」
…なんて思います。
 
さぁて、そんな一席を申し上げます。
どうぞ、最後までお付き合いを願っておきますが…。
 
 
 
 
Dscn5652
 
「つけめん参城」さんへ。
 
岡谷温泉・ロマネットは近く感じるのだけれど、
塩嶺峠を超えて、下諏訪町を「大社通り」の交差点まで降りて来ると、
「結構、奥まで来たなぁ」なんて思ったりします。
 
でも、不思議と大社通りを越えると、
「もう参城に着いた」なんて思ったりなんかして。
 
 
Img_4075
 
 
お店の駐車場は、店頭入口のスペースのみ。
周辺は別の会社の駐車場なのですね。
夜だと、周辺状況が分かりにくいので、
こうして図示してあると、助かりますね。
 
 
Dscn5653
 
 
前回は、この券売機が導入される前の段階でして。
食券を買い求めて、席に着きます。
 
 
Dscn5662
 
 
こってり~濃厚豚骨魚介・極太麺使用のつけめん(大)、
 
あっさり~鶏煮込み魚介・平打ち麺使用のつけめん(並)で。
 
夜の部限定で、巷の評価が高い「あっさり」は是非食べておきたかった…ものを、
YOKOさんが偶然に選んでくれて、大助かり、と言いますか。
 
 
Dscn5661
 
 
スープ、見た目だとあんまり差が分かりません。
手前がこってり、奥があっさりのつけスープ。
 
 
Dscn5659
 
 
麺も、差はあるけれど、「そんなに差が無いんだね」と思う見た目。
これが食べてみると、口の中、食感とは不思議なもので、
思った以上に差があるし、
こってりで、あっさりのスープで食べる、
逆に、あっさりで、こってりのスープで食べる…なんて食べ比べをすると、
やっぱり、それぞれに合わせた麺、
その相性を、しっかり実感できました。
 
こってりは前回も食べた、その美味しさそのままに、
極太麺の強い食感、噛み応え、食べ応えが気持ち良く、
甘味があり、動物系も魚介系もよく主張するスープを拾って、
麺のまとう瑞々しさと甘辛いくらいの濃いスープとの対照的な味わいが、
何とも言えず美味しいと感じます。
 
逆に、あっさりはこれがまた…そうしたこってりの組み合わせと異なり、
麺とスープにギャップがなく、よく馴染んで美味しいカタチ。
“あっさり”と言うより、“マイルド”と言ったイメージを抱きます。
1杯のバランスがあって、
万人向けより個性的で、玄人向きなんて無駄なものでもなく、
いやはや、“こってりとあっさり”と言う言葉に、
「ベースは同じなのだから、ちょっと油の量が違うとか?」
…なんて、ちょっとでも考えた自分が浅はかでした。
想像以上の良い塩梅で、YOKOさんが主体で食べていたけれど、
それを奪いたくて仕方がありませんでした。
 
 
Dscn5656
 
 
お持ち帰りにも対応するメンマのトッピング。
 
 
Dscn5657
 
 
マーラージャンも溶かして試してみたりなんかして。
辛いもの好きYOKOさんでは、
「もっと辛くても良いのよ」と言うくらいの辛さです。
風味が変わって、もうひと味、楽しむ事が出来ました。
 
 
 
 
普段、国道20号をよく使うし、
20号線を使って、下諏訪町を進んで来ましたが、
もう1本、諏訪湖寄りの道を通って岡谷温泉・ロマネットへ。
 
これが意外に近く感じるもので、ビックリ。
こうした道行きもあるんだなぁ…と言ったところで、
その後は、やや熱めだけれど、
そう、ぬるめが好きな僕らだけれど、
この熱めは、気持ち良いものと受け取って通う、
紅茶色したお湯に、じっくりと浸かって巣穴に戻って来たところ、
今日は、ちょうどお時間となってございます。
また、次回までの暇を頂戴致します。
再びお目に掛かりますと幸いと存じます。
 
ありがとうございました。
 
ありがとうございました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月7日 - 2017年5月13日 | トップページ | 2017年5月21日 - 2017年5月27日 »