« 2017年3月12日 - 2017年3月18日 | トップページ | 2017年3月26日 - 2017年4月1日 »

2017年3月19日 - 2017年3月25日

2017年3月25日 (土)

目当てに黒の縁がある。~梯子その3~(2017年2月4日・洋酒店 醇)

 
 
 
 
ネタがいっぱいで、ありがたい。ありがたい。
 
 
 
 
 
 
えー、
気楽なところで一生懸命、と言う事ですが…。
 
梯子酒のトリとして、
「洋酒店 醇」にて寸時のお浮かれを…
そんな一席でご機嫌を伺って参ります。
 
えー、そもそも、「酒 宗夜」を…
いや、毎日更新を続けております
「酒 宗夜・小盛り」をご贔屓にして下さっている、
皆々様におかれましては、
「あ、知ってる!」と言う噺になろうか、と言う所でございます。
 
ええ、情緒もへったくれもないです。
そうです。
私、気付いちゃったんです。
 
「 ネタに困らないぞ 」
 
…と。
なんて、「小盛り」のコンセプトに向くんだ、と。
 
Barで提供されるもの、
もちろん一席の流れがあるものですが、
それぞれが、とても簡潔に完結しているものだ…と気付かされました。
だからこそ、ショットバーと言う文化すらあるんじゃねぇか…
そう発展して考えてしまうくらい。
 
日本の食卓は、いや洋食だってそうでしょう、
だから、居酒屋でもレストランでも、食に流れがありますね。
軽いものから重いものへ。
冷菜から温菜へ…そう言う食べて行く流れであります。
例えば「厨十兵衛」さんを取り扱わせて頂いても、
日本酒に1杯目、2杯目とある…
そこに合わせる肴があって、流れになって行く。
 
そこに来て、このBarたる「洋酒店 醇」での体験を振り返りますと、
1杯1杯に頼みたい理由があり、気分があり、
次杯は全く別の酒類であったりもする…
そう、流れがなく、1杯それぞれを完結して楽しんでいる、
この連続だからこそ、色んなお酒を味わう事が出来る。
それが実に良いじゃないか、ええ、それに気づいてしまったんですね~。
 
この日も、
ワイン、ビール、カクテル、ウイスキーと多彩。
でも、座っている席はひとつ。
どっしり座り込んでいるのに、色んな味わいを楽しんでいるんです。
 
ご贔屓様におかれましては、
それぞれをすでに「小盛り」でご覧になって頂いておりますが、
どうぞ、本編においても、
その色んな味わいに触れる楽しさを、
こうしてお伝え出来たらと存じまして、ちょこたんと座布団の上、
皆様をお迎えしております。
 
さぁ、どうぞ。
最後まで、ごゆっくりとお付き合いくださいませ…。
 
 
 
 
Dscn5510
 
 
2017年2月4日、Hop Frog Cafe、廣東と梯子酒を上って来て、
3段目、「洋酒店 醇」にやって来ました。
 
 
Dscn5511
 
YOKOさんは、
これまでの道中、外の寒さに耐えかねて、
「ホットワイン」をお願いしました。
赤ワインをベースにしたもの。
白ワインベースもあるみたい。
 
仕立てている間、温めたワインの香、
シナモンが加えられて、
店内に広がる芳香、それが素晴らしく良いです。
すでに漂う香だけでも、癒される効果がある。
そんな趣で。
 
「美味しい!」
 
喜ぶ、YOKOさんの笑顔が印象的で、飲んでも美味しかったけれど、
飲まなくても「美味しいんだろうな」って思いました。
 
香は甘く豊潤そのもの。
しかしながら、飲んでみると甘酸っぱく、くどくない。
比較的、甘いものを苦手とするYOKOさんには、
適度な塩梅だったそうです。
 
 
 
Dscn5514
 
 
自分はSNSでお知らせのあった、
茨城・常陸野ネストビールの「エスプレッソスタウト」をお願いしました。
バレンタインエディション。
 
お通しとなるチョコレートやナッツ類と相性が良く、
コーヒー+ビール由来の炭酸と言う構図は、
Hop Frog Cafeで飲むことが出来る、
ナイトロ・コーヒーに近い印象も抱くものでした。
泡の中に甘い香が溶け込んだもの。
 
 
 
 
続いて僕は、更にコーヒーで。
 
 
Dscn5524
 
 
 
元来、先達てYOKOさんが注文していた、
ミルク入りのアイリッシュコーヒーが美味しくて、
「僕も、あれを飲むぞ!」と言う心持ちで、やって来ていました。
 
しかし、いざ注文をしてみると「ブラックバージョンもありますよ」と教えてもらう…
 
「えっ、どうしよう」となる訳です。
結果、好奇心に従って、こちらで。
ちょっと特別なアイリッシュウイスキーを加えての1杯。
普段の…家で飲むスペシャリティコーヒーに近いラインであって、
けれど、アイリッシュウイスキーの香、味わいも立ち、
つい先程味わった「エスプレッソスタウト」と、
似た部分もあり、異なる部分もあり、
もちろん、飲んでいる温度差も大きいけれど、
実に面白いもの、と感じました。
かたや、ビール+コーヒーであって、
かたや、ウイスキー+コーヒーであって。
 
味わう楽しみがありました。
 
 
Dscn5532
 
 
YOKOさんは、続いて、ウイスキーを注文しました。
 
Douglas Laing社のブレンデッドウイスキーで、
「 TIMOROUS BEASTIE(ティモラスビースティ) 」の21年。
 
同社「SCALLY WAG」を愛飲していたYOKOさん。
同系統のラベルは覚えが良く、自分の勧めもあってお願いしました。
 
腐りかけの…よくよく熟した洋梨の印象を香に思います。
けしてネガティブ要素のコメントではなくて、
洋梨の香に、少しだけツンとした…そうだな、ホワイトペッパーが持つ酸味に近い、
そうしたアクセントが混ざったもの。
 
21年と言う年数に対して、
高額なんじゃないかと恐れをなしてハーフサイズで頼んでしまったけれど、
そんなにお高くなく、フルで頼んでもうちょっと味見したかったな、と言うくらい。
お値段とのバランスも得ている、良いボトルに思います。
 
 
Dscn5538
 
 
 
僕は終電車に向かうには、ちょっと時間が無かったものの、
でも、どうしても「これを飲みたい」と思って、
心にけじめを付ける「LAGAVULIN」のオフィシャルボトル16年。
クローザー、〆の1杯として、僕に人気であります。
 
 
 
 
色々と味わって、再び屋外、寒い世界へ。
終電車に向かって、僕とYOKOさんは風を切って、歩く。
 
そんな梯子酒3段の噺、
相変わらず、長くなりましたがお付き合いを頂きまして、
誠にありがとう存じました。
 
また翌週もそうして遊びに出掛けておりますが、
本日の所は、ここまで。
僕らは巣穴に戻り、
まぁるくなって眠りこけている…と言った所でございます。
それではまた次回、お目に掛かりたく。
 
ありがとうございました。
 
ありがとうございました。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

煮干と納豆は合うのか。(2017年2月10日・麺肴ひづき)

 
 
 
 
 
個人的な解としては、干し納豆あたりで探ってみたい。
 
好奇心に火が灯る。
 
 
 
 
えー…
気楽な所で一生懸命、と言うことですが…。
 
蓼食う虫も好き好き…なんて事を申します。
昔の人はうまいことを言ったもので。
 
私としては煮干しも納豆も好物ですわ。
でも、ラーメン好きとして伺う所によると、
確かに、煮干しの魚の風味が苦手だ…と仰る方も居れば、
納豆なんてものは、
上方の皆様が毛嫌いする代名詞の食材ですもんね。
これを食べないなんて、勿体無い…と思ったりする家庭です。
ほぼ毎日、食しております。
不肖、我が家と申しますものは。
 
それでも納豆にとって、飽きが来る時があり、
幼少のみぎりなどは、
卵を入れる、入れないなどでやり過ごしておりました。
 
今は悪玉的なコレちゃんステちゃんロールちゃんの三姉妹の活躍で、
卵を率先して摂取しない様にしておりますからナ、
それが出来ねぇ…ってんで、
色々混ぜてみたりして、それなりにしっくり来るものが
すんき漬けだったりします。あと、ふりかけね。
すんき漬けは合う合わないじゃなくて、
その酸味が緩和され、ほのかに酸っぱく感じるくらい。
食感も良く、気に入っています。
ただし、かけす食堂の美味しいすんきに限りますが。
 
あと、色んなふりかけをご飯に仕掛けておくと、
またちょっと味が変わって飽きないもんですわ。
今は、丸美屋さんの「ほぐし貝柱山椒」が気に入っています。
山椒の香がアクセント、なんてナァ。
 
楽しめばそう、食事は楽しい。
そんな一席でご機嫌を伺って参ります。
どうぞ、最後までお付き合いを願っておきますが…。
 
 
 
 
 
Dscn5556
 
 
麺肴ひづき、この当時の期間限定メニュウ、
思い切った構成とされ、界隈で話題になっていました。
是非、味わってみたいと訪れまして。
 
 
Dscn5543
 
 
水菜サラダを。
ちょっとでも、お野菜があると良いなぁ、と思って。
助かっております。
 
 
Dscn5544
 
鶏豚煮干しラーメン(大盛り)
 
 
「小盛り」では以下の通り。
 
まろやかで、脂がしっかりと出ている重いスープ。
粘度も結構な持ち具合ではないでしょうか。
極細麺が使われていますが、
その麺と麺の間に、しっかりとスープが引っ付いていて、
たっぷりのスープで麺を食べる事が出来ます。
これはウマイ!
 
…とのこと。
 
 
Dscn5554
 
 
いつも、いつでも太麺が好きなのですが、
今回は、この細麺が良いなぁ…と感じていました。
麺と麺の間に、かなりしっかりと濃ゆいスープが絡まっていて、
太いと、その分隙間があって、せっかくのスープが落ちてしまいそうな…
…そんな心持ちで食べていました。
レンゲですくわなくても、麺を食べるだけでスープが減って行くタイプ。
ポキッとした食感から、徐々にスープを巻き上げて来る食感へ。
 
 
Dscn5547
 
 
〆の納豆ごはん
 
何と言うか、届いてから時間が経ってしまったからなのか、
1度の邂逅では、その巷で噂の相性の良さまでは分からなかったです。
お醤油の味が結構強く感じてしまって、
せっかくのスープのまろやかさや、元来の醤油味より主張を感じてしまって、
そのあとに納豆風味…が、少し苦手に思ってしまいました。
むしろ煮た大豆だったり、色んな組み合わせが合いそうな予感を、
むしろ抱かせてくれるもので、
組み合わせの可能性を、とても感じました。
 
どうでしょう。
ぬるぬるとした食感のない干し納豆をスープで少し戻しながら食べる…なんて。
いやあ、どこかで試してみたい♪
 
 
 
 
Dscn5546
 
 
YOKOさんは麺肴ひづき基本の1杯で!
 
「醤油麺コクにごり」を。
 
 
Dscn5549
 
 
麺は通常は細麺なのですが、
注文時、店員さんに伺ってみると、
太麺への変更も対応して頂けるとのこと。
そう、YOKOさんも、どちらかと言えば太麺派でして。
 
スープの濃さ、まろやかさとタレの酸味との共演が、
何とも言えずにウマイですね。流石の定番。
YOKOさん、ご満悦。
 
 
Dscn5551
 
 
もちろん、焼き餃子もお願いしておりました。
肉汁が威勢良く飛び跳ねてしまうくらい、
熱くて、ジュワッと食べる事が出来て、欠かせません。
 
 
 
 
Dscn5556_2
 
 
 
その後は、
浅間温泉郷・第2、第4号源泉、山田源泉、大下源泉、東北源泉の混合泉、
「ホットプラザ浅間」に立ち寄りました。
 
冬季のイルミネーションが、
なかなか立派なもので、楽しんだりもしながら。
 
少し熱めかな…と感じている施設なので、
どこかぬるい場所がないかと探していて、
有力であるのは、露天風呂への扉すぐ近くの内湯部分。
お湯の投入口から遠く、広いからか、気持ち楽。
そして、サウナの水風呂の隣も、ぬるい時がある…なんて気づきました。
半身浴が出来るスペースがあるのですが、
それ以上に、
サウナから出て来た方が、ドボンと…
…シャワーを浴びてから水風呂と言う方は、
この配置上、なかなかお見えにならないみたいですが、
ともかく、
ドボンと入ると、溢れた水が内湯に入って来て、
瞬間、クールダウンできます。これもまた悪くはない感じ。
そんな探りを入れながら、
煮干しと納豆の相性を考えながら、温泉に浸っておりました。
 
 
 
…と、そんな晩を過ごして、
僕らふたりが眠気を伴って巣穴に戻りますと、
ちょうどお開きの時間を迎えております。
 
次回、再びお目に掛かることが出来ますと幸いに存じます。
それでは、ここまで。
 
ありがとうございました。
 
ありがとうございました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

お目当ての多いお店ですから。~梯子その2~(2017年2月4日・廣東)

 
 
 
お目当てが無くたって、すぐに次のお目当てが出来ちゃうんです。
 
これ、ホントにホントさ!
 
It's true! It's true! It's damn true!
 
 
 
 
 
えー、気楽なところで一生懸命と言うことで…
代わり合いまして、私の出番でございます。
 
えー、「はくさいうりきれ」と当日、ポツリと呟いておりまして。
ただ、それを聞いても「そっか、残念」と思い、
そして「なら、どうしようかな」と素直に僕らは思っておりました。
そう考えられるって、すごく魅力あるお店なんだな、と、
改めて思った次第で…。
 
逆に、その時のご縁がきっかけで、
最終的には、翌週に白菜にあり付けていたし、想像以上の感動があった訳ですし。
まぁまぁ、
人間万事塞翁が馬だなんて言ったりも致しますけれども、
もうひとつのお目当てであった「春巻」、やっぱり最高に旨かったし…
そう、私共は2つのお目当てを持って、
そのドアを開けていたんです。
 
その日にそれがある、その日はそれが無い…
そんな出会いもまた酒呑みの道楽には欠かせない肴なんじゃないですかねぇ。
1日たりとも同じ日がない事と一緒でね、
同じ晩酌、同じ通いの店の夜も無い訳なんですから。
 
さぁ、カエルのお店から続きまして訪れた、
緑町・廣東での一杯を申し上げて参ります。
 
おあと、お目当てまでのご愉快を願っておきますが…。
 
 
 
 
人間ドック上がりですから、
“やっぱり今日は落ち着ける場所を探そう”…と僕らは考えていました。
 
緑町界隈までふらふらっと歩いてきて、
「じゃあ、やっぱり厨十兵衛かな」と思い、
ガラリ、戸を開けて、戸を閉める。
 
カウンターに多くの背中、フルフルと首を振る大将。
察する僕たち。
 
まぁ、いつもより時間もちょっと遅くて、
その可能性はあったし、考えていた。
面白い。
何だかんだでカエルのお店の前にも1軒あったし、
そう言う日なのかも。
でも、行った先で楽しくなっているんだから、
これはこれで。
 
 
Dscn5498
 
 
そんな訳で緑町「廣東」へ。
 
そうそう、人間ドックと言う事は胃カメラと言う事は、
朝ご飯は抜いてあって、
その後のお食事も、ごくあっさり上品なもので。
 
お腹、空いているじゃん。僕ら。
そうなったら選択肢として、浮上して来る訳です。ごく有力に。
ちょうど、
立春に巻いた春巻と雪下白菜の情報を、
ブログから得ていて、
それを食べたいなー…と言うお目当てで向かった、と言う話。
 
 
Dscn5499
 
 
ビールはサッポロ赤星からスタート。
生ビールもあるのだけれど、
何だか瓶ビールも風情があって、良いなー…って思ったりしています。
 
 
Dscn5501
 
 
春巻、
こちらはブログ「酒 宗夜・小盛り」より。
 
 
揚げたてを直ぐに出してくれます。
5mmずつかじる、さもなくば飛び上がるほど熱い!
…そんな鮮度で食べられる美味しさは堪えられません。
餡の甘味とカラシが素晴らしい相性です。
冷凍食品やコンビニのホットスナックでも見かける春巻。
もう1段、上の味わいなんじゃないかと思います。
大葉入り、餡は同じものなんだそうですが、
味わいの差は想像以上に異なります。
「餡、別のものなんじゃないか」と思ってしまうくらい。
大葉の香で食べると、また変わって美味しいです
 
 
…とのこと。
熱いは本当に正義。美味しいです。
揚げたて、そしてビール。この緩急の素晴らしいこと!
 
 
 
Dscn5503
 
 
ピータン豆腐。
 
 
こちらも先行して、
「小盛り」に書いてありますね~。
 
…出来るだけ頻度を上げて更新して行きたいとは思っているところ、
何となく始めた「小盛り」ですけど、
こうして本編を書く際にも、役に立つ事が分かって来ました。
 
プレ配信的な「小盛り」で、
本編で、利用しながら加筆して行く…とやり易いですね。はい。
 
おっと、閑話休題でございまして。
 
 
 
 
そんな訳で「小盛り」より。
 
ピータンも好き。豆腐も好き。
さっぱりした肴が好きで、
サッパリって言ったって、
オイルたっぷりドレッシングを掛けるサラダは嫌い。
豆腐サラダも油っぽいと、何だか好きじゃなくて。
 
ピータンも俗に言う癖のある匂いはきつくなくて、
個人的にはほとんどない、と思うくらい。
むしろ、タレの香味野菜の匂いの方が立って感じられます。
ホント、気にならない。
ピータンの黄身部分の旨味とお豆腐が不思議とよく合います。
豆腐と廣東の特製ソースが合って来て、
特製ソースの風味がピータンの匂いを美味しいものへと、
更に上げてくれている感じ。
 
…とのこと。
 
XO醤豆腐も良いです。
麻婆豆腐系…麺にせよ、丼にせよ、焼きそばにせよ、
比較的、僕らは「廣東」では豆腐を食べているかも。
メニュウにある=それだけ使い続けている…と言う事でもあります。
このあと登場する「五目豆腐」も、かなり美味しかったですし、
「廣東」の豆腐料理、気に入っています。
 
 
Dscn5505
 
 
絶対に欠かせない「青菜炒め」を。
YOKOさんに聞くまでもなく注文されるものです。
「とりあえずビール」ではなく、
「とりあえず青菜」であります。
 
最近、家で炒め物をする際に、
この青菜炒めに使われているものと同じ様にして、
ニンニクを切ることにしています。
そちらの方が、より良い気がして。
無作為に細かに切っていたものから、短冊状に切るかたち。
 
塩、油、ほのかなにんにくフレーバーと、その時々の旬菜ブルーム。
 
 
Dscn5507
 
 
目下、「鶏とカシューナッツの炒め」もそうだったのだけれど、
食べたことがないメニュウを食べて行こう!企画。
「五目豆腐」をお願いしました。
 
家で昨今、新・湯豆富と銘打って、
豆腐の鍋をよく食べているのですが、
低温でじっくり豆腐に味を移して行く様な…そんな作り方なんです。
 
比べると、
豆腐へ味が乗っているのに、
染み込み加減は半分半分で、
豆腐の味も生き、
餡の味ともマッチしていて、すごく美味しい。
麻婆豆腐もそうですね。
家庭で料理をする場合に、この絶妙な塩梅が難しいんです。
 
最初の想像は、麻婆豆腐の辛味がない版かなぁ…
…くらいの貧弱な想像で注文したものでしたが、
ええ、たいへん失礼なことなんですけれど、
全く別のお料理でした。
こうしてお皿の上に出すからこそ、
五目そばとも異なって来ているんじゃないかな…とも思います。
豆腐を美味しくさせる魔法の餡と言って過言でない感覚。
 
 
Dscn5508
 
 
〆のメニュウを決めてお願いしたこともあり、
最後の1杯として、松本ブルワリーの「Smart Wheat」をお願いしました。
 
 
Dscn5509
 
 
2月のおすすめ「カラフル野菜のカレーそば」を。
 
これも大いなるお目当てでした。
月初に食べているから、もう1回機会があるかな…とも思ったのですが、
なかなか再訪の機会を作ることが出来ませんでした。
残念。また、来年もどこかの月に“おすすめ”として出て来て欲しいですね。
 
ココイチで言うなら1辛から2辛くらいの辛さレベルだと思います。
その当たりがちょうど良い自分が、
「自分の基準より、ちょっと辛いくらい」と感じていました。
しかしながら、冬には最高に温まる1杯でした。
(Twitterでは、3辛くらい…と書いていますが、
 先日、ココイチに行った最新の記憶だと3辛は、もう少し辛いんじゃねぇかと)
 
元来、「廣東」のカレーは辛口に分類されるものだと思います。
後からじんわり辛い類ではなくて、最初からしっかり辛い。
むしろ、後味はその分、気持ち良いくらい爽やかですね。辛爽やか。
学校給食系や家庭のそれとも異なるし、
専門店のものとも、また異なる風合に感じます。
先達ても書いた「ヒラマヤンシェルパ」や、
1周年を迎えた「DOON食堂インド山」の様な、
あぁ、「洋食厨房Spice]の様な、
カレーにはお好みで辛いスパイスを足す…これも有り難いですが、
「このベストバランスを食べてみてくれよ!」感も良いです。
料理の解釈、その答えがある訳ですから。
 
カラフル野菜の食感と甘味との組み合わせは、
この2月の限定でしか味わえませんが、
レギュラーメニュウには、
カレー、シーフードカレー、カレー焼きそばがラインナップされていますから、
体験は出来るはず。
特に、辛さが不思議とマイルドになるカレー焼きそばにライス、
これは鉄板であります。
 
 
さて、しっかり食べました!
ビールも赤星、松本ブルワリーだけでなく、
他に何本か頂いていて、興味を持ったものも食べる事が出来たし満たされたし…
…と言ったところで、今日はここまで。
そうして僕らは、次なる梯子を掛けて行くのですが、
そのお話へ続きたいところ、ちょうどお時間となっておりまして。
 
それではおあとお目当てお楽しみにと言った所で、それでは。
 
ありがとうございました。
 
ありがとうございました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月12日 - 2017年3月18日 | トップページ | 2017年3月26日 - 2017年4月1日 »