« 信州中野・岩清水“GOWARINGO”2017,中取り生 | トップページ | Hop Frog Cafeで、ソングバード“Biere de Garde”、京都醸造“毬子” »

2017年12月11日 (月)

宮城・宮寒梅“鶯咲”・特別純米酒

 
 
Dscn7956
 
 
気楽なところで、一生懸命…と言うことです。
 
11月6日頃の自宅での晩酌酒を担当。
 
 
 
 
「うぐいすが咲く」と書いて「おうさき」と読みます。
「宮寒梅」寒梅酒造のある「大崎」にも通じ、大崎市産のお米を使った純米酒。
 
これ、普段取っているメモを取らずに楽しんでおりました。
何と言うか、メモを取ると言うことが、
無味乾燥の行為に感じてなりませんでした。
メモを取るためにペンを取る…それが無粋だって…なんだか思ってしまったのです。
 
それ程に、肩の力を抜いてくれるお酒。抜いて楽しみたくなるお酒。
「宮寒梅」の普段のライン、
純米大吟醸の生酒などにある、煌びやかさや華々しさ、
生酒のたまらない旨さ、メリハリの良さ…
…そうしたものは「鶯咲」には見当たらないけれど、
「宮寒梅」にはない、落ち着いた、和やかな、
温かな静謐さがあって、静かにゆっくりと酒に落ちて行くような。
 
特徴的な香と言うと、お酒らしい香であって、
また宮城県の蔵元に多い印象を抱くのですが、
素っ気無い、水に近く、水に少し甘味を乗せて、
炊き立てのご飯を隣に飾り、団扇でそっと扇ぐような…
そんな香の世界です。仄かながら、じっ…広がる世界観。
屈託がなく、御託を並べる必要がなく、
何となく、でも今もその時も、後から思い返して、
食卓を囲んだ時間が美味しかったなぁ…と考える。
 
そうしたお酒だと思います。思っています。
テイスティングのメモになっているのかと言うと、
たぶん、成ってはいないと思うのですが、
そう言うお酒なんだと、口に入れ、五臓六腑に染み込ませた方ならば、
分かってくれるのかも…なんて思います。
 
 
東京・革命君より、お取り寄せ。
 
 
 

|

« 信州中野・岩清水“GOWARINGO”2017,中取り生 | トップページ | Hop Frog Cafeで、ソングバード“Biere de Garde”、京都醸造“毬子” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/66147456

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城・宮寒梅“鶯咲”・特別純米酒:

« 信州中野・岩清水“GOWARINGO”2017,中取り生 | トップページ | Hop Frog Cafeで、ソングバード“Biere de Garde”、京都醸造“毬子” »