« Hop Frog Cafeで、ソングバード“Biere de Garde”、京都醸造“毬子” | トップページ | Hop Frog Cafeで、アサヒ・スーパードライとTDM1874ブルワリー・B.B.B. »

2017年12月18日 (月)

ばんざい家で、信州中野・岩清水と、静岡・開運

 
 
 
Dscn7932
 
 
気楽なところで、一生懸命…と言うことです。
 
11月4日、松本市駅前界隈、信州ばんざい家にて。
 
 
 
 
いつからか…と言うと分からないのだけれど、
 
「今日も一日おつかれ様」
 
―――と、酒器に書いてあって、何だか嬉しく思います。
 
これから「働くぞ!疲れるぞ!」と意気込んで居酒屋の暖簾をくぐる…
…と言う事はなかなかにある事ではなくて、
たいていが、「1日、頑張ったなぁ」でしょうとも。
それが、平日ならばその日の仕事で、
土日だったら、一週間をねぎらって…だからこそ、
居酒屋と言うものは、愛おしい文化である訳でして。
 
メニュウを見るなり、この3文字があれば、僕は注文します。
「岩清水」、信州中野の蔵元さん。
この日は、8年熟成のお酒でした。
YOKOさんは思い出や縁起の中にある「開運」を選びました。
そうだなぁ、YOKOさんが静岡生まれと言う事もあるけれど、
「開運」は、「よよぎ」の大将が僕らが一緒になった時に、
「お祝いだから」と注いでくれた事もあったし。色々と懐かしい。
 
さて。
 
信州中野・岩清水・青ラベル2009 無濾過瓶火入れ:
 
この色のラベルに懐かしさも感じます。
8年と言うとお酒によっては、こってりした熟成に…
色も飴色がかって来て、甘味先行系になったりもするのですが、
やはり熟成環境、温度環境によるのか、
とてもザックリした、熟成のまとまりと、
ベースにあるドライさが、
ちょうど良いところに落ち着いていて、美味しく思います。
何年か前の「岩清水・秀撰」若草色のラベルも…、
五割麹造りなどで、
甘味のある蔵元とご記憶の方もいらっしゃるかも知れませんが、
辛口と銘打つより、岩清水流のドライな、切れる飲み口の日本酒でした。
これにどこか近い部分があるのではないか…なんて思います。
 
 
静岡・開運・ひやづめ純米 山田錦:
 
良い状態…と思います。
良い味乗り。甘味がありふくよか、渋酸少なく、味わいの良さが伸びる。
 
…と、当日のTwitterに記したメモより。
 
 
 
この日、「行けるかな、行けないかなー」なんて思いながら、
ばんざい家に電話をしてみて、
ちょうど1席、タイミング良く空いたみたいで滑り込み。
そんなはしご酒の流れの中では、
お気に入りの銘柄に出会うことが出来て、
ほくほくと、上機嫌で始まった居酒屋情緒の続きでした。

|

« Hop Frog Cafeで、ソングバード“Biere de Garde”、京都醸造“毬子” | トップページ | Hop Frog Cafeで、アサヒ・スーパードライとTDM1874ブルワリー・B.B.B. »

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/66173579

この記事へのトラックバック一覧です: ばんざい家で、信州中野・岩清水と、静岡・開運:

« Hop Frog Cafeで、ソングバード“Biere de Garde”、京都醸造“毬子” | トップページ | Hop Frog Cafeで、アサヒ・スーパードライとTDM1874ブルワリー・B.B.B. »