« Hop Frog Cafeで、ベアレン、志賀高原ビール。 | トップページ | 信州中野・ 岩清水 “ GOWARINGO” 2017, あらばしり生 »

2017年11月16日 (木)

信州佐久・澤の花“満ち月”・純米吟醸

Dscn7719
 
気楽なところで、一生懸命…と言うことです。
 
10月11日、自宅での晩酌にて。
 
 
 
 
「長野酒メッセin長野」に行かなくなりました。
2年連続2回目。
つらつらとTwitterやブログに書いていますので、
詳細は省きますが、
弊害として、いちばん大きいことが、
蔵元さんの味、キャラクターを継続、更新できなくなった事です。
その年その年、偶発性をも含めながら、
毎年同じラベルであっても、同じお酒と言うものはございませんから。
 
その中でも、酒屋さんに出掛けたタイミングで、
「この蔵の日本酒は、定期的に飲んでおかないと」と思うものを購入する様になりました。
 
 
 
 
佐久の伴野酒造「澤の花」、ひやおろしや秋上がりに該当する1本。
 
プクッとして香が持ち上がり、
それはとても可憐で、どこかシャボン玉の様な印象を思い描かせ、
次第に、後半に向けて渋味が全体を締め括りだす。
渋さ、辛さ、その余韻への変化。
 
メロン系の香味が立ち、渋味からミント感に近い爽快さが現れ、
少しの若さ、それ故の軽さがありながら、
反対側、しっかりとした呑み心地を与える旨味も補充されて、
総じて、「美味しい」と思うことが出来る1本でした。
 
温度も上記は冷えた温度帯での印象ですが、
少し室温に戻って来た段階でも、ダレなどなくて、
シャンとしながらも、五味が揃っていて、人も料理も選ばないような、
良い雰囲気を持ち続けていてくれました。
 
4合瓶で購入したけれど、一升瓶でも全然良かった。
松本市・三代澤酒店にて購入。
 

|

« Hop Frog Cafeで、ベアレン、志賀高原ビール。 | トップページ | 信州中野・ 岩清水 “ GOWARINGO” 2017, あらばしり生 »

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/66050976

この記事へのトラックバック一覧です: 信州佐久・澤の花“満ち月”・純米吟醸:

« Hop Frog Cafeで、ベアレン、志賀高原ビール。 | トップページ | 信州中野・ 岩清水 “ GOWARINGO” 2017, あらばしり生 »