« 松本ぼんぼんで、松ブル特設ビアガーデン。 | トップページ | 大阪・箕面ビールの桃ヴァイツェン »

2017年9月 9日 (土)

厨十兵衛で、富山・太刀山と福島・写楽。

Dscn7303
 
 
気楽なところで、一生懸命…と言うことですが。
 
 
8月19日、松本市緑町界隈・厨十兵衛にて。
 
 
 
 
「良い酒を飲む」とは、酒飲みの本望であります。
品質的な「良い酒」も、言葉としては正しいけれど、
そこにある言葉の真意は、
楽しんで、心地好く、酒を呑む…と言うことです。
 
この日の、僕らの最初の1杯は、そんなお酒。
飲みたいと思っていて、飲む事が出来て、
そんな境遇の喜びに打ち震えたりなんかして。
 
 
 
当日は四柱神社にて、
古今亭菊生の落語百夜「夏のスペシャル企画」が執り行われておりました。
落語会ですね。
大名跡のひとつ、当代の11代金原亭馬生師匠が来松されておりました。
根多帳としては、以下の通り。
 
 
菊生「お菊の皿」
馬生「干物箱」
仲入り
馬生菊生スペシャル対談
菊生「新寿限無」
馬生「品川心中 上・下」
 
 
特に「品川心中」は、“上”で切る事が一般的で、
“下”の存在と内容こそ知っておりましたが、
実際にナマで聞く事が出来る日が来るなんて…と思いました。
お腹いっぱい、大満足の落語会。
揚々とした心持ちになって、辰巳の庭を過ぎ、
「厨十兵衛」にやって来ていました。
 
最近お気に入り、「革命君」の齋藤さん肝入りの日本酒のひとつ、
「太刀山・純米生酒」は、少しアルコールっぽい雰囲気。
噛み締めた奥に甘味があり、
強く入って来て、だんだんとアルコール感と辛味がせり上がり、
お酒を飲む醍醐味に包まれる…
「日本酒を飲んでいるんだ」と言う、
お酒らしい特長を大きく持つ1本だと感じます。
 
今日は、とてもこう言うお酒を飲みたかった。
集中して落語を聞いて、心地好い疲れがある訳です。
小難しく考えずに、
(メモを取っている段階で、どうかな…とは思うけれど)
打ち上げとかこつけて、お酒をグッと引き寄せる感覚と言うものは、
何とも言えない、イイカタチであると感じました。
それに見合う性質のお酒。
たまりませんでした。
 
こう言うところで、YOKOさんと趣味が合うから、
晩酌をしても楽しく美味しく過ごす事が出来ると思うのだけれど、
YOKOさんは「福島・写楽・純米吟醸“夏吟うすにごり”」を。
YOKOさんが好む銘柄「写楽」、
すっきり辛くて、気持ち良く爽やかな雰囲気、
背景にほの甘さがあって、佳酒としてあります。
お気に入り銘柄を頼む、
その打ち上げ感、「お疲れさま」とお互いをねぎらう感。
 
良いお酒に話も弾んで、
落語から続いて、素晴らしい一夜を続けて行く訳でして。
 

|

« 松本ぼんぼんで、松ブル特設ビアガーデン。 | トップページ | 大阪・箕面ビールの桃ヴァイツェン »

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/65768233

この記事へのトラックバック一覧です: 厨十兵衛で、富山・太刀山と福島・写楽。:

« 松本ぼんぼんで、松ブル特設ビアガーデン。 | トップページ | 大阪・箕面ビールの桃ヴァイツェン »