« 新潟栃尾・山城屋・純米吟醸生原酒“山田錦” | トップページ | 厨十兵衛で、富山・太刀山と福島・写楽。 »

2017年9月 7日 (木)

松本ぼんぼんで、松ブル特設ビアガーデン。

 
Img_5247
 
 
気楽なところで一生懸命…と言うことです。
 
 
8月5日、松本市中町通り・松本ブルワリータップルーム横にて。
 
 
 
 
 
過日、松本ぼんぼんの当日。
そう言えば、やっぱり夏の風物詩だけあって、
ぼんぼんが過ぎ、お盆が過ぎて、秋の訪れをひしひしと感じますよねぇ。
 
 
松本ぼんぼんの日は、出来るなら厨十兵衛で祭囃子を遠くにして、
ゆっくり日本酒を楽しみたいと常々考えておりますが、
昨年から、もうひとつ楽しみが出来た…と言うところでしょうか。
 
今年も、松本ブルワリータップルームお隣にて、
トレーラーを持ち込んでの特設ビアガーデンが催されておりました。
 
 
 
1杯目には、Local LagerとAwesome Pale Aleを。
 
 
Img_5248
 
 
2杯目は、Smart wheatとCastle Stoutを。
 
この4種類のタップが用意されておりまして。
そして、それぞれ楽しみまして。
 
キャッスルスタウトは、この段階で5バッチ目になるんだそうで、
順調に減っている…と言うか、みんなが飲むからこそ、
次のバッチを用意しなくちゃいけなくなって、仕込んで減って仕込んで…と言う、
良い循環になっているのかなぁ、なんて思います。
確かに、すごく美味しいですよね。温度を少し変えながらも、また表情が変わります。
 
夏季限定で登場した「Local Lager」、僕はもちろん気に入っていたし、
YOKOさんも、そりゃあ気に入ってはいたのだけれど、
その「度合い」と言うものは、なかなか推し量れないもの。
 
「Local Lager」は好評につき、8月中に完売しましたが、
それを知らないYOKOさん、
街に出て「Local Lagerが飲みたいなぁ」と言い、
「あぁ、もう終わっちゃったんだよ~。期間限定品だったし」と伝えると、
それはもう、残念そうな表情で、
「え~~…」と呻いていました。
 
「あぁ、そんなに気に入っていたんだ」
 
…と、改めて思う次第。是非、来年も仕込んで頂けたら…と思いますねぇ。
伺うと、ラガースタイルは、発酵時間が長かったり、ご苦労もあるそうなのですけれど、
でも、またあの美味しさに出会いたいと思う訳で。
 
 
来年はきっと開催されるビアフェスにて、
 
松本城と共に、ローカルラガーで乾杯!と行きたいものです!
 
 
 

|

« 新潟栃尾・山城屋・純米吟醸生原酒“山田錦” | トップページ | 厨十兵衛で、富山・太刀山と福島・写楽。 »

ビール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/65761249

この記事へのトラックバック一覧です: 松本ぼんぼんで、松ブル特設ビアガーデン。:

« 新潟栃尾・山城屋・純米吟醸生原酒“山田錦” | トップページ | 厨十兵衛で、富山・太刀山と福島・写楽。 »