« 厨十兵衛で、大和屋善内とゆきの美人 | トップページ | 広島・亀齢萬年・純米吟醸原酒五拾“広島県造賀産線状心白米” »

2017年8月 2日 (水)

千葉木更津・Songbird beer “ブレッタ・テーブルビア”#15

Dscn7091
 
 
7月26日、晩酌にて。
 
 
ソングバードさんのウェブサイトによると、
「椿の花や日本ミツバチの蜜など、
 木更津の自然からおこした
 野生酵母(ブレッタノマイセス)で二次発酵させたビール。
 野生酵母がつくりだすユニークな香りが楽しめます」とのこと。
 
ABV4.5%で、
原材料は、麦芽、小麦麦芽、ホップ、砂糖、イースト、スパイス。
 
トップノート:
 
ビールらしい香の味に、リンゴ酸の香、キュウリの皮、
苦い香、陳皮みたいなイメージも湧く。
そこはかとない酸の香が特徴的で、ナッツ…カシューナッツの様な、
淡白でオイリーなものを炒った様なアロマも。
(香のオイリーさであって、味とは別の)
 
テイスティング:
スル――――ッ…と入って来て、過ぎ去って行く。
瞬間に自分の中の体験から似たものを探すと、
東南アジア系の水の様なビールの外装に、
芯部にしっかりとコシを持たせた、その芯には香が含まれていて、
過ぎながら、フルーティさを置いて行く感じ。
 
酸のドライさがあり、すごくクールでスマート。
優しくシャープ。尖っているけれど、鋭利ではない感覚。
ゴクゴクと飲み込まず、
口に含んだ時にはモルトっぽさが、ぷくっと膨らむ。
 
酸味と速さ、速度感の爽快感が美味しいビール。
 
 
YOKOさんは、酸味が強めで、あんまり特徴的な雰囲気がないかも…とのこと。
 
 
テーブルビアとしての万能性の表現があるのかしら…と思います。
卓上は無限に広がる食材のるつぼ。
どの命にも笑顔を届けられる様な特徴付けゆえ…ではないかと。

|

« 厨十兵衛で、大和屋善内とゆきの美人 | トップページ | 広島・亀齢萬年・純米吟醸原酒五拾“広島県造賀産線状心白米” »

ビール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/65607092

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉木更津・Songbird beer “ブレッタ・テーブルビア”#15:

« 厨十兵衛で、大和屋善内とゆきの美人 | トップページ | 広島・亀齢萬年・純米吟醸原酒五拾“広島県造賀産線状心白米” »