« Hop Frog Cafeにて、Scooner Exactと湘南ビール。 | トップページ | 千葉木更津・Songbird beer “ブレッタ・テーブルビア”#15 »

2017年7月31日 (月)

厨十兵衛で、大和屋善内とゆきの美人

Dscn6479

4月30日、厨十兵衛にて。
 
 
当日先ず一杯に、
僕は、福島・大和屋善内・純米生詰を。
 
若いリンゴ、酸味、サッパリ。
重みある呑み応えあるお酒を飲みたいと思う日ではなかったから、
狙い通り、いや、狙い以上に爽やかな雰囲気のお酒で、心地好く感じる。
 
フィニッシュに少しだけ残る渋味は、
きっと食事にはとても合い、食卓の底を支えてくれると思う。
 
全体に軽くて心地好く、
アルコール度数15度も、良い方向に効いているみたいだ。
 
 
YOKOさんは、
秋田・ゆきの美人・純米吟醸生“愛山麹”(愛山+秋田酒こまち)を。
 
ジューシーな酸、旨味、あとに甘味。
甘辛いくらいに感じる。
少し甘さが勝ち、
喉に絡んで来るようなイメージは瓶の終盤だからかなぁ。


こうして簡単に更新するだけだったら、長く続けて書くことが出来そうな感覚。
 
そして、時折時間を見つけてしっかり書く…と言うスタンスで、
しばらくはやってみたいと思います。

|

« Hop Frog Cafeにて、Scooner Exactと湘南ビール。 | トップページ | 千葉木更津・Songbird beer “ブレッタ・テーブルビア”#15 »

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/65604217

この記事へのトラックバック一覧です: 厨十兵衛で、大和屋善内とゆきの美人:

« Hop Frog Cafeにて、Scooner Exactと湘南ビール。 | トップページ | 千葉木更津・Songbird beer “ブレッタ・テーブルビア”#15 »