« 吉例!渋温泉九湯巡り!(2017年3月19-20日・渋温泉郷) | トップページ | SMBL後は、いつも三幸軒で食べたい。(2017年3月20日・三幸軒、YOU游ランド) »

2017年4月 3日 (月)

温泉施設の食堂の使いやすさとは。(2017年2月18日・やまびこ、ロマネット)

 
 
 
 
そして、桜肉のすき焼き丼(1180円)もあって、磐石なのだ!
 
 
(アライさん的な)←分かる人だけ分かってください。
 
 
 
 
えー、気楽な所で一生懸命…と言うことですが…。
 
B級グルメと言う言葉は、
えー、登場した当初は、まぁ時代の寵児的な扱いでしたですよねぇ~。
A級グルメを超えよう、てンでな。
流行れば廃るものでありまして、
今も言葉は残っておりますし、広告に躍ってはいようと言う所ですが、
その当時の勢いがある訳ではなく、
ただのイチ、区分け、カテゴリーでしかない様に、
アタシには見えてしまっております。
何なら、言葉が安っぽくも見えてしまうんじゃねぇかな、と。
もてはやした分ね。
ええ、あまり障りがあるといけませんので、
このくらいに致しますが…
何を言いてぇのか…と、それが肝要でございます。
「安かろう、不味かろう」の世界ばかりではないと言う事ですな。
「安かろう、旨かろう、その場の雰囲気に合うだろう」と言いたいのでございます。
 
温泉施設は、実に気楽な場所でございます。
トドの様にお休みになっておられる方もいる、
女性はスッピンの方もおられます。ヘアーメイクは明後日に置いてきたくらいで。
 
B級グルメはB級なのに「すごく美味しい、稀少」と謳い始めた、
B級でなくなっちまったから、廃れた様に感じます。
行楽のお供に、祭りのお供に、
名物を食べてもらおうじゃねぇか…その心意気で流行れば、
より長く続いたんじゃないんですかねえ。
 
温泉施設で、気楽に食べるお昼ご飯。
お値段もAやSに比べましたら、お安いですよ。
世界一の食材なんか使っておりません。
でもね、ここでこうして食べるんなら、これが最高なんです。
毎日来たって良い。気取らない味ですわ。
合う味なんです。
この雰囲気で、セルフサービスで、のんびりしながら。
 
「ロマネット」に最近、よく行くのはお湯、施設が良い事もありますが、
この併設の食堂「やまびこ」が、頑張っている、
それをヒシヒシと感じたりなんかするからでして。
 
さぁ、そんな一席を申し上げます。
ご用とお急ぎでない方は…まぁまぁ、お急ぎの方も、
長い時間、お止め置き致しません。
短い時間となります。お付き合いを願っておきますが…。
 
 
 
 
…なんだか本当、最近思うんです。
一時期は「B級グルメ、食べに行こうぜ!」が、
結構なパワーワードと言うか、誘い文句であったろうに、
最近では、素直に、「美味しいもの食べに行こう」で良いのですから。
それが同じメニュウであっても。
 
 
 
Img_4019
 
 
その日は病院への定期的な通院を経て、
リフレッシュを兼ねて、岡谷温泉・ロマネットに来ていました。
 
 
Img_4020
 
 
こんな食券の買い求め方。
何と言うか、色んな組み合わせで色んな料理を1度に食べられちゃう、
これが良いですよね。こう、とらわれない。
ナポリタンにうどんでも良い訳ですから。麺類万歳。
 
ふと気付くと、みなさん「つくね」をお供に色々と頼んでおられる様でした。
ラーメンにつくね、うどんにつくね、チャーハンにつくね。
いつか、自分もツクネらねば…そんな風に思えるくらい。
 
 
 
Dscn5620
 
「ラーメン:550円」
 
 
Dscn5622
 
 
「ざるそば:550円」
 
 
この2種類の麺が550円であるのは、嬉しいです。
味は感動ってことはないけれど、
このお値段で、この美味しさでは十分過ぎるくらい。
 
 
Dscn5621
 
 
麺の食感も良いです。日常食に合う美味しさ。
ラーメンチャーハンセットも合うだろうな。
そんな味。
 
 
Dscn5625
 
 
YOKOさんは「ヘルシーサラダうどん」を。
レタスなどサラダを乗せたものを想像していたみたい。
これ、麺の中にレタスが仕込んであって、
ちょっと驚きながら「見た目よりボリュームを感じて良いね」とは、
食後のYOKOさん談。
タレに青じそドレッシングの様なフレーバーがあって、
海水晶の食感と、結構しっかりしたうどんの食感も合っていて、
するっと食べられるけれど、ちゃんとお腹に残るもの…の様子。
夏場にも良いかも知れませんね。
 
 
 
 
その後、ちょっと休憩を挟んでから、
モール泉の紅茶色ローマ風呂に浸ります。
気付くと脱衣所、更衣室に水素水の新しいサーバーなんて出来ていたりして。
旬を過ぎた様にも思いますが、
100円戻り式コインロッカーの施設ですから、
江戸っ子じみて、
「1度財布から出た金は、2度と財布の中に戻さない」
…なんてお考えの方がいたら、ちょうど良いのかも知れませんね。
水分補給になりますでしょうし。
 
朝早くから、1度清掃時間を挟みますが、夜遅くまで営業していて、
とにかく使い勝手が良く、
場所取りに関しても、身体を洗わないでお湯に入る人への警告張り紙を見ても、
施設の管理が行き届いています。
そうした使って心地好い、そしてご飯も美味しい…
そんな理由から、金曜日夜、仕事終わりの温泉とバドミントン後の汗を流す温泉と…
どちらの候補にも上がりやすいロマネット。
 
さぁ、そんな一席を語って参りまして、
ここら辺で、ちょうどお時間となっております。
また次回、お目に掛かりますまでの暇を頂戴致す事になりまして…。
 
ありがとうございました。
 
ありがとうございました。
 

|

« 吉例!渋温泉九湯巡り!(2017年3月19-20日・渋温泉郷) | トップページ | SMBL後は、いつも三幸軒で食べたい。(2017年3月20日・三幸軒、YOU游ランド) »

ラーメン」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

街を食べ歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/65104693

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉施設の食堂の使いやすさとは。(2017年2月18日・やまびこ、ロマネット):

« 吉例!渋温泉九湯巡り!(2017年3月19-20日・渋温泉郷) | トップページ | SMBL後は、いつも三幸軒で食べたい。(2017年3月20日・三幸軒、YOU游ランド) »