« インドも良いけど、ネパールもやっぱり良い。(2017年1月22日・ヒマラヤンシェルパ) | トップページ | それは、黒鯵の存在感。(2017年2月3日・ヌプチェ) »

2017年3月15日 (水)

人間ドッグのそのあとに~梯子その1~(2017年2月4日・Hop Frog Cafe)

 
 
 
 
心のアワアワとしたものを、泡で落ち着かせたい。
 
 
 
 
 
えー…、気楽な所で一生懸命と言うことですが…。
 
 
どなた様も…
ええ、現世と申しますものは、健康をこと重要に考えますな。
寿命が延びた時代となっておりまして、
寿命が延びただけではなく、
その定命を如何に健康に生きて行くのかと言う、
「健康寿命」を考える時代なんだと、偉い先生方は仰っておりますわ。
 
そんな訳で、「人間ドッグ」なる健康診断に行って参りました。
その当日の噺でして…
まー…朝は、前日なんと言うものは、飲みに出掛ける気なんざ、
さらさら無かったものなんでございます。
胃カメラもあるし、血液検査でプスッとやられるものもあるし、
何だかんだと緊張しますよ。ええ。それが人情です。
 
…健康診断に人情を持ち出すってぇのも、
何が何だか訳が分かりませんけども。
 
終わってみると、どうにもこう切なくなって来るんですなぁ。
こう、煙草呑みの方が仰るような、口寂しい感情に近いんじゃねぇかと、
思い描いたりなんか致しますけれども、
まぁ、「呑みたい」と思うんですわ。夫婦揃って。
それも「わっ」と騒ぎたい訳じゃあない。
白くて巨塔な一大テーマパークから無事に帰って来たと言う、
安心をひっくるめて呑みてぇなぁ…と思いついちゃったんですな。
 
普段は週の真ん中あたりから、
「今週はどうしようか」と夫婦会議を始めているのですが、
「とりあえず出掛けてみよう」と巣穴を飛び出して行きますと、
お馴染みのはしご酒が始まって行くことがお定まりでして…。
 
 
 
 
 
松本駅に着いたら着いたで、
「まず、喉を潤したい」と言う気持ちが逸り、
オープンした頃に出掛けた、
あるお店に行ってみよう!…なんて考えてみるのですが、
どうやら18時からとなっていて、あと10分くらいと言うところ。
 
…今、呑みたいし止まって待つには切なさが宿る。
 
ならば、
営業時間が長く、またちょうど良い頃合で、
栃木から注目のビールが繋がっている情報がありましたから、
「Hop Frog Cafe」に出掛けて行くこととしました。
 
 
 
Dscn5494
 
 
そんな訳でカエルのお店へ。
結果、この選択は最良の選択でした。
色んな情報を得ることが出来、かつ、とても落ち着いた時間を過ごす事が出来まして。
 
 
Dscn5495
 
 
僕は、栃木・BLUE MAGIC・Hopped Juicy Pale Ale、
YOKOさんは、大阪・箕面ビール・カベルネエールを選びます。
 
 
「小盛り」に掲載したものですが、以下に。
 
 
BLUE MAGICは、甘味ふくよかなペールエール。
イメージを一言で例えると、「バヤリースオレンジ」みたい…なんて思いました。
もちろん果汁なんて30%どころか、全然入っていないもの。
ホップ由来の香でオレンジやグレープフルーツの様な香がする場合がありますが、
そんな雰囲気と飲みやすさで、そんな印象を抱きました。
 
箕面ビールは色も匂いもワイン様のフルーツビール。
「カベルネ・ソーヴィニヨン」を使っているんだそうです。
樽には入っていないと思うのだけれど、どこかワインの様な渋味も感じられて、とても面白い。
 
 
…とのこと。
栃木・BLUE MAGICはその醸造所に遊びに行った事もあり、
オンタップとなるならば、是非飲みに行きたい!…と考えています。
お店の方から接続のアナウンスは、各SNSであるのだけれど、
それがいつまで空き樽にならないでいるか…は時の運。
だので、「何があるだろう」と楽しみに出掛けて行くことになりまして。
 
 
Dscn5496
 
 
ローストベジタブルの盛り合わせ
 
 
前回に引き続き。
お陰様で、カエルのお店でスキレットに出会うことにより、
ちょうどその翌日に我が家にスキレットがやって来る所まで来ていました。
スキレットの使い方、保管方法を食べながら、また色々と教えて頂きました。
文章で調べはつく世の中だけれど、
でも、事細かな所はやっぱり分かりませんよね。
例えば、使用後に油を塗る…とあるけれど、
全面に塗るのか使用面だけで良いのか…
カエルのお店のおふたりには、本当に良くして貰いました。
お陰様で、素敵なスキレットライフを迎えることができ、
家人には料理、かなり好評をもらっております。
 
 
Dscn5497
 
 
スロースタートでスローな…ゆったりした呑みを、
無計画な呑みを今日ははしごして行こうじゃないか、と言う事で、
僕自身がリストの中から、これは飲んでおきたいな…と言う銘柄を選びます。
 
岩手・いわて蔵・ヴァイツェンボックを。
美味しい深い林檎味…と、当日のTwitterに記録してあります。
軽やかな甘味に、苦味や渋味はスパイスの様にバックに。
舌先に乗るまとまりも良くて、美味しいと思います!
トップノートは少し納豆っぽいかも。イーストっぽい?
…とのこと。
 
 
 
 
短い時間だったのだけれど、とても得るものが多く。
駆けつけ三杯なんて言うけれど、
駆けつけるための燃料を得た心持ちで、
更に夜、松本の街へ出掛けて行こうか…と言うところ、
続く出番に高座を譲ります。
私の持ち時間はここまで。
 
ありがとうございました。
 

|

« インドも良いけど、ネパールもやっぱり良い。(2017年1月22日・ヒマラヤンシェルパ) | トップページ | それは、黒鯵の存在感。(2017年2月3日・ヌプチェ) »

ビール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/65017137

この記事へのトラックバック一覧です: 人間ドッグのそのあとに~梯子その1~(2017年2月4日・Hop Frog Cafe):

« インドも良いけど、ネパールもやっぱり良い。(2017年1月22日・ヒマラヤンシェルパ) | トップページ | それは、黒鯵の存在感。(2017年2月3日・ヌプチェ) »