« 気軽な替え玉。(2017年1月6日・きまはち商店) | トップページ | 鶏白湯とにぼタンには差があって。(2017年1月8日・みさき食堂) »

2017年2月18日 (土)

上り詰めて行くと記憶を置き忘れている。(2017年1月28日・厨十兵衛)

 
 
 
噺の世界に似ていなくもない。
 
 
 
…似てないか。
 
 
 
 
 
えー、気楽な所で一生懸命と言うことです。
相変わらず、お酒呑みのお噂で、
しばらくのぉ、お付き合いを願います。
 
えー、
噺と申しますものは、落語と申します…
我々の商売道具と言うものには、
「サゲ」と言う符丁がございましてな。
ご案内の方もございますでしょうけれど、
どちらかと言って世間様に広がっている言葉ならば、
「オチ」と言うものですな。
噺の最後に、ストンと落とす決めの台詞を言う訳でして、
だからこそ、
「落とし噺」なんて、落語を以って言ったりなんかする訳です。
ええ、ホントの噺ですとも。
たまには、こうしてパァパァ座布団の上で無駄にお喋りしている様でも、
お勉強になることを言っちゃったりもする訳でして。
 
“サゲ”るまでに、噺をめいっぱい盛り上げて行きます。
盛り上げて盛り上げて、
いちばん良いところで、ストンと落とす…これが美徳ですな。
まぁ、人情噺の様な?ストーリー性を重視したものは、
これに限りませんけれど、
まぁまぁ、落語の世界と申しますものは、
そう言った決まりごとがあったりなんかするんですわ。
 
先んじて、
四柱神社で落語会、そしてカエルの店からのはしご酒、
本日は厨十兵衛に流れ着いてございます。
最近はじめました「酒 宗夜・小盛り」と内容が、
オーバーラップしますが…
…おお、落語の世界でも横文字なんて使ったりして。
ええ、重なる部分もございますが、
最後まで、よろしくお付き合いの程を願っておきますが…。
 
 
 
 
Dscn5455
 
 
そんな訳で、緑町の「厨十兵衛」へ。
 
先達て、その前日にTwitterで見掛けたお目当てからお願いして行きました。
 
 
Dscn5457
 
 
僕は、福島・大和川、
YOKOさんは、福島・会津中将を先ず一杯にて。
 
大和川、高バランスで酸の締めくくる感覚が素晴らしく良い。
これは柔らかさとの緩急があって、実に良い!
 
会津中将は甘味のクレッシェンドが新酒らしさですね!
しっかりとした強さがあり、飲み応えもあります。
 
…とのこと。「小盛り」にも掲載してある通り。
 
大和川は、本当狙い通りの美味しさで嬉しかったですね~!
会津中将はYOKOさんの覚えの良い銘柄のひとつ。
美味しいスタートで、気合がより満ち満ちます。
 
 
Dscn5461
 
 
たこと菜花のごま油和え、
 
菜花が出て来ると、ちょっとずつ春を感じます。
春を迎える心づもりが出来て来始める…と言うか。
まだ2月の寒さを越えねばならないのですけれど。
 
 
Dscn5463
 
 
鶏のくわ焼き、
 
甘いタレがかかった鶏の焼き物。
照り焼きともちょっと違う感じ。
お燗酒にも相性良さそう。
 
 
Dscn5464
 
続いて、2杯目に…
 
僕は、
滋賀・北島・きもと純米無濾過生原酒27BY、
YOKOさんは、
福島・ロ万(花泉)・純米大吟醸生原酒“一ロ万”にて。
 
 
北島、すごく久し振りに飲みます。
「きもとかー」とつぶやくと、
井出さんは「最近、北島はキモトの評価高いよね」とのこと。
うん、実直に美味しいお酒でした。
旨味の凝縮感があって味乗りと酸の旨さがキュンと入って、舌先に甘く。
滋賀県らしい趣向にも感じました。
 
ロ万は、本当美味しかったです。うん、非の打ち所のない。
自然でほどけの良い甘味、余韻もふんわり、豊かさも湛えて広がる。
「お酒だけでグイグイいける!」とはYOKOさん。
 
…と、「小盛り」掲載分。
「一ロ万」は流石最高峰と銘打たれるだけはある…と感じました。
見掛ける機会があれば、是非!って思います。
 
 
 
 
この辺りから、
居合わせたK西さんとお話をさせてもらったり、
もちろん大将と話をしたり、
こう、盛り上がって行く訳です。
YOKOさんも元気いっぱい、飲んで行く訳です。
お互いに大騒ぎなんかはしないのですけれど、
夢中になって行く、と言いますか。
 
…メモを残しておらず。
ブログのためにメモを残す…
その為に、せっかく上がって行く陽気な呑みの気分を、
上がり切る前に落としてしまっては勿体無い、勿体無い。
 
で、〆のご飯で、ストンと落ちる。
 
 
 
Dscn5467
 
 
3杯目に、
僕は、山口・貴・純米吟醸“山田錦”中取り生28BY、
YOKOさんは、続けて福島・花泉・純米吟醸無濾過生原酒上げ桶直詰め…を。
 
「貴」の生酒、そりゃあ個人的にお取り寄せすれば良いのですけれど、
松本ではあんまり見かけないんじゃないかなぁ、と思います。
久し振りに味わいました。
記憶より、可憐に…可愛らしく可憐と言うよりも、
より自然味をイメージする様な、風の風合を持ったような。
 
「花泉」は、うん、YOKOさんが美味しそうに呑んでいた…と言う記憶しかないです。今は。
ひとくち貰ってはいるはずなのだけれど、
そう、酔いの彼方に置き忘れて来ておりまして。
 
 
Dscn5471
 
 
ほたてきゅうり、
 
通称「ほたきゅう」、いや「て」と「り」しか略されていませんが。
最近、ちょっとお気に入りの酒の肴。
きゅうりの瑞々しさ、食感、塩気、ほたての甘味の組み合わせが、
呑みの前半にも後半にもオールラウンドで楽しむ事が出来ます。
携えておきたい味わい。
 
 
Dscn5472
 
 
調子に乗って4杯目まで進みまして。
 
いろいろ悩んだ挙句に、確か僕は気に入りの銘柄で…
福島・辰泉・特別純米ふなまえ酒“辰ラベルNo.1”28BYを選び、
YOKOさんも気に入ったものを選びまして、
宮城・山和・純米吟醸無濾過生原酒28BY新酒をお願いしました。
 
「やっぱり辰泉ってウマイなぁ」と思います。
合う、と言うか。染みると言うか。
プラスチックはプラスチックだから、液分は染み込まないじゃないですか。
辰泉を飲むと、
スポンジに自分がなったみたいに「おう、来た来た」って思って、
体の中に入って来る…そんなイメージです。そう思った様な記憶が頭の中の片隅に。
 
「山和」は…YOKOさんが頼んだことも、この写真を見るまで思い出せませんでした。
 
ここまで、時間を掛けてゆっくりと呑みました。
酒場の雰囲気、出会う飲み友達、ゆっくり、ゆっくりと…時間を贅沢に使って。
 
 
 
Dscn5476
 
 
世界最強と信じてやまない厨十兵衛の「葱玉チャーハン」を。
YOKOさんからのリクエストがあり。
夜に米飯を食べない日常があるものですから、
こうして、ある種の禁を破るって言うのは珍しいんです。
 
Twitterで見たと言う…
見せてくれた方は、ままお察しの通りで…
「食べたいな」と思っていたみたい。
立ち上る湯気に香ばしい匂いがたまらない。
 
食べ終わってお腹いっぱいになり、
腹の皮が突っ張れば目の皮たるむ…ってぇヤツでね。
「あぁ、呑みが終わった」と思う訳ですね。
終電目指して、寒い中を出て行かなきゃあ…と言うところ、
本日はちょうどお時間となっておりまして。
落語、ビール、日本酒と大いに遊んだはしご酒の一席、
気の利いたサゲをご用意できれば良かったのですけれど、
無事、何の事件も起きる事無く巣穴に戻って参ります。
 
酔いは寒さを忘れさせ
酔いは憂さをも忘れさせ。
楽しみ多き世の中の寸時のお浮かれの一席、
ここでお開きとさせて頂きます。
どうも、ありがとうございました。
 
ありあがとうございました。
 
ありがとうございました。
 

|

« 気軽な替え玉。(2017年1月6日・きまはち商店) | トップページ | 鶏白湯とにぼタンには差があって。(2017年1月8日・みさき食堂) »

日本酒」カテゴリの記事

街を呑み歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/64909114

この記事へのトラックバック一覧です: 上り詰めて行くと記憶を置き忘れている。(2017年1月28日・厨十兵衛):

« 気軽な替え玉。(2017年1月6日・きまはち商店) | トップページ | 鶏白湯とにぼタンには差があって。(2017年1月8日・みさき食堂) »