« 年の瀬、戸倉上山田温泉街紀行。(2016年12月28日・大黒食堂、戸倉上山田温泉で3湯) | トップページ | 街は静かに、酒場は和やかに始まる。(2017年1月1日・厨十兵衛) »

2017年1月 5日 (木)

馬でウマイ1年を願う。(2017年1月3日・ロマネット、やまびこ)

 
 
 
 
 
まぁ、
 
その、
 
酉年ですけれど、お気になさらず、どうぞ。
 
 
 
 
えー、新年明けましておめでとうございます。
2017年も「酒 宗夜」をご贔屓にお願い申し上げます。
誘惑箇所の多い中でございますが、
こうして新年から覗いて下さっていると言う事は、
皆さま、至っての粋人でございますな。
たいへんありがたい訳でございます。
相変わらずと言うところ、
気楽なところで一生懸命と言う事で、
仕舞いまで、どうぞお付き合い下さいませ。
 
えー、
一陽来復新玉の春、なんて申しますな。
三が日を過ぎますてぇと、まぁ、日常と…
こう言ってしまうことが惜しい、なんてナ、
月曜日のブルーな気分とはまた違った心持ちが致しますねぇ。
すぐに厄除け祈願、松本でしたらあめ市なんかも開かれる訳で、
そう、
寄席では初席、二之席と続きますので、
まだまだ新春の時節真っ只中でございます。
 
さて、まだまだ2016年の記事が書き切れていないのですが、
ええ、当節「酒 宗夜」におきましては、
特段珍しいことではないのでありまして、
せっかく年明け初高座、一発目ですンで、
年が明けた後の噺でご機嫌を伺って行こう、と言う趣向でございます。
 
 
Dscn4937_base
 
 
今年の年賀状をペラリと載せておきまして、
噺の幕を開けて参りますが…。
 
 
 
 
Img_3469
 
 
元日は新年初呑みと初詣。
翌日は、家人を連れて、初詣。
3日になって、まぁ、様々、多少は落ち着いて参ります。
日取りが良いのか悪いのか、
普段借りているバドミントンコートが、
3日だけ営業しているので、
新年初羽根突き…墨がない代わりに、
随分とハードな運動になりますけれど。
 
このあと、ガットを張り替えているので、
2016年カラーリングは最後の写真。
 
Img_3468
 
今年の1月3日は大安吉日でありましたから、
YOKOさんは靴を下ろしました。
ネットの通販で買った靴、あまり足に合わなかった様で。
 
足の形は人の表情同様にそれぞれ。
どうやら比較的スリムタイプの靴が合わない様でした。
幅が3E表示の靴にしましたが、
同じメーカーの同じ3Eであっても、
カーブの造りが異なる事で、フィット感が違う様です。
やはり、靴は実際に履いて試してみる事が大切ですね。
自分もウォーキングシューズを新調しています。
1歩1歩進んでまた1年と言う事で、
靴を着換える、なんて言うのは、良いことなんじゃねぇかな…なんて今思います。
YOKOさんは足が痛くなるし、
自分のウォーキングシューズはファスナーが完全開放状態で壊れていて、
必要に迫られて…と言う事ではあったのですが。
 
 
 
 
新年、初めての温泉は岡谷温泉・ロマネットとしました。
朝方は雪が降りましたが、
僕らが塩嶺峠を越える頃には、全く路面に心配はいらない状態でした。
 
 
Img_3470
 
ロマネットの玄関に張り出されていた新年のご挨拶。
 
「ロマネットはKeep Clean, Keep Smileを目標に前に進みます」
 
常に清潔感ある使い心地が、僕らに定評があります。
ロマネットの職員さんの見回り、巡回も比較的頻繁ですし、
実践されていることを、更にKeepして行くのだなぁ、と感じました。
 
 
Dscn5296
 
 
併設されている食堂「やまびこ」でお昼ご飯。
バドミントン→やまびこ→ロマネット入浴の流れ、
結構、気に入っています。
 
今日はずっと気になっていたメニュウをお願いしてみる事にしました。
おすすめの鰻のかば焼きやステーキの1280円ではなく、
スタンダードメニュウで最も高額、
されど、とても気になる信州信濃名物の馬肉を使ったお料理を。
 
 
Dscn5301
 
「桜(馬肉)すきやき丼」
 
小鉢、生卵、お味噌汁、お新香のセット。
 
 
Dscn5302
 
 
牛丼なら濃い味付けに見えるであろう色合いですが、
そこは馬肉、味付けは醤油が強い…と言う事はありません。
塩分の感じ方も、どちらかと言うと少なく感じ、
その分、馬味がしっかりと届きます。
馬肉の食感はしっかりとしたもので、
芸能人さんの食レポで「わぁ、やわらかーい!」と、
食べて言うなら「ダウト(それは違う)」と言う硬さですが、
僕は、それこそが最高に旨い硬さ、味わい方であると感じました。
 
噛み締める旨さ。
よく考えると元日も厨十兵衛さんで馬刺しを食べているのですが、
馬肉の味わいが好ましいと思う自分には、
馬の味がちゃんと伝わる事こそ肝要。
 
Twitterに投稿しようと食べながら噛み締めた所で、
ギュッと噛みしだいた所から味が出る。
更に噛むと、もっと出る…
これが何とも言えない美味しさでたまりませんでした。
 
 
Dscn5303
 
 
写真ではよく分かりませんが、生卵掛け後。
これも貫禄の相性でした。すごく美味しい。
 
けして皮肉的な書き方ではなくて、
この硬さが本当に大切です。
印象として以前に鹿肉の煮込みをどこかで食べた際、
結構な食感を感じましたが、それにやや近いでしょうか。
けして柔らかくはないですが、
食べて程好い食感であり、
柔らかい=噛めない、噛む時間が短いものと違い、
きちんと噛むことで味わいを逃すことなく口の中、
味蕾の上で放出させることが出来るものだと思いました。
お値段は張りますが、
今のところ、「やまびこ」のメニュウでいちばん好みです。
是非、また食べてみたいですね!
 
世に言う「やわらかい」より、“やや食感がある”と言うかたち。
すごく良い塩梅で炊いてあるんだ、と言うことをお伝えしたいです。はい。
 
 
Dscn5297
 
 
YOKOさんは「やまびこ焼きうどん」を。
 
スタンダードな醤油味の焼うどんより、
コショウが利いていて、ご飯のお供にもなりそうなイメージ。
焼うどん、ご飯せっとでもOK…と思いました。
 
 
 
 
岡谷温泉・ロマネット自慢のローマ風呂。
いつもよりも新年だからこそ、ちょっと混んでいました。
けれど、
開放感のある円形大浴槽には、
大勢入ってもあまり窮屈な感じがせず、
差し込む光に照って、少し黄色く見えるモール泉系のお湯を、
いつも通りのんびりと楽しむ事が出来ました。
 
当日3日まで、
来館スタンプとロウリュウサウナサービスがない…
…なんて立札を見ていたのですが、
「熱波」と書かれたTシャツを着た職員さんを拝見します。
 
「…はてな?」
 
事情は詳しく分かりませんが「やりますよー、ロウリュウ」との声。
 
色んなご縁があって、
昨年末のロマネットでのリサーチもあって…
ロウリュウ時間は2~3分くらいで、
かつ、途中退場しても問題ないと言う所までは分かっていたので、
「よおし、新年初チャレンジだっ!」とサウナ室に飛び込んで行きました。
 
ロウリュウは熱源にアロマ水を掛けて、
香と共に熱気を高める…と言うもので、
 
「今日はペパーミントです」と大団扇を持った職員さんが、ポツリと呟く…
 
すると、蒸気はあくまで目に見えないのだけれど、
急激に高まった熱気を肌が感じ、更に芳しい匂いがして、
こう、数秒は「アロマを楽しむ心持ち」になるのだけれど、
熱気の強烈さが、もう…何と言うか「熱波」と言う言葉が正しく、と言った感。
一気に汗を掻いて行く感覚もありました。
わりと何も考えられなくなるくらい熱い。
大団扇で扇がれると「ふンぬぅぅぅぅ!!!」と仁王像の様な表情に、
自分がなっているなぁ…と言うくらい、更なる熱さがやって来ます。
何とか、グッと耐えてみてサウナ室を出る時には、ややクラクラッ…と。
いやあ、すごい体験をしました。
その後も、しばらくずーっと汗が引かずに、相当温まっていました。
1度は体験してみたい!…なんて思っていたロウリュウ、
あまりサウナに慣れていない身だからこそ、こんな体験談なのかも知れません。
アロマ付きのサウナ…って、そんなに多くないのかもです。
体調には配慮しつつ、楽しむことが出来る方でしたら、1度は是非。
 
 
 
 
そんなバドミントン初め、温泉初めを果たした2017年。
今年も一生懸命、頑張って行こうと思っておりますので、
何卒、ご贔屓を賜りますように、
重ねて願っておきまして、本日はちょうどお時間。
また次回、お目に掛かりたく存じ上げます。
 
ありがとうございました。
 
ありがとうございました。
 

|

« 年の瀬、戸倉上山田温泉街紀行。(2016年12月28日・大黒食堂、戸倉上山田温泉で3湯) | トップページ | 街は静かに、酒場は和やかに始まる。(2017年1月1日・厨十兵衛) »

温泉」カテゴリの記事

街を食べ歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/64724340

この記事へのトラックバック一覧です: 馬でウマイ1年を願う。(2017年1月3日・ロマネット、やまびこ):

« 年の瀬、戸倉上山田温泉街紀行。(2016年12月28日・大黒食堂、戸倉上山田温泉で3湯) | トップページ | 街は静かに、酒場は和やかに始まる。(2017年1月1日・厨十兵衛) »