« 街は静かに、酒場は和やかに始まる。(2017年1月1日・厨十兵衛) | トップページ | お店の力は、人の魅力。(2017年1月8日・Hop Frog Cafe) »

2017年1月13日 (金)

海の月の満ち欠け。(2016年12月2日・月の兎影)

 
 
 
魚介節で海…ではなく。
 
 
 
 
 
えー、気楽な所で一生懸命と言う所ですが…。
 
えー、実に恐縮ですが、
12月一杯の提供ですので、すでに言の端に残るばかり…
現在は1月の月の満ち欠け、限定メニュウとして、
鯛白湯」なる魅力的な1杯が用意されております事を、
まず、申し上げておきますが。
 
スープに使われる素材と言えば、
骨なら豚なり鶏なり、牛だってある訳でして。
最近では、魚のアラをオーブンで炙ってから、
スープに使う…鮮魚系なんて呼ばれ方をするものもあります。
でも、たいていは、煮干、干し物が主体ですよねぇ。
煮干と言っても、
アジ、サバ、トビウオ、カタクチイワシ、ウルメイワシ…
素材によって味わいは様々。
ブレンドしたり、単独でどこまで主張できるか…なんてしてみたり。
海から獲るものですから、
「海の」と題して何ら問題がないのだけれど、
今回の月の満ち欠け、限定メニュウの素材を見ると、
なるほど、
より海っぽい匂いに満たされている様な…
面白い組み合わせ方に、とても興味を抱いて、
提供早々に出掛けて行きました。
 
そんな一席でご機嫌を伺って参ります。
どうぞ、最後までお付き合いを願っておきますが…。
 
 
 
 
Dscn4712
 
 
聞くからに面白そうな限定メニュウが提供され始めたと伺い、
「月の兎影」にやって来ました。
 
 
Dscn4713
 
 
2016年12月に提供されていたメニュウは、
「甲殻類と牡蠣をスープに使った海風味とんこつラーメン」でした。
 
ベースはきっと「中濃とんこつ」で、
ここに海老、蟹味噌、牡蠣などを合わせたチャレンジメニュウ…
…と言った雰囲気。
でも、海老も蟹味噌も牡蠣もみんな好きなものだし、
いっそワクワクするぞ、と言う心持ち。
 
 
Dscn4714
 
 
「甲殻類と牡蠣をスープに使った海風味とんこつラーメン」
 
乗せられた具も目を引きます。
いつものチャーシューもありながら、
カニカマ、たっぷりのきくらげ。
きくらげは重みのあるスープを吸いはしませんが、
すくう様に持ち上げてきて、プルンプルンの食感が実に旨い、と思いました。
 
蟹味噌感は、自分にはあまり感じられませんでした。
クセがあって食べづらい…なんて事は、けして無い。
よく炊かれた…と言う濃度のスープで、
レギュラーメニュウの中濃と特濃の中間辺りに思います。
海老、蟹、牡蠣…それぞれのエッセンスが上手に溶け込まれていて、
メニュウボードにもキワモノ感があるのですけれど、
特長がありながら、上手な食べさせ方をしてくれているイメージ。
素晴らしいまとめ方であったのでは無いでしょうか。
海風味、と考えると潮の香はあまり感じないけれど、
確かに海、海産物をたっぷり加えた鍋のイメージを感じました。
鍋の美味しい季節、
寄せ鍋に魚介と言うよりも、
贅沢に、豊富なエキスを擁する素材を使った様な…そんな“海風味”を感じました。
 
 
Dscn4718
 
 
限定か、あさりつけ麺をいつも選んでいるからか、
こうして中濃と同じと思われる麺は久し振り。
しっかりと麺にスープが絡み付いて引き上がって来ました。
 
 
Dscn4719
 
 
替え玉。
この時がいちばん蟹味噌感のある匂いが立ち上りました。
自分は「バランス良くて、濃さが美味しい」と思って食べていましたが、
YOKOさんに聞いてみると、
「思ったより、蟹味噌感があるよ」とのこと。
 
…よく厨十兵衛で「紅ズワイガニの蟹味噌和え」を食べていたりする中で、
何と言うか、大好物だからこそ、よく「クセ」と言うものが、
分からなくなっているのかも…とも思いました。
原型はもっともっと蟹味噌を加えていて、
スタッフさんの試食の際、「これはちょっと…」と言う段階もあった模様。
その段階こそ、食べてみたい…なんて感じてしまいましたが、
今がとても美味しかったので、現状がイチバンだったのではないでしょうか。
 
1杯、食べ終わる頃には、かなりの説得力がお腹にありました。
満足感の高い、オリジナリティ溢れる限定メニュウだったと思います。
 
 
Dscn4717
 
 
いつも通り、茹でキャベツを注文していました。
良い箸休めになってくれていました。
スープが濃い分、よりキャベツの瑞々しさが美味しい。
 
 
Dscn4715
 
 
YOKOさんは、
「節と白湯の中華そば」を「白湯多め」でお願いしました。
食べ比べると分かるのですけれど、
これ白湯の量で、全然印象が異なるので、実に面白いンです。
YOKOさん、僕が以前に頼んだものは、味見しているのだけれど、
こうして1杯を全て付き合うのは初めて。
 
「これは、好きな味です(ニッコリ)」とご満悦の表情。
 
白湯多め版は、滑らかクリーミーな舌触りと喉越し、
通常版は白湯量が異なるからこそ、節味が印象的に香って美味しいと思っています。
個人的に替え玉をした瞬間に立ち上る香と、
すくって来る節の匂いの強さがたまらなく好きです。
 
 
 
 
食後は、冬時間が始まった安曇野みさと温泉・ファインビュー室山に向かいます。
冬時間は3月一杯まで…だったのだけれど、
既報の通りで、
それ以前に、リニューアル工事が2月15日からスタートするとのこと。
ゴールデンウィークに入る頃に再開を予定して休館となります。
別の温泉に行ってみると、
ファインビューでお見かけした顔にお会いした事もあり、
しゃくなげの湯もありますしね、
少し安曇野市の温泉事情が変わりそうな気配です。
 
さて、本日はここら辺りがちょうど良い頃合となっております。
また次回、お目に掛かれたならば幸いと存じます。
どうも、
 
ありがとうございました。
 
ありがとうございました。
 

|

« 街は静かに、酒場は和やかに始まる。(2017年1月1日・厨十兵衛) | トップページ | お店の力は、人の魅力。(2017年1月8日・Hop Frog Cafe) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/64757554

この記事へのトラックバック一覧です: 海の月の満ち欠け。(2016年12月2日・月の兎影):

« 街は静かに、酒場は和やかに始まる。(2017年1月1日・厨十兵衛) | トップページ | お店の力は、人の魅力。(2017年1月8日・Hop Frog Cafe) »