« すごい寒さであるし、飲みに出ようか悩んだ挙句、出ることに。(2017年1月14日・信州ばんざい家) | トップページ | 僕ら、この席も好きです。(2017年1月14日・洋酒店醇) »

2017年1月26日 (木)

2本柱?4本柱?(2016年12月16日・らぁ麺しろがね)

 
 
 
つけ麺もあるしさ。
 
 
 
 
 
えー、気楽な所で一生懸命と言う事ですが…
はしご酒の間に挟まりまして、
お馴染み、麺曜日の一席でお付き合い願います。
 
まぁ、よく…柱について申しますのは……
 
柱について、なんて講釈に“よく”なんて事は無いとは思うのだけれど、
「大黒柱」と言う言葉がありますよ。ええ。
1本、太い柱があって家を支える、それを人に例えて、
大旦那を示す様な、そんな扱い方を致しますよねぇ。
 
「らぁ麺しろがね」の「鶏コテ」を食べて来まして、
「醤油」と「塩」で、かなり味わいに差があります。
つけ麺は、この醤油の派生の位置づけなんでしょうけれど、
スープ濃度を上げて提供して下さって、
また異なる美味しさで、実によろしい。
私はどちらかと言えば「醤油」が好みだったし、
YOKOさんは、そう、どちらかと言えば「塩」が好みだ…てンで、
どことなく「2本柱」と言う様なイメージで見ておりましたわ。
 
そこで今日のもう1柱。
いや、本当は「鶏コテ」か「中華らぁ麺」かで、
柱が2本あったんでしょうけれども、
「鶏コテ」で2柱、「中華」で2柱、合わせて4柱。
まだ「中華らぁ麺」の「塩」を食べていないにしろ、
このお店のこの美味しさは、
この4柱が支えているんだなぁ…、
そんな風に感じた…と言う所で、噺の幕を開けて参りますが…。
 
 
 
 
Dscn5107
 
 
「らぁ麺しろがね」へ。
 
YOKOさんの鶴の一声で、休肝日は麺曜日、
金曜日の1杯が決まりました。
 
 
 
Dscn5101
 
YOKOさんは、つけ麺と悩んでこちらで。
 
「鶏コテらぁ麺・醤油+ホウレンソウ+メンマ」
 
「醤油を、1杯ひとりで食べたことがないから食べてみたい」
 
…とのこと。
「鶏コテ塩」は、
「最初はちょっと味が薄く感じるんだけれど、
 食べ進めて行くと、最後にはちょうど良く美味しいと思えるから好み」
 
そう言っていて、では「醤油」はどうか…そんな思いで選んだ様でした。
 
気に入ったメニュウがあると、
限定メニュウもそっちのけで、気に入りばかりを中心に頼んで行くYOKOさんが、
こうして“試してみたい”と思うお店、
「しろがねを気に入っているんだぁ」と思わせます。
 
後述の僕が食べていた「中華らぁ麺」と比べると、
しっかりとした鶏の濃さがあって、
ポタージュ様のスープの重さ、匂いが何とも言えない旨味となって、
口の中に入って来ます。やっぱりウマイ。
 
 
 
Dscn5102
 
 
僕は、「中華らぁ麺+ホウレンソウ+チャーシュー」でお願いしました。
チャーシュー増し160円って、
結構なお安いお値段だと思うのですが、他店と比べるとどうでしょうか。
しかも、鶏コテ用の鶏チャーシューも、
中華らぁ麺用の豚のレアチャーシューも、すこぶる旨いと来ています。
鶏チャーシューはしっとりむっちりした食感で、
胸肉とは思えないくらい良い歯触り。
豚のレアチャーシューも、クニュクニュとしたレア特有の食感に、
縁の胡椒の辛味、刺激がアクセントになりながら、
舌の上で、馥郁たる豚の味わいがたまりません。
長い間スープの上に浮かべておくと色が変わって行くレアぶり。
 
 
Dscn5105
 
 
鶏コテの濃度から、「中華らぁ麺」は水炊きの様な、
鶏の匂いに溢れたお品だと想像していました。
その実は、全く違うものでして。
鶏スープ、醤油、香油の香のどれもとても引き立っていて、
素晴らしいバランスでまとまっているものでした。
麺の香もよく立って、すごく美味しい。
 
「あぁ、4本の柱がある」と思っていました。
 
鶏ベースを売りにする「しろがね」、
鶏の柱の醤油と塩で2本の柱だって、
中華らぁ麺未経験の時分には思っていました。
こうして体験してみると、どれも全く異なっている、
作り込まれた美味しさ、メニュウの存在があるんだと感じました。
 
 
Dscn5106
 
大盛りが120円、替え玉が160円。
「替え玉」をお願いしました。
 
オニオンスライス付き。
 
 
 
こうして文章にして書いていると、
写真を見ることも理由なのでしょうけれど、
あの美味しい匂いの記憶が蘇って来る様です。
 
 
「また食べたい!」
 
 
そう、思わせてくれます。
 
さて、私の出番はここまでとなっております。
先達て「信州ばんざい家」から、
夜の松本はしご酒、続いて伺ったお店でのお話、
語る準備が…
どうやら楽屋の方、出来ている様でございますので、
おあと、お目当てお楽しみに…と言ったところ、
それでは、お暇を頂戴致します。
 
ありがとうございました。
 
ありがとうございました。
 
 

|

« すごい寒さであるし、飲みに出ようか悩んだ挙句、出ることに。(2017年1月14日・信州ばんざい家) | トップページ | 僕ら、この席も好きです。(2017年1月14日・洋酒店醇) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/64811093

この記事へのトラックバック一覧です: 2本柱?4本柱?(2016年12月16日・らぁ麺しろがね):

« すごい寒さであるし、飲みに出ようか悩んだ挙句、出ることに。(2017年1月14日・信州ばんざい家) | トップページ | 僕ら、この席も好きです。(2017年1月14日・洋酒店醇) »