« 憧れていた飲み物を飲もう!(2016年11月12日・8オンス、廣東) | トップページ | はしご酒で興味を駆け上る。(2016年11月12日・洋酒店醇) »

2016年12月22日 (木)

ふわとろとろろの模範を見る思い。(2016年11月19日・ドライブイン赤松)

 
 
 
 
目の当たりにしたその時に、
 
瞬間的に思ったのは、
 
その発想としては、
 
「 ご名答!! 」
 
…と言うこと、
 
メニュウから当たりを引き当てた…、と思った次第。
 
 
 
 
えー、気楽なところで一生懸命と言うことですが…。
 
まぁ、元来、他人様の頼むものにケチなんて付けるべきじゃありませんな。
ええ、そりゃそうです。そうなんです。
うまかろうが、まずかろうが、
食べるのは自分じゃないンですからナ。
家族であっても、これは変わらないものです。そう言うものなんです。
 
YOKOさんが選んだ際に、いやぁ、お恥ずかしながら、
ケチをつけました。難癖を申し上げました。
 
「とろろは止めようよ」と。
 
お蕎麦にとろろ…は、聞きますわ。
駅そばのメニュウにもありますし、
このお店もご多聞に漏れませんが、お蕎麦屋さんのメニュウには、
たいていが乗っかっております。ええ、拝見致します。
思えば、信州人としての某なのか…
ほぼほぼ「もり」を頼みます。寒かろうが暑かろうが。
 
「とろろ」は頼みません。
長芋に何の恨みもございませんが、
かけそばの上にとろろを乗せる、これがアタクシはどうにもダメなんでございます。
貧乏性で括っちまってよろしいのか存じませんが、
とろろを上に乗っけてナ、
つゆの上に広がって行き、下に沈む…これが許せない。
つゆの中に灰燼と消えて、飲み干す勢いで頂かないと、
御代分のとろろを無駄にしている様な心持ちになる訳ですな。
実際には、少しばかりつゆにとろみが付くのですが、
どうなんですかねぇ。「とろろそば」と言えるのでしょうか。
もりそばにとろろを乗っけたり、
うどんの様にぶっ掛けスタイルならば、まぁ、無駄にはなるまい…と思うのですが。
 
そんな凝り固まった考え方を持っているので、
YOKOさんに、そんな進言をしたのですが、
これをすり抜けて、注文を遂げたYOKOさんの采配こそ、実に見事でありました。
 
さぁ、そんな一席を申し上げて参ります。
どうぞ、終いまでのご愉快を願っておきますが…。
 
 
 
 
お馴染みの、
バドミントン→食事→温泉ルートでのお楽しみで。
 
 
Dscn4585
 
 
上高地線「新島々」駅を越えて直ぐ。
深澤酒店までは行かない場所に「赤松」はあります。
 
 
Dscn4587
 
メニュウボードも各席にありますが、
店頭に掲げられているメニュウが、何とも味があって、
食堂らしい雰囲気が、たいへん好ましく映ります。
 
 
Dscn4588
 
 
お茶とお茶請け。
冒頭にも書いた注文のやり取りがあって、
僕らはしばらく待ちます。
揚げたお蕎麦、結構な量がありました。
ほんのり甘くて、ポリポリとした食感。
 
 
Dscn4589
 
 
僕は「セット」の頼み方で。
1日10食限定の「十割そば」を。
 
 
Dscn4592
 
 
「中華そば」は550円と言うお値段。
熱いスープが寒い冬の季節、
またもりそばを食べた後の、少し冷えたお腹を温めることに最適。
麺はやや低加水方向に感じるもので、麺量もやや多いくらい…でしょうか。
油浮きがなく、そうした香味油のコク味がない分、
とてもシンプルで、でもスープが熱くて美味しくて、
セットで食べても、
また食堂的メニュウの玉丼、カレー、もつ煮などとも、
一緒に頂いて、充実のご飯タイムを過ごせること、請け合いの良さ。
懐かし系、鶏ガラ感、ネギ油…うーん、
それらのカテゴリにどこか入らない感覚で、
やっぱり、共通項を探すのならば、
波田「井出の家」にもあった「そば屋のラーメン」然とした、
そんな感じでしょうか。
 
メニュウにある「玉子中華そば」は、
きっと生卵であって、それを入れてもまたウマイんだろうな、と思いました。
 
 
Dscn4590
 
 
「温かいおそば」の中から「とろろそば」は、
肉そばやおろし、山菜そばの800円より、お値段高く950円ですが、
(更に、もつ皿定食の850円より高く、メニュウ筆頭金額)
この見た目、度肝を抜かれました。
 
器こそ、ごく普通のお蕎麦屋さんのものですが、
その面を覆うふわふわに仕上げられたとろろ!
この状態をずっとキープしていて、
そばを引き上げる度に、泡状のとろろが絡む!絡む!
 
とろろ自体に味は付けられていないので、
瞬間、やや薄味に感じますが、その分、とろろの風味が立ちます。
「あぁ、これぞ“とろろそば”と名乗って良い!!」と強く感じました。
とろろを感じ、そばを食す。実に旨い。
 
YOKOさんは中盤から七味唐辛子なども加えて食べていました。
 
 
Dscn4593
 
 
 
この写真、お蕎麦を食べ終わったあとになります。
食べ終わってなお、ふわふわ泡が残っていると言う設え。
こんな1杯があるんだなぁ…と思いました。
実に楽しい。
僕は、前述の思いがあるので、けして頼むことがありませんから、
YOKOさんに、
 
「すごい!どうしてこれを頼もうと思っていたの!?知っていたの!?」
 
…と興奮気味に聞くと、
 
「えっ…うーん、なんとなく。美味しそうだなって思って」
 
…と言います。
 
噺の中には格言の様に、
「男の馬鹿と女の利口がつっかう」と言う言い回しがありますが、
 
女の利口が、そのままつっかわずに通った様なカタチですね。
食べもしないで判断していることは、実に勿体無かった。
 
 
 
 
とても楽しんだ昼食を経て、温泉へ。
この日は乗鞍高原に出掛けてみよう…として、
上高地線のこのルートを選んでいました。
 
久し振りに、湯川温泉・乗鞍高原温泉湯けむり館へ向かいます。
 
駐車場に車を停めて、降りた段階で、
風向きもあるのか、硫化水素型の温泉に香る匂いが漂い、
何とも言えない心嬉しさを感じます。
やはりこの匂い。
浴室で浸っていると慣れてしまって、
そんなに感嘆しなくなるのだけれど、
その日、初めて感じる際には、いつもときめきを覚えます。
 
しばらく来ていなかったのですが、
その間に、男性浴室の手すりが腐食で落ちたみたいで、
手すり部跡地に「注意!」の文字が貼り付けられていました。
カランも腐食が進んでいて、
その成分の強さを目の当たりにします。
酸性泉の少ない長野県の中でも屈指ですよね。
その張り紙を見た時には「管理しっかりしなよ」なんて、
びた一文も思わず、
「流石の名湯、手すりも肩ナシだなぁ」と感心していました。
皮膚への殺菌効果が強く、皮膚病への特効泉。
あんまりにも顔に塗りたくったりすると、赤くなったりしますので、
適度、がよろしいのは相変わらずで…。
 
 
湯上りは乗鞍から一路下って、巣穴まで。
この辺りで、ちょうどお時間となっております。
ご清聴のほど、誠にありがとう存じました。
 
ありがとうございました。
 
ありがとうございました。
 
 

|

« 憧れていた飲み物を飲もう!(2016年11月12日・8オンス、廣東) | トップページ | はしご酒で興味を駆け上る。(2016年11月12日・洋酒店醇) »

ラーメン」カテゴリの記事

街を食べ歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/64657331

この記事へのトラックバック一覧です: ふわとろとろろの模範を見る思い。(2016年11月19日・ドライブイン赤松):

« 憧れていた飲み物を飲もう!(2016年11月12日・8オンス、廣東) | トップページ | はしご酒で興味を駆け上る。(2016年11月12日・洋酒店醇) »