« きっかけが喜びを結ぶ。(2016年11月12日・風林火山) | トップページ | 憧れていた飲み物を飲もう!(2016年11月12日・8オンス、廣東) »

2016年12月17日 (土)

食べたかった、ちょも。(2016年11月18日・ヌプチェ)

 
 
 
ありがとう、復活。
 
 
 
 
えー、気楽なところで一生懸命と言うことですが…。
 
お目当て、と言うものがありますよねぇ。
人を行動に掻き立てるものですな。
同じメニュウは「俺らラーメンちょもらんま」にもある訳ですけれど、
でも、温泉に出掛けて行く都合もあって、
私共なら、やっぱり「ヌプチェ」の方がよろしいもので…
夏期におきましては、
夏向けメニュウ、また豚バラのラーメンの登場で、
一旦、メニュウからなくなっちまったンですね。
それはそれで仕方がないこと…でありますな。
その分、夏メニュウを楽しんで参りました。
 
さぁ、夏を越えて秋になり、冬となった昨今、
お隣さん…様々なブログを拝見させて頂く中で、
お待ちかねの「ちょもラーメン復活」を知りまして、早速出かけて行こうと…
休肝日は麺曜日、金曜日の夜に、いつもの気楽なふたりが出掛けて参りますと、
噺の幕が上がりまして…。
 
 
 
 
 
Dscn4575
 
 
そんな訳で、梓川にある「ラーメン ヌプチェ」に到着です。
 
 
Dscn4576
 
 
「これこれ!これですよ!」
…と喜びながら拝見する店内POP。
 
「鶏と豚と鯵干しを強火でじっくり煮込んだまろやかスープ」
 
先日、家で鶏白湯をスープストックにしようとこしらえていて、
当日は当日で、ワンタンを作って食べたのですが、
結構強火でガンガンに炊いてみたんです。乳化促進も兼ねて。
 
 
Cxsq8etukaaroj
 
 
ラーメンスープならまだしも、普通にワンタンで食べたかったので、
あんまり濃くてもくどかろう…と、
お湯で半割りしても、まだこの見た目、濃度感。
食べ比べると、そのちょもラーメンの濃さの素晴らしさが分かるのですが…
それはそれで、家でも濃厚なスープを取ってみたいですね~。
憧れるまろやかさが、
そうそんな魅力が「ちょもラーメン」のスープにはあります。
 
 
Dscn4578
 
先んじて、餃子を。
相変わらずの旨さ。
本来なら、僕らの好みはこうした薄皮餃子ではないのですが、
この「ヌプチェ」の餃子だけは別です。ホント。
薄い皮でも良い、いや、薄い皮だからこそ美味しい。
そう思うことが出来る数少ない餃子。
 
 
Dscn4581
 
 
「ちょもラーメン+メンマ」にてお願いしました。
 
 
待ち望んだ味わい!
スープのクリーミーさは、丁寧かつ濃厚にスープを仕上げた賜物。
口の中に張り付くような濃さがあり、
そこに鯵の香が乗って、たまらない美味しさがあります。
やっぱり大好物、好みの味!
食べることを第一目的にしていたので、すっかり忘れていましたが、
夏前までは、麺を更に太いものに変えてもらって食べていましたね、僕は。
今も出来るか分かりませんが、可能ならば是非とも!と改めて思います。
けれど、スープの乗りの良さはレギュラー麺の方が、
より良いんじゃないかなぁ…とも感じられ、難しいところ。
 
鯵とは全く異なる毛色の香の岩のりが、また特長的で、
スープの中に溶け、麺と共に上って来て、一味加えてくれます。
 
 
Dscn4584
 
 
替え玉を麺硬めにてお願いしました。
硬めの茹で立て麺は、
歯応え、コシの感じ方がより一層高まって、好きなんです。
 
 
 
Dscn4583
 
 
YOKOさんは、
「海老塩ラーメン+メンマ」にて。
 
海老の香だけでなく、生姜の香が利いて美味しいラーメンだと思います。
海老味噌より、もっと象徴的に生姜が存在感を持っていて、
YOKOさんの好みだと、断然「海老塩」が好きなんだとか。
ちょもラーメンと比較すると、軽いスープだけれど、
世のほとんどのラーメンと比べたら、確実に濃厚な塩スープ。
海老や生姜、麺の味わいから、
実際に食べてみると、程好い濃さを保っていて、秀逸。
YOKOさんは、美味しそうに食べていました。
 
 
 
 
「ヌプチェ」まで来たなら、温泉は、ほぼほぼ決まりです。
その後はいつもの安曇野みさと温泉・ファインビュー室山へ。
この頃はまだ22時までの営業でしたが、
ついに12月から冬時間に入って、21時30分までと営業時間に変更があります。
そうなって来ると、今度は22時まで営業の岡谷温泉・ロマネットへ、
またその近隣のラーメンで?
雪の状況によっては塩尻峠が難しいかも…
色んな要素が絡み始める冬が訪れております。
でも、またちょもラーメンを食べたいし……
そう、仕事をきっちり後腐れなく、定時で終わらせて、
颯爽と帰宅して時間を作れば、オールオッケー…になりますよね。ええ、なりますとも。
 
自然の恵み豊かな信州のことですから、
自然の影響は強く受けるものであります。
 
冬も元気に活動して行きたいな、と思う訳でして。
 
さぁ、本日はここら辺りが程の良い所となってございます。
 
また次回、お目に掛かりますれば幸いと言った所で。
 
では。
 
ありがとうございました。
 
ありがとうございました。


 
 
(追記)
ファインビュー室山、リニューアル工事が入る模様です。
2月中頃から4月終わりまで、全面休館とのこと。
ご注意を~。

Czzaaazuqaatkl3

|

« きっかけが喜びを結ぶ。(2016年11月12日・風林火山) | トップページ | 憧れていた飲み物を飲もう!(2016年11月12日・8オンス、廣東) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/64635684

この記事へのトラックバック一覧です: 食べたかった、ちょも。(2016年11月18日・ヌプチェ):

« きっかけが喜びを結ぶ。(2016年11月12日・風林火山) | トップページ | 憧れていた飲み物を飲もう!(2016年11月12日・8オンス、廣東) »