« 文化の日に安曇野を走る。(2016年11月3日・穂高、安曇野、大王わさび農場) | トップページ | やっぱり、実際に行ってみないと分からない。(2016年9月17日・ロマネット、山彦、古今亭菊生の落語百夜) »

2016年12月 3日 (土)

やっぱり鴨が好き。(2016年11月11日・蒼空)

 
 
 
もはや吸い寄せられる季節とさえ。
 
 
 
えー、気楽な所で一生懸命と言う所ですが…。
 
 
ふたつほど前ンなりますかねぇ、
お馴染み「廣東」の角煮について、申し上げましたのは。
お店毎に名物やお目当てがあるものですな。
こと、南箕輪に本拠を構えます「麺づくり蒼空」さん、
この時期、秋から冬に掛けて、毎年のメニュウがあります。
信州のラーメン関連のブログを見ていて、
何と惹かれたことでしょう。その赤い、何とも旨そうな色!
ひとたび、ふたたび…毎年1度ずつですけれど、
 
―― 困ったことにこのお店は他のメニュウも魅力的なんです! ――
 
「鴨つけ」を食べていますが、
いまや、出始めた報せだけで、こう…梅干の様に、
喉が鳴り、口の中にお湿りがあり、気がはやる。
 
鴨の良い時分だけの提供なんだそうです。
同様に、今回YOKOさんが注文しておりますメニュウは、
ネギが重きを成すものでして、
「ネギが美味しい時期だけ」とメニュウには、小さく書いてございます。
そう言う意味では、今回は旬味を頂いた、と言うことですな。
 
さて、休肝日は麺曜日、金曜日の夜に1日の労働を終え、
急ぎ帰宅し、急ぎ家を出立する。
何も焦ることなどございませんが、
巣穴から出でました気楽なふたりが、ウキウキしてお店の前に立ちますと、
話の幕開きと相場が決まっておりまして…。
 
 
 
 
Dscn4513
 
 
高速道路を使って、「麺づくり蒼空」へ。
下道と言う考え方もアリなのだけれど、
この後に予定している「大芝高原温泉・大芝の湯」が、
22時までと言う事を考えると、1分1秒も惜しい、と言うかたち。
 
伊那I.C.を降りて、程無く到着できることは、
高速道路利用者としては有難いです。
 
 
Dscn4505
 
フランス産の真鴨のタタキが添えられる「鴨つけ」のメニュウ。
僕のお目当て。
YOKOさんも当初、「鴨つけ」にしようとしていた様子でしたが、
気温が下がり始める季節と言う訳で、
暖を取ろうと、予定変更…と言う注文風景。
 
Dscn4506
 
じゃこと水菜のサラダをつまみながら、しばらくの待ち時間。
 
 
Dscn4508
 
 
YOKOさんの注文は「王様中華そば+温キャベツ」にて。
 
 
Dscn4509
 
 
麺は自家製麺が出来るからこそ、
蒼空特製、胡椒を練り込んだ「香辛麺仕立て」でした。
「王様中華そば」参加されている、提供されているお店毎に、
それぞれの顔があって良いものですが、
流石、「麺づくり蒼空」の王様中華そばは、
品が良く、スープの要素もふんだんに感じられるもので、
とても美味しかったそうです。
胡椒由来の辛味は、あまり“辛い”と言う雰囲気ではなく風味として。
胡椒の鋭さと相対するようなネギの美味しさ、甘味、懐の深い味わい…
この組み合わせの妙。
「満足っ」と言う表情のYOKOさんが、
美味しさを、言葉がなくとも伝えてくれていました。
 
 
Dscn4511
 
 
「鴨つけ(麺大盛り)+鴨増し」にて。
 
鴨増しは3枚で410円の設定。
チャーシュー増しより高額ではあるのだけれど、
それだけのものを用意して下さっているし、
何度も南箕輪村に期間中に訪れる事が出来ないので、
この1回に懸ける思いもあって、麺大盛り、鴨増しにて。
1回でちゃんと来年まで待つことが出来るように満足したいものでして。
 
 
Dscn4510
 
 
こちらがつけダレ、つけ麺用スープ。
 
 
Dscn4512
 
 
主役の真鴨のタタキを拡大して。
 
そんな訳で、毎年1回ずつ食べているのだけれど、
年々印象が良くなっている…と感じました。
いつも美味しいけれど、また更に美味しい…そんな風に思います。
今年は麺の歯切れが良く、
コシと捉えると少し違和感がありますね。あくまで歯切れが良い。
喉越しも良く、香り高く、その香はスープの中でもハッキリ感じられるほど。
スープはスープでシンプルな醤油感のあるものですが、
シンプルさの中に豊潤なダシ感があって、例えるなら“統一感がある”と言った所でしょうか。
 
スープ割りをお願いすると、
そのスープがより醤油味の顕著なものだった…と、後から気付きます。
それまでは麺との相性によって、麺の美味しさが立つからこそ、
スープだけで味わう際よりも醤油感は控えめ。
麺を美味しく食べる、ちょうど良いバランスにあると思いました。
 
 
 
 
元気があれば何でも出来る。
美味しいものに出会うと元気になる…と言う訳で、
意気揚々と車で5分ほどの至近にある大芝高原温泉・大芝の湯へ。
 
あんまり食後すぐに温泉に入る…と言うことは、
推奨されていないのだけれど、でも、こうして施設が近いと言うことは、便利に感じます。
 
前回は女性側が騒乱の混み具合だったそうで、
YOKOさんを案じておりましたが、この日はそうでもなかったのだとか。
タイミングが、やはりありますね。
男性側は…そうですね。洗い場こそ少し混んでいましたが、おおむね空いていました。
ミルキーバス、36.4℃で時間までうっとり過ごしたかたち。
実は大浴槽も、よく言われる42℃よりは少し低いので、
全体に入りやすいンですよね。大芝の湯。気に入っています。
 
すっかり満足して、あとは巣穴に帰って寝るだけ…
 
…と、駐車場から少し歩いて、ポケストップとポケモン狩を少々いそしんだところで、
 
ちょうどお時間となっております。
 
ご高覧のほど、誠にありがとう存じました。
 
ありがとう存じました。
 
ありがとう存じました。
 

|

« 文化の日に安曇野を走る。(2016年11月3日・穂高、安曇野、大王わさび農場) | トップページ | やっぱり、実際に行ってみないと分からない。(2016年9月17日・ロマネット、山彦、古今亭菊生の落語百夜) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/64575313

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり鴨が好き。(2016年11月11日・蒼空):

« 文化の日に安曇野を走る。(2016年11月3日・穂高、安曇野、大王わさび農場) | トップページ | やっぱり、実際に行ってみないと分からない。(2016年9月17日・ロマネット、山彦、古今亭菊生の落語百夜) »