« だいたい蕎麦以外も楽しんでいる。(2016年10月10日・信州松本そば祭) | トップページ | 僕は知ってた。僕を知ってた。(2016年10月15日・三幸軒&信州おごっそフェア) »

2016年11月16日 (水)

延長するには美味しい訳がある。(2016年10月14日・月の兎影)

 
 
 
 
 
感じるオリジナリティ。
 
美味しさへの追究。
 
 
 
 
 
えー、気楽なところで一生懸命と言うところですが…。
 
 
ご通可な方ならば、と言う事だと思うのですけれど、
世間皆様と致しましては「初めまして」と言う事も多ございましょう。
「台湾ラーメン」なるものをご存知でしょうか。
 
昨今、メディアに露出されるものの中には、
どちらかと申しますと「台湾まぜそば」の方が、
耳に馴染みがございますかも知れませんナ。
 
こう…大阪メシ、東京メシなんてなァ言葉はあんまり聞かない中で、
「名古屋メシ」と言う言葉があり、
味噌煮込みやあんかけスパ、この台湾ラーメンなど、
名古屋と言う土地は、特有の食文化が花開いている様でして、
実に個性的であります。はい。
 
こと、松本で…となりますと、
元町の「ラーメン郷」さんが昔から扱っておりますし、
また名古屋へは特急しなので1本ですから、
起源であるとされる名店「味仙」で食べておいでの方もいらっしゃいますでしょう。
 
基本の「台湾ラーメン」なるものは、
醤油ベースのラーメンに豚挽き肉やニラ、長ネギやモヤシを辛くして炒めたものを乗せる…
ザックリ言い表しますと、そんなカタチでしょうか。
昨今、カップラーメンの種類の多様化もあり、
そちらの世界でも拝見する様になっておりますね。
ナポリタンやアメリカンコーヒーの様に、
実際に「台湾」にはない、日本…もとい、名古屋が本場のラーメンの一種なんだそうです。
 
さて、南松本駅近くのラーメン屋さん「月の兎影」、
この9月、10月の限定ラーメン、「月の満ち欠けラーメン」、
「あさりスープを使った台湾風ピリ辛ラーメン」、
9月だけの限定の予定が、
好評により10月にも延長されまして…
…そんなお噂を伺い、ぐぅと腹が鳴るなれば、噺の幕開きと相場が決まっておりますが…。
 
 
 
 
 
Dscn3981
 
 
何とか仕事を終わらせ…一時は無事に終わらないんじゃないか、
そんな状況から見事に定時退社を決める事が出来、
達成感と共に、南松本「月の兎影」へ。
 
 
Dscn3982
 
 
「台湾ラーメン」のオーソドックスなものは、
比較的シンプルな、どちらかと言うと鶏ガラ系のスープで、
魚介を含まない様なものに、辛い挽き肉やニラ、ですよね。
そこに来て、「あさり+鶏スープベース」と言う、
あさり、月の兎影の二枚看板の1枚…
このお店だからこそ…のメニュウに違いありませんが、
どんな味になるのか、とても興味深く思って注文しました。
 
YOKOさんはいつもの。
 
 
Dscn3984
 
 
そんな訳で、
「あさりスープを使った台湾風ピリ辛ラーメン」を。
味付き煮玉子(満月)の代わりに、白ネギを増やしてもらっています。
 
台湾風…がすごく良い方向になびいていて、
台湾ラーメンとは違うけれど、
パーツは台湾ラーメンであるのだけれど、
きっとこのお店でないと、月の兎影でないと食べられない、
素晴らしい個性と研究の1杯!…と感じました。
 
 
Dscn3985
 
 
美味しく感じ、「これがポイントだっ!」と思って撮影した、
油、そして挽き肉。
この油の効果が、たいへん香ばしく良い塩梅に感じさせてくれて、美味しい。
普段のあさり…「あさり~潮~」も十分に旨味があり美味しいのだけれど、
そのベースに加えて、辛味と言うより辛香ばしい風味があって、良い。実に良い。
油層が厚いため、油っこい…と思うことなかれ。
こってりとした印象もあまり抱きませんでした。素晴らしい香味オイル。
 
 
Dscn3988
 
 
ニラの存在感もありました。
青々しい雰囲気は、油で焼いて炒めたもの…と言うより、
茹でる様な感覚で加熱されたもの、と思いました。
甘味があって瑞々しく、スープのパワーを程好い方向にまとめている名脇役。
 
結構、夢中で食べ進めました。
なるほど、好評で継続された事も分かります。求心力があります。
濃厚な動物のスープでない分、
軽い食べ心地なのだけれど、挽き肉の旨味が説得力を持っていて。
 
そもそも比較的久し振りの「月の兎影」だったので、
調子に乗りに乗って――…
 
 
Dscn3991
 
 
替え玉はともかく、
 
 
Dscn3989
 
 
「はしっこチャーシュー丼」まで注文していた夜でしたが、
勢いつけて食べる時は怖いですね。ペロリと平らげておりました。
現在11月は勿論提供されていないのですが、
是非、また出会いたいと思う味わいでした。
 
完全にオリジナル、既存ラインと異なる限定もまた楽しいですけれど、
こうしてメインラインに沿った限定メニュウには、
流石のクオリティ…と言えば良いのか、
素敵なセンスを持っている、また卓越した組み合わせ能力を持ってらっしゃる…
…そんな風に思えてなりません。
伺うと毎週食べに来るお客さんも居たんだとか。
ガッチリ胃袋を掴んでますねっ。
 
 
Dscn3986
 
 
YOKOさんは、いつもの…
「辛みそとんこつ・白」を満月抜きにてメンマを増したもの。
 
「ちょうど良い」といつも言います。辛さ。
色んな辛さを求めているYOKOさんにとって、
辛くないとダメだし、辛過ぎてもダメ…
程好い辛さ、好みに合うものって、なかなかない様子。
替えが利かないから、ヘビーリピートがかかる、そんな構造の様です。
 
 
 
 
その日その後、以下の様に呟いております。
 
 
満足の行く働き、ラーメン、温泉、気に入りの炭酸水で、ぷはぁ。
 
 
良い週末の予感を携えながら。
 
本日はここでお開きとなります。
 
ご高覧頂きまして、誠にありがとう存じました。
 
ではまた次回、お目に掛かりたいと存じます。
 
ありがとうございました。
 
ありがとうございました。
 
 

|

« だいたい蕎麦以外も楽しんでいる。(2016年10月10日・信州松本そば祭) | トップページ | 僕は知ってた。僕を知ってた。(2016年10月15日・三幸軒&信州おごっそフェア) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/64500152

この記事へのトラックバック一覧です: 延長するには美味しい訳がある。(2016年10月14日・月の兎影):

« だいたい蕎麦以外も楽しんでいる。(2016年10月10日・信州松本そば祭) | トップページ | 僕は知ってた。僕を知ってた。(2016年10月15日・三幸軒&信州おごっそフェア) »