« 雨の中でも熱い、第2回信州SOUL!(2016年9月18日・Sakefeti 志賀泉酒造特設会場) | トップページ | もくもくと新蕎麦。(2016年10月8日・白山) »

2016年10月22日 (土)

とくべつなクロヒメ。(2016年9月19日・黒姫高原)

 
 
 
貸切。
 
 
 
 
 
えー、気楽なところで一生懸命と言うところですが…。
 
スキー場を貸し切る…なんざ、
ええ、漫画の中の出来事でございますね。
そんなこと現実にあり得ない。
あれですか、
テレビ番組の「逃走中」はテーマパークを貸し切っておりますな。
なるほど、そうした理屈があれば可能かも知れない。
しかしながら、まぁ、
富がいくら売るほどあろうとも、
なかなか大型施設を貸し切りで、独り占めする…
こんな事は、まず起こり得ないもの、と考えておりました。
 
んー、
条件さえ揃えば、「そんな事もない」と言い放つことが出来ようと…。
楽しいも楽しくないも、
世間様が決める事じゃあございませんな。
当事者が楽しいならば万々歳でございます。
 
一目百万本と謳われる黒姫高原、旬花コスモスを拝見しに、
相変わらずのところ、YOKOさんとふたりで行って参りました。
 
駐車場に到着した所で、噺の幕開きとなっておりますが…。
 
 
 
 
Dscn3671
 
 
駐車場に到着。
普段、この先は今上ってきた道が見えます。
霧の中。
 
Dscn3672
 
皮肉めいて言うならば“タイミング良く”、
旅程予定があるから仕方がないのでしょうけれど、
観光バスが停まっている姿、少し切ないですかね…。
もっと天候の良い日に見て欲しかったなぁ、と。
 
いつもはもっともっと奥に駐車するのですけれど、
余裕のポジショニング。
 
 
 
Dscn3673
 
 
YOKOさんは合羽。
 
 
Dscn3674
 
 
自分はポンチョ式。
 
雨具、準備をして来ました。
 
「来る事に意義がある!」と思っています。
 
信州SAKEカントリーツーリズムで、
至近の「松尾」蔵、高橋助作商店さんの社長さんから、
このコスモスの存在を伺ったあの時から、
毎年、欠かさずに訪れています。
景色が綺麗だし、野尻湖を含めて、吹く風の心地好さは、
高原県の信州人としても、より一層澄んで感じられるもの。
 
来たかった。
9月はイベントばかりで、今日しかない。
行くぞ!…と思って出かけて来ました。
 
 
Dscn3675
 
 
リフト券を含めた入場券を買い求め、園内に入ります。
 
リフト券を注文すると、
 
「あっ…連絡しておいた方が良いんじゃない?」と言う楽屋の声が聞こえました。
 
リフト、動いていない模様。
 
 
Dscn3676
 
 
霧で一目百万本とは言えませんが、
灰色の景色の中でも鮮やかにコスモスは咲いていました。
リフト施設へ向かい途中のコスモス。
 
 
Dscn3677
 
 
僕らが向かうまでリフトは停止していました。
 
普段、停止することなどないリフト。
 
流石に、コスモスを見にこの装備でやって来る人はいない…と言う事でしょう。
 
Dscn3678
 
僕らだけを乗せたリフトが動き出します。
 
「乗車チケット、下りの分ももらっちゃいますね」
 
…他に乗り降りする人がいない様子。
普通は展望台から検札されるのだけれど、
「往復券を買ったよ」と話が通っているのでしょう。
 
 
Dscn3679
 
 
霧雨の様な状態で、スタート。
 
Dscn3684
 
霧が深いように見えましたが、ちゃんとコスモスを見る事が出来ました。
 
 
 
Dscn3685
 
 
普段、こちらにはカメラマンさんが座っていて、
写真を撮り、リフトを降りるまでに現像して、
記念として売っているんですよね。
それも毎年だと記念になって良いものなのですが、
この天候では流石にお見えになりませんでした。
貴重なカットの様に思います。
 
 
Dscn3686
 
リフトはぐんぐん木立の中を登って行きます。
 
 
 
Dscn3687
 
 
大雨でもないし、雨具のおかげで寒くもないし。
 
他に誰もいない空間と言うのは、何だか特別な心持ちになって、爽快。
 
 
Dscn3688
 
もう1段、先の景色へもう少し。
 
 
Dscn3689
 
 
普段はより黒姫山の頂に近づいて絶景なのですが、もちろん何も見えません。
 
 
Dscn3690
 
この「普段見えないものを見る」感は実に楽しいです。
 
今日だからこそ、ここにいるからこそ。
 
パーソナルな空間として感じます。
眼下にも誰も歩いていませんし。
すれ違う対向リフトにも誰もいませんし。
気の利いたゲームでも、モブキャラクターはいるものですけれど。
 
 
Dscn3691
 
ゴール地点が霧の中に見えて来ました。
 
 
Dscn3692
 
到着。
ウッドチップが引いてあるので、泥だらけになりません。
 
 
Dscn3693
 
 
温度は15℃くらい。
雨でひんやりしてはいますが、冷え込んだ…と言う訳ではなく。
 
 
Dscn3694
 
 
何も見えない高台の上。
 
普段ならば数多の山々、野尻湖が一望できます。
霧の中だと、この先が全く見えない別世界の様に見えて、
これはこれで絶景。
 
 
Dscn3695
 
 
本当に独り占め、と言う感覚。
ゲームの中にありそうな景色ですよね。ボス前とか。
 
 
 
Dscn3696
 
恋人同士で鳴らすらしい鐘も、
処刑台の様に見えてたいへん楽しいと思いました。
何だかこう、すごくハイテンションになっていました。
「あはははは!!」と笑っても、何にも響きませんし、聞かれる素振りもないですし。
 
 
Dscn3697
 
 
ベルを下げるフックも、ほら、ね?それっぽい。
それっぽいと大っぴらに言える空間も楽しいな、と。
 
ヴァーチャルリアリティなゲームの世界に、
YOKOさんと入り込んだような感覚でした。
アニメの見過ぎですかね?
でも、本当に貴重な心持ちを味わうことが出来たんです。
 
 
Dscn3698
 
シュールで良くないですか?
展望台と言う見晴らしの良い場所、
本来の景色に照らし合わせた山の図面が全く役に立ちません。
 
 
Dscn3699
 
 
展望台にあるポケストップで、ポケモン道具を2回ゲットしたので、
5分ほど楽しんだ模様。
(5分に1回、ゲットできると言う仕様なのでして)
 
早速帰ります。
係員さんも僕らの為に待っていてくれるのです。増長してしまいます。
 
 
Dscn3700
 
下りルートスタート。
 
 
Dscn3701
 
 
登りとは結構景色が違っていて、また綺麗なんです。
 
 
 
Dscn3702
 
降りて来ると、だんだんと野尻湖が迫って来る様に見え…
…見えるんです。晴れていると。
なので、眼下のコスモスを眺めたり。
 
 
Dscn3703
 
雨でコスモスも散り気味ですけれど、でも綺麗なものです。
 
 
Dscn3704
 
 
花畑を空中散歩。
 
 
Dscn3705
 
ゴール地点が見えて来ました。
 
 
 
Dscn3707
 
戻って来ました。
雨、少し止んだ頃合でした。
駐車場に着いた頃よりも人が増えていました。
ちらほらと。
 
 
Dscn3708
 
ご飯をここで食べてしまおう…とゲレ食を。
実は何気にここで食べた事ってないんですよね。
BBQブースは別メニュウで、こちらは経験アリですが、
BBQの屋外テーブルは少し寒々しいな、と今更に思う訳で。
 
 
Dscn3711
 
注文を済ませた後、
待ち時間に信濃町の焼きトウモロコシ、食べてみようかな、と。
 
 
Dscn3712
 
 
今日の品種はピーターコーンとのこと。
 
Dscn3713
 
茹でてあるものに、焼き目を付ける形なんですね。
醤油ダレを掛けながらジウジウと。
 
 
Dscn3714
 
「黒姫醤油ラーメン」は、900円。
ゲレンデお値段!
 
生姜の風味がします。
これは新潟に近い信濃町の土地柄ならでは…でしょうか。
 
 
Dscn3716
 
 
YOKOさんは「カレー南蛮そば」、これも900円。
 
 
 
 
Dscn3722
 
 
続いて黒姫温泉「アスティ黒姫」へ。
 
 
Dscn3717
 
 
こちらも始終貸し切りでした。
じっくり温まります。
 
 
 
 
 
 
 
「 この経験は、正真正銘“本日限定”だな! 」
 
 
…と思います。思いました。
いつかこの日を思い出すと、
とても素敵な心持ちになると思いました。
黒姫高原を貸し切りに出来た気分。
こんな事って、人生に何度ある事でしょう。
 
景色を見に行って、景色を見ていないじゃないかと、
そうは思いませんでした。
ふたりで、こうして体験すると言う事の楽しさを感じました。
 
「住めば都」と言うヤツですな。
昔の方は、ウマイ事を言っておりますよ。
楽しもうとすれば、いつだって楽しいものなんです。
 
「今年もまた楽しんで行こうじゃねぇか!」と心底感じる1日。
 
さて、本日はこれで黒姫、信濃町を後に致します。
またお目に掛かりますまでの暇とさせて頂きたく。
ご高覧の程、ありがとうございました。
 
ありがとうございました。
 
 

|

« 雨の中でも熱い、第2回信州SOUL!(2016年9月18日・Sakefeti 志賀泉酒造特設会場) | トップページ | もくもくと新蕎麦。(2016年10月8日・白山) »

ラーメン」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/64384803

この記事へのトラックバック一覧です: とくべつなクロヒメ。(2016年9月19日・黒姫高原):

« 雨の中でも熱い、第2回信州SOUL!(2016年9月18日・Sakefeti 志賀泉酒造特設会場) | トップページ | もくもくと新蕎麦。(2016年10月8日・白山) »