« 鶏っきりの1杯に、鶏の髄を思う。(2016年9月2日・らぁ麺しろがね) | トップページ | ズギュウウウンッ!…と濃い。(2016年9月9日・がったぼうず) »

2016年9月16日 (金)

信州中野の恵みを楽しもう!(2016年7月30日・三幸軒、井賀屋酒造場)

 
 
 
 
Dscn3154
 
 
9月18日、志賀泉酒造さんの敷地でのイベント直前!
 
 
昨年の様子はこちら!
 
信州SOUL2015(2015年9月21日・志賀泉酒造特設会場)
 
 
この写真は中野醤油のお味噌が欲しくて出掛けた信州中野行、
ちょうど「信州SOUL」のフライヤーが出来ていたので、撮影したもの。
 
あれからあっと言う間に2ヶ月弱。イベント当日目前となりました。
 
中野市を楽しんだ1日を振り返りながら、
 
勝手なものですが、宣伝になれば…なんて思います。
 
どうぞ、信州中野のウマイモンが集まるイベントで、
 
同じ空の下、美味しくお酒を飲みましょうー!
 
 
 
 
 
Dscn3143
 
 
高速道路を駆け抜けて来て、
当日は家でご飯を作るつもりでしたから、
中野市「オランチュなかの」に立ち寄りました。
いつも温泉も含めた帰り掛けに寄るから、
もうあんまり野菜が残っていない状況で…やっぱり午前中に来ないといけませんね。
夏野菜が豊富に出ていた時期。
桃もいっぱい並べられていて、店内に良い香を漂わせていました。
何より、午後の時間帯より随分と活気があります。
冬に多く見かけたきのこ類は、逆にちょっと少ない時期の様子。
 
 
Dscn3144
 
 
中野醤油さんに立ち寄ります。
特吟味噌、淡色味噌、そして季節限定の辛みそを購入しました。
今や、中野醤油さんのお味噌、我が家の必需品になりました。
いつも中野市には遊びに来ているけれど、
更に、理由が増えました。
このお味噌でなくては、ちゃぶ台ひっくり返すってな具合です。
タイミング良く中野醤油の丸山さんにもお会いでき、
前回、買い求めたお味噌が美味しくて、使い切っての再訪である旨、お伝えできました。
情熱が伝わったかの様なお味噌の味、本当大ファンになりまして。
 
 
Dscn3166
 
「辛みそ」は、自家製のものだそうで、唐辛子と合わせているもの。
信州の郷土料理、郷土調味料とでも言いますか…
青唐辛子系、獅子唐あたりとお味噌を合わせて炒めます。
簡単な様で、なかなか美味しく作るのって難しいと思っています。
甘さの具合が繊細なんですよね。辛くて甘いが身上では。
伺うと、冷奴、ナス炒め、卵かけご飯にも。
万能のタレとして使えるそうです。
 
 
 
 
Dscn3145
 
 
続いて、お昼ご飯にお馴染みの「三幸軒」さんに。
 
 
Dscn3146
 
お店の入口には「信州SOUL」の大きなポスターが張り出されていました。
 
 
Dscn3147
 
 
「三幸軒サラダ」
 
 
Dscn3149
 
 
名代名物「五目焼きそば」を。
最近、限定に惹かれて、あんまり辿り着いていなかったメニュウ。
 
 
Dscn3152
 
 
香ばしい匂いがする麺。
これがウマイんです。ご近所にあれば、本当に足しげく通いたい。
1度食べて満足するタイプの料理じゃなくて、
生ある内は、気楽に立ち寄って美味しく食べていたい感じ。
 
 
Dscn3150
 
「らーめん」
こちらもスタンダードなメニュウ。
 
 
Dscn3153
 
焼き餃子もお願いしました。
オーダーが通って行く威勢の良い声を聞いていると、
かなりの率で餃子が注文されていきます。
ウマイですよ、三幸軒の餃子。
大きくて、皮も厚くて、中から肉汁も溢れて来ますし。
何より餡の味が良いです。本当に。
 
…2016年の信州SOULでも餃子で勝負すると、
つい9月10日に遊びに行った際に料理人・上野さん、仰っておりました。
期待して、当日18日を待ちたいと思います!
 
 
 
 
食後の腹ごなしに、
用事のある「岩清水」を醸す井賀屋酒造場付近、
「中町上」の交差点辺りで、ポケモン散策。
 
 
Dscn3155
 
 
あまり中町上の交差点から、中野松川駅方面へは行った事がないのですが、
歩いてみると、南照寺さんまでの間に、
ポケストップが多数あって、ホクホク。
 
Dscn3156
 
井賀屋酒造場さんの横手に回った事も、実はほとんどなくて、
この写真を撮影しました。
以前にあったかなぁ。初めてなのかも知れません。
見覚えがある心持ちなのは、ホームページやイベントでの写真で見ているから…かも。
 
 
Dscn3158
 
 
井賀屋酒造場の販売店に掲げられていた幟は、
新しいものになっていました。
赤が映えます。
 
 
Img_1767
 
「純米五割麹」のラベル。
こちらもリニューアルされています。
(写真は家に持ち帰って後、撮影したもの)
 
Dscn3157
 
店頭には「ごわりんご・にわりんご」と言う、
先達ての食酒楽会で知った新機軸の日本酒のラベル、
製作中と伺ったそれが形になって置かれていました。
五割麹、二割麹のお酒、
リンゴ酸を多く生成する酵母を使っての日本酒。
なので、「ごわりんご、にわりんご」です。
 
「Drop Consecration」は「献身の雫」、
つまり「一滴入魂」を意味する言葉でしょうか。
デザインコンセプトまで伺っていませんが、
どこか白雪姫の様な、魔法に関わる様なデザインに感じます。
日本酒とひと口に言っても様々で、
その中でもオンリーワン、
麹の甘味、旨味と酸の織り成す味わいは、
夢中になる、白雪姫の夢の中に落ちるような…
どうなんだろう、考え過ぎかしら。
また小古井杜氏に、18日に会えますので伺ってみたいですね。
 
 
 
 
 
 
Dscn3159
 
 
帰り道、おぶせ温泉・あけびの湯に立ち寄りました。
前回に比べて、全体的に綺麗になっていました。
設備のベース部分は変わらないけれど、
カランやシャワーヘッドが新調されていていました。
 
 
Dscn3161
 
泉質表示の掲示板も新しくなっていました。
お湯は相変わらずで、熱めのお湯と火薬系の硫黄の匂いがあり、
ガツンと来る気持ちが良いものでした。
 
 
Dscn3164
 
ゲームコーナーもパワーアップしていましたね。
今となっては懐かしいゲーム筐体のマーベルvsカプコンは、そのまま。
この日はデレステなどで遊んでいて遊びませんでしたが、
時間があったら、また遊びたいですね~。
なくならないと良いなぁー…なんて思ってしまいます。
 
 
 
 
 
Dscn3165
 
 
帰宅後、早速オランチュで仕入れた中野市の伝統野菜「ぼたんこしょう」、
そして、中野醤油の「辛みそ」を使って料理をしました。
その最中、「あんまり辛くないだろう」と、
何の根拠もない心持ちで安堵して、
ぼたんこしょうを触った手で、鼻の頭を掻いたら、
その後しばらく、ジンジンとしみる様な痛みに襲われました。
流石の香辛料。
近年、体験した事がないヒリヒリとした痛み。
 
 
Img_1762
 
 
 
YOKOさんから「美味しい」の太鼓判が出ました。
我ながら…と言っても、
味の決め手は中野醤油さんの辛みそ頼りですが、
簡単に良い塩梅で仕上げる事が出来ました。
 
 
 
 
さて、今日はこんなところでお開きとさせて頂きます。
9月18日は、
信州中野、志賀泉酒造特設会場で開かれます、
「信州SOUL2016」にて、
再び、信州中野、また北信の恵みを味わってみたいと存じます。
 
では当日会場で、お会いしましょう!!
 
 
「信州SOUL・sakefeti公式ホームページ」
 
 

|

« 鶏っきりの1杯に、鶏の髄を思う。(2016年9月2日・らぁ麺しろがね) | トップページ | ズギュウウウンッ!…と濃い。(2016年9月9日・がったぼうず) »

日本酒」カテゴリの記事

日本酒 イベント」カテゴリの記事

街を食べ歩く」カテゴリの記事

コメント

明日はがんばりますよ〜中野市を楽しんで下さいね。

投稿: 三幸軒 | 2016年9月17日 (土) 15時27分

上野さん、餃子、すっごく美味しかったですよー!煮込み料理も!雨はあったのですが、あんまり気にならなかったですね~。濡れもしたけれど、でも、楽しい、美味しいが先に勝ちましたね!雨の用意もしっかりあったかと思います。大いに遊ばせて頂きました!

投稿: SOJA | 2016年9月19日 (月) 06時45分

ありがとうございました!楽しんで頂けて何よりです。
昨年よりはバタバタしないでできました(笑)

投稿: 三幸軒 | 2016年9月19日 (月) 11時28分

今回、雨であったのに、みなさん、とっても落ち着いておられて、すごく良いイベントになっていたと思います。前回も良かったのですけれど、それ以上に、すべてパワーアップされていた様に感じました。熱い、素敵なイベントでした~!本当にお疲れ様でした!!

投稿: SOJA | 2016年9月20日 (火) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/64210527

この記事へのトラックバック一覧です: 信州中野の恵みを楽しもう!(2016年7月30日・三幸軒、井賀屋酒造場):

« 鶏っきりの1杯に、鶏の髄を思う。(2016年9月2日・らぁ麺しろがね) | トップページ | ズギュウウウンッ!…と濃い。(2016年9月9日・がったぼうず) »