« 食べて飲んで心からの笑顔は万歳模様。(2016年7月16日・信州ばんざい家) | トップページ | 第8回・北アルプス三蔵呑み歩き(2015年9月5日・信濃大町) »

2016年8月30日 (火)

お目当てが外れながらも。(2016年7月22日・らーめんヌプチェ)

 
 
 
 
ポジティブシンキングをしよう!
 
…と言うほど、重いものでもなく。
 
残念だったけれど、十二分に満足できたお話。
 
 
 
 
 
えー、
「人生とは何か」…なんて人甲斐もなく考えちまったりなんかしてね。
これは代替えなのか。
割り切りなのか。
これ、いつまでも不満に思っていちゃいけないんですな。
何かしら答えを見つけて行かねば…
…なんて、難しいことを考えることもナイんです。
 
気楽なところで一生懸命、相変わらずのところで、ご機嫌を伺って参りますが…。
 
 
 
 
Dscn3087
 
 
家を出る頃合、いやもっと前…
当日どころか、金曜日が麺曜日であるからこそ、
その日のために、「何をどこで食べたいか」は、だいたい頭の中を巡っていて。
 
「ちょもラーメンと餃子だな!」として、
待ちに待って、「らーめんヌプチェ」までやって来ました。
 
ボーリング場の裏にテントと人だかりが見えて、
何か、催し物がある様子。
そして目の前を、餃子のお持ち帰りパックが10くらいは移動して行く様。
 
 
「 すみません、今日は餃子が売り切れちゃって… 」
 
 
 
「 …!…!?…!!!! 」
 
 
声にならないくらい驚きました。
いや、しかしながら、理由は何となく分かるし、
そして「ヌプチェ」の餃子はウマイしね。うん。
同好の士がいてくれたんだろう…と思ったし、
後から来たおじさんも「餃子、持ち帰りで…」と言いかけた所に、
「すみません、実は…」と声を返されて戻って行きました。
 
 
Dscn3077
 
 
 
重なるもので、
お目当ての「ちょもラーメン」は夏季休暇中とのこと。
 
ならば、ならば…と、
基本に立ち返って「海老味噌ラーメン」をお願いすることにしました。
メンマ増しにて。
 
 
Dscn3078
 
 
遥か振りに食べます。
看板メニュウなのに、どうしても他のメニュウに目移りしてしまって。
Tweetベースで記録を漁ると、
同じ敷地内で移転する前、2012年9月21日が僕自身で注文した最後の様子。
そうそう、移転してから少し訪店に間が空いてしまっていたし。
その間に、YOKOさんも頼んでいるとは思うけれど、それでも久し振り。
 
 
Dscn3080
 
 
ちょもラーメンを、極太麺で食べたい気持ちが残っていて、
「海老味噌ラーメン」を極太麺でお願いしました。
 
 
Dscn3086
 
 
替え玉は、ノーマルの麺を硬めで。
 
こう麺を食べ比べると、
ちょもラーメンでは、
極太麺の方が好みに合っていてリピートしているのですが、
海老味噌ラーメンでは、オリジナルの麺がいちばん合っている様に思います。
旨い。ビシッとハマる感じ。
もちろん、スープの濃度や風味など異なっているし、
オリジナルこそ、練り上げられたお店の味だから、
合って当然なのでしょうけれど、でも、だからこそ、改めて選ぶ、
組み合わせる、その美味しさに「すごいな」と思いました。
味噌の風味を更に押し上げてくれる麺の香と、小気味良い歯ざわり。
麺の小麦の香と海老味噌の香ばしい匂いは、実に良い塩梅。
 
スープも昔々の記憶と比べると、「ピリ辛」なんて表記もあった通りで、
ズドンと重みがあり、海老の香ばしさで全体を持ち上げていた記憶より、
ずっとドライな印象を抱きました。ゆえに食べやすさが増した様に感じています。
スープの濃さはたぶん変わりないくらい濃いのだけれど、
味噌の雰囲気が、
より食べやすい味のバランスになっているかな…と言うところ。
うーん!
しばらく食べていなかったからいけませんけれど、美味しいですね。
 
 
Dscn3081
 
YOKOさんは定番化しつつある「つけめん」を。
 
 
Dscn3083
 
スープはこちら。
 
 
Dscn3085
 
 
この日、チャーシューは上に麺の上に乗っておりまして。
これが、とても美味しく感じたものです。
特別誂えのものではなく、
普段はブロック状にして、スープに入れてあるものを、薄切りにして麺の上に。
 
麺は冷やし固められているので、
スープの上に飾った時と比べて、もちろん脂は溶け出しはしないのだけれど、
チャーシューそのものの美味しさを、ちゃんと味わう事が出来ました。
つけめんに限らず、厚切りされた通常時とは異なる状態で、
そのまま食べてみると、しっかりと風味があり、
ハーブ類、生姜、味噌の様なタレにまとわれているんだ…
そう感じるものでした。スープの中では気付かなかった風味。
家でもチャーシュー造りは時折試しているし、
色々やりはするけれど、流石はプロの味わい。美味しかったです。
こうした提供方法も「アリ」です。大いにアリだなぁ、そう感じました。
 
 
 
 
ちょうど「ポケモンGO」が日本でも配信開始された日で、
流石に仕事中に遊ぶ事は出来ず、
帰宅後の数分でダウンロードは出来たものの、
ログインできずに、やきもきしていました。
 
帰り際に、「ポケモン、やりました?」なんて聞かれ、
「ええっ、まだログインできていないんですよ」と返すと、
「あっ、ついさっき家で捕まえちゃいまして」…と言う…
そんなやり取りも、とても楽しかったですね。
こうも意外な展開がいっぱい待っていると、本当、面白く思うんです。
その後、安曇野みさと温泉・ファインビュー室山で、
ようやっとログインする事が出来、ポケモンも手に入れる事が出来て。
 
その分…と言うか、
思い通りに行かなくても、その後にも面白カッコイイ、楽しい事があるんだなぁ。
 
そんな風にも思う一夜のお話でした。
 
今日のところはちょうどお時間となっておりまして。
 
ありがとうございました。
 
ありがとうございました。
 

|

« 食べて飲んで心からの笑顔は万歳模様。(2016年7月16日・信州ばんざい家) | トップページ | 第8回・北アルプス三蔵呑み歩き(2015年9月5日・信濃大町) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/64132356

この記事へのトラックバック一覧です: お目当てが外れながらも。(2016年7月22日・らーめんヌプチェ):

« 食べて飲んで心からの笑顔は万歳模様。(2016年7月16日・信州ばんざい家) | トップページ | 第8回・北アルプス三蔵呑み歩き(2015年9月5日・信濃大町) »