« 豚に合う、花椒でもなく、白胡椒でもないアイツはコリアンダーシード。(2016年6月3日・ヌプチェ) | トップページ | リニューアル(小)、その後のでれ助。(2016年3月25日・ちゃんこつけめんでれ助) »

2016年6月12日 (日)

あんなコッタはコーヒーに狂おしいほど合う。(2016年6月12日・自家焙煎珈琲屋カフェ・シュトラッセ)


あんなコッタ→コーヒー。

で、

ゴクリとコーヒーを飲み終わった後に、

ふわっ

…と甘い香、生クリームの香、コーヒーの香が、

たまらなく広がる。

狂おしいほど愛おしい美味しさ。


気楽なところで一生懸命…と言う事で。
更新の日付が滅茶苦茶である事で個人的に有名である、
ブログ「酒 宗夜」でありますが、
今日の今日で、とっても心が打ち震えましたので、早速更新です!

今日のお茶の時間頃のつぶやき、以下。

朝日村・自家焙煎珈琲屋・カフェ・シュトラッセの
自家製スイーツ新作「あんなコッタ」のコーヒーへの合い方が狂おしいほど好き。
あんなコッタ、コーヒーと口にして、
コーヒーを飲み込んだ後、ひと呼吸おいて、
コーヒー牛乳に近いマリアージュが襲い掛かって来る。
リッチテイスト、ふんわり煮たあんこの旨味…!

…とのこと。


Dscn2696

今日は10時からバドミントンを二日酔いに苦しみながら勤しみ、
そして、たつの荒神山温泉・たつのパークホテルで、汗を流す。
ほたる祭り期間中だから、
もしかしたら昼間でも混むかな…とも考えたけれど、
やはり夜が本場の蛍ですから、
日中は混みませんで、悠々自適な温泉タイム。
すっかり疲れを癒して上々の心持ちでした。

普段家で飲んでいるコーヒー豆、
専らこの朝日村・カフェ・シュトラッセのものを使っています。
中深煎りの「シュトラッセブレンド」と、
深入りの「イタリアンブレンド」がお気に入りです。
朝に香ばしい香が良く、夜はミルクで割って飲むのですけれど、
そうした際の相性も、とっても良い。
日常に欠かせません。

Dscn2698

僕は中煎りカテゴリから「イエメン・モカ・バニーマタル」を選びました。
後半に伸びる柑橘系の香の広がりが印象に残っています。
美味しい。

Dscn2697

YOKOさんは、
運動及び風呂上りの心持ちから、
「アイスカフェ・オ・レ」を選びました。
コーヒー屋さんのカフェオレは、更に美味しいです。
YOKOさん、お気に入りの1杯。

Dscn2700

「あんなコッタ」を上から。

Dscn2699

横からみると、
あんこ→パンナコッタ部→あんこ入りパンナコッタ部に分かれている事が分かります。

これ、本当に美味しかった~!
美味しかったんです!
それそのままでもあんこと生クリームの塩梅が絶妙で、
あんこ、本来は塩を使うものだと思うのですが、
塩の使い方がとてもソフトで、生クリームを引き立てています。
あんこが勝ち過ぎない。けれど、ちゃんと存在していて、小豆の甘い香が良い。

「意外にコーヒーに合うんです」と、
お店のポップには一言書いてありましたが、
合うなんてもんじゃないです。至福の時間を過ごしました。
コーヒーと口の中で合わせる、同時に楽しむ…と言う感覚ではありませんでした。
飲み食べ終わった後に蘇って来る、
日本酒で言う「戻り香」の様なタイムラグに、
最初の組み合わせで感じた際には「おひょっ!?」と変な声が出てしまいました。
小豆も豆は豆だからコーヒーに合うのでしょうか。
あんこの香、パンナコッタ部の生クリームリッチな香、
イメージしてもらうなら、
コーヒー牛乳の組み合わせに近い美味しさなのだけれど、
ひと呼吸置いた後に蘇って来ると言う快感があります。
すごくその…「あっ、返って来た」と思う瞬間の蠱惑的な…
何だかもう、たまらんのであります。本当に好き。素晴らしい美味しさ。
人それぞれに好みとか、
味わいの時間軸とか…色々違うから、
同じ感動を味わえるかどうかって分からないけれど、
でも!
もし、自分に近い感覚を持って頂いてる方なら、
「これか!これを言っていたのか!」…って、納得して頂けると思います。

Dscn2701

アイスカフェオレとあんなコッタを並べると、
2層同士の涼やかな見た目の美しさが演出されていました。


時折、リラックスし過ぎてYOKOさんがうとうとする…
…なんて一幕もありました。

素晴らしい癒しの時間を過ごしたお話を申し上げました。
本日の所は、ここで暇を頂戴致します。
またお会い出来ましたら幸いに存じます。

ありがとうございました。

ありがとうございました。

|

« 豚に合う、花椒でもなく、白胡椒でもないアイツはコリアンダーシード。(2016年6月3日・ヌプチェ) | トップページ | リニューアル(小)、その後のでれ助。(2016年3月25日・ちゃんこつけめんでれ助) »

カフェと四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/63768861

この記事へのトラックバック一覧です: あんなコッタはコーヒーに狂おしいほど合う。(2016年6月12日・自家焙煎珈琲屋カフェ・シュトラッセ):

« 豚に合う、花椒でもなく、白胡椒でもないアイツはコリアンダーシード。(2016年6月3日・ヌプチェ) | トップページ | リニューアル(小)、その後のでれ助。(2016年3月25日・ちゃんこつけめんでれ助) »