« カレーそばと麻婆麺もハマる。(2016年2月27日・廣東) | トップページ | 目は口ほどにものを言った風林火山での出来事(2016年2月13日・風林火山) »

2016年3月 5日 (土)

裏町のアリス、シュークリーム。(2016年2月27日・CASA Alice Springs)


「猫の子いっぴき通さない」

…なんて言葉があるけれど、

猫の子いっぴき迷い込むような、

鯛萬の井戸への通い路に、

そっと佇む、シュークリーム屋さん。


前回からの続きで。

裏町に向かって歩き出した僕ら。
実は裏町ってあんまり歩いた事がありません。
小学校、中学校時分も、
この界隈って宇宙堂本店までだし、
木曽屋さんの田楽は美味しいし、
“女鳥羽の泉”善哉酒造の湧き水も美味しいし…
麺肴ひづきはまだ裏町じゃあない…のかな。
それ以外は、危ない匂いがすると言うか、
子供のころからのイメージもあって、
噂もあって、何だか寄り付かない場所、寄り付けない場所…

けれど、昼間だったら、よろしかろう…と、
一昨日に松本インター付近で、
それっぽい事件もあったばかりだったけれど、
とりあえず、「シュークリームだ!」と思って歩いていました。
そう、基本的に食い気で生きています。

うろうろ、うろうろと歩いて、

「鯛萬の井戸」と言う看板を見つけ、

「あれ、レストランの鯛萬の所にあるんじゃないんだね」

…などと言いながら、

「行ってみよう」と歩いて行くと…。

Dscn1676

「 ここかも知れない 」

…と思う出会い。まず、それを思いました。

お店のお名前は「CASA Alice Springs」と呼ぶ様です。
偶然行き着く事が出来ました。
その通りを北に行って、
そして、戻ろうか…と思っていたので、本当にラッキー。

見ると売り切れにつき、14時頃の焼き上がりを待って開店するとの貼り紙。
その段階で13時30分。
まだ「鯛萬の井戸」も見ていないし、
14時“頃”だから、分からないけれども…
けれど、14時までお散歩を続けて、
もう1度戻って来て、開いていたら立ち寄ろうか…そんな話をします。

Dscn1677


そんな訳で「まつもと湧水群」、「鯛萬の井戸」へ。
「源智の井戸」と同様に整備されているのですね。
お恥ずかしい話ではありますが、全く知らなかったです。
クラフトフェアの当日に街歩きした際にも、
ナワテ、中町、六九辺りは行動範囲にありましたが、
裏町には足を運びませんでしたし…。
まだまだ、松本の見所は色々と隠されていそうですね。

Dscn1678


戻ろうとすると看板が掲げられていました。
確かに、目的地はこのお店に違いない様子。

Dscn1679

元々は「鯛萬の井戸」の看板にも惹かれていたのですが、
この小路に入って行く気持ちは、
「むに」と言う喫茶店の看板も目に入ったこと…がありますね。
どこかのSNSで目にした記憶が浮かんだので、更に興味を持って。
当日も、僕ら以外のお客さんとすれ違うと、
「ここで良いのかな」なんてかたちで、覗き込む様にしてから、
小路に入って行く方を、何度か拝見しました。

Dscn1680

元来、お店が見つからなかったら…の感覚で想定していた北への進路を取り、
1本西の道路へ移動します。
この先にヒカリヤや麺肴ひづきがある通り。
先に行く猫を見つけました。
ジロリ、こちらに一瞥を与えて、スタスタと行ってしまいました。
これに先立って、おそらく別の猫に2匹ほど会っています。
裏町のお店の看板の裏にいたトラや真っ黒い猫。

Dscn1681


麺肴ひづきは、この日がリニューアル開店日。
これまでのメニュウを刷新し、引き継いだものもあれば、
新たなものもあり、内装にも手を加えられたそうで。
14時近い時間帯に僕らは歩いているのですが、
背広を着た男性が、じっくりお待ちになっている姿、拝見しました。
大盛況のご様子。

Dscn1682


「むに」や「アリススプリングス」周辺に戻ってきた際に、
手押し車を押しながらお散歩するおばあちゃんと一緒に歩いてきた猫。

Dscn1683


「にゃあにゃあ」と言いながら近付いてきました。

Dscn1684

触らせてくれそうだけれど、
野良猫さんを触った後に、可能性として手掴みで食べる場合もある
シュークリームを食べる事ができるか…と言うと、どうにも。

その猫は「意気地なし」とでも言う目でこちらを見、
おばあちゃんのあとを追いかけて行きました。

そう言えば、この向かい辺りのお宅のゴールデンレトリバーも見ましたね。
色んな子に会えて、眼福。

Dscn1685

14時のちょっと前、お店が開いていました。
早速、立ち寄ってみます。

Dscn1687


外周を歩いてみても、
それがとても小さなお店である事は分かる訳で。
2人掛けのテーブル席が2組。
座った場所からは歩く人、塀に登る猫も眺める事ができて、
なかなか良い雰囲気でした。

Dscn1686

シュー生地、シュー皮…と言う言葉は、
キャベツ的な意味合いで正しくないかも知れないけれど、
とりあえず、
ショーケースの中には、
空のバケットを含めて、4種類ありました。
パイシュー、クッキーシュー、さっくりシュー、アーモンドシュー。
まだ、クリームは詰められていない状態。
これが100円から150円くらい。

この日は「プレーン」と「チョコ」の2種類のクリームを選ぶことが出来ました。
これが100円くらい。お値段は、クリームによっても異なるのだと思います。

全て、その場で詰めてくれるスタイル。
手間かも知れないし、待ち時間も生まれますが、
だからこそ生まれる美味しさ…ってありますよね。
クリームが別にあるからこそ、
好きな組み合わせでシュークリームを楽しむ事が出来ることは、素敵です。
組み合わせで、一重どころか、二重三重と美味しさの可能性が広がりますね。

Dscn1688


食後のデザート気分で訪れていたので、
コーヒーを。「アリススプリングス」ではエスプレッソがベースとのこと。

Dscn1689


こちらは「エスプレッソグランデ」、少し大きいサイズ。
あとから分かることなのですが、
クリーム、濃厚でした。
エスプレッソの際立つ苦さが、すごく美味しく感じましたね。
とても良い塩梅でした。
ワインもお勧めとのこと。
自分はあまりワインを飲まないからいけませんが、
合わせる飲み物…と言うと、
ブレンデッドウイスキーで、かつピートの効いたもの。
もしくは、度数が比較的高かったり、果実香の強いもの…なんて、
合いそうだなー…と思いました。
そんな味わいのイメージ。

Img_1210


テイクアウトのお客さんが次々にお店になる中、
僕らは店内で食べて行く、そんな注文でお願いしました。
お皿の上に飾り付けられて出て来た3種類。
手前がさっくり、右がクッキー、奥がアーモンドになります。
さっくりとクッキーにはプレーンのクリームを、
アーモンドは香ばしかろうと思って、合わせる様にチョコのクリームを詰めて頂きました。

Dscn1691


手前のさっくりシューの中を開けてみたところ。
たっぷりとクリームが詰められていました。見るからに美味しそう。
プレーン、バニラビーンズの香は適度に、
ミルク感も強過ぎないクリームだけれど、重みはなかなか。
しっかりとしたコク味があり、かなり美味しいと感じました。
さっくりシューは、僕らには特に好みの食感。
「こう言うシュークリームを食べたいね」と言う理想に合致した、
歯ざわりの良い生地です。
クッキーシューは、逆にしっとりさ、柔らかさがあり、
別に家にお持ち帰りしましたが、柔らかなものを好む家人には、とても好評でした。
好みが分かれると思いますが、
それぞれ両極の良さを持っているので、
どちらか、必ず気に入るんじゃないかなぁ…なんて思います。
もちろん、両方気に入ったって良いのです♪

アーモンドは焼き上げられたアーモンドダイスの香がとても良く立ち上り、
クッキー、さっくり共に違うイメージ。
チョコのクリームはシンプルな生クリームにチョコソースと言う組み合わせ。
エスプレッソには、チョコレートの香は特に相性良く感じました。

あっと言う間にペロリと平らげて、家へのお土産2個を受け取って、お暇を。

「面白いお店が出来たなぁ」と言う感覚があります。
「ケーキ屋さん」ではなく「シュークリーム専門店」と言う…
僕の中での位置付けは、「チーズケーキ専門店・オークラ」と同じ位置ですね。
そのお菓子のスペシャリスト的なお店として。
それはそれでも、「マサムラ」のベビーシューも大好きだし、
またひとつ、選択肢が増えて嬉しく思います。

また、シュークリームを買いに来たいですね。
パイシューも食べてみたいし、クリームの新作が出たなら、それも試してみたい。
昼の裏町は、とても静かなもの…
例えば歩く中で、はしご横丁にも行ってみましたが、
(むしろ、最初はそこにあるのじゃないかと足を運んだんです)
いつの間にか、飲み屋ばかりだと思っていた場所、Cafeも出来ていました。
旧来のイメージも、今は昔…と言うことかも知れません。

Facebookにページがありましたので、こちらをご紹介します。
( https://www.facebook.com/CASA-Alice-Springs-911213972260730/ )

木曜日が定休日で、
午前10時から午後4時まで、
午後6時30分から午後10時まで…とはなっておりますが、
シュークリームの完売での早仕舞いや仕込み、
また、特に今現在は夜の営業をお休みしているとのこと。
(状況や日付により営業されている様です。要確認と言うことで)
早い時間のお出掛けが良い様に思います。


|

« カレーそばと麻婆麺もハマる。(2016年2月27日・廣東) | トップページ | 目は口ほどにものを言った風林火山での出来事(2016年2月13日・風林火山) »

スイーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/63301073

この記事へのトラックバック一覧です: 裏町のアリス、シュークリーム。(2016年2月27日・CASA Alice Springs):

« カレーそばと麻婆麺もハマる。(2016年2月27日・廣東) | トップページ | 目は口ほどにものを言った風林火山での出来事(2016年2月13日・風林火山) »