« 春嵐の河津桜に出会う。(2016年2月17日・河津桜反射炉沼津港旅行その1) | トップページ | 河津町は、河津桜だけじゃない。(2016年2月17日・河津桜反射炉沼津港旅行その2) »

2016年3月25日 (金)

かっこいいファストフード。(2016年2月26日・支那そば太郎)


飾らないカッコ良さってありますよね。

「ども」

「いらっしゃい」

「チャーシュー麺、大盛り」

「はい」

しばらくの間。

「はい」

1杯のラーメンが目の前に置かれる。
後からサラダが出て来る。

「サラダです」

「いただきます」

麺やスープをすする音。
また、他の来客の音、別の注文が入る。

「いただきました、お代置いておきます」

店主、目で確認。

「ありがとうございました」

客、立ち去る。

無駄のない、まるで映画のワンシーンの様な空間。

その雰囲気を例えるなら、

「かっこいいファストフード」…の様だと思いました。


松本平の老舗のラーメン屋さん…と言うと、
どんなお店が思い浮かぶでしょうか。

松本だと「あさの」「しず本」「わかまつ」「ラーメン藤」、
「とりでん」「麺屋 直」「鹿児島ラーメン桜島」、
安曇野市なら「トリデン」や「いけまつ」とか、もっとありそうです。
どこのラインで「新しい」と「古い」を分けるかも人それぞれ。
「分福」もどっちかなぁ。もう、ずっと前からある気がします。

不思議な事に住む地域によって、如何に知られた老舗と言えども、
知らなかったり、食べた事がなかったりする…と思うんです。

安曇野みさと温泉・ファインビュー室山に行く、
また同地域なら、松本に住んでいた頃にお世話になっていた、
せきざわ歯科医院に行く、
そうした際に、目にしたことがあったし、
古びた外観にしては並びも出来ていたし、存在は知っていたけれど、
1度も行った事がなかった、聞いたことはあったけれど、
それだけで終わっていた…
「支那そば太郎」と言うお店、僕にとってはそんな位置付けでした。
興味はあるけれど、当てのない“いつか”に行きたい。
そんなところで。

ファインビュー室山の営業時間が冬期時間として30分早仕舞い、
21時30分までとなり、
迷いや罪悪感なく、目的のために、
金曜日に定時ダッシュが出来る様になった最近。
「ヌプチェ」に足を運ぶ中で、
19時30分閉店の「支那そば太郎」にも間に合う事が分かりました。

“分かった、気付いた”…これも何かの縁。

久し振りの初めてのお店で、
ドキドキしましたが、今思えば、それもとても楽しいものです。

Dscn1640



「支那そば太郎」へ。

Dscn1641


壁に掛かるメニュウ。
いたってシンプルな構成ですよね。
ライスや餃子などもなく、ただ麺あるのみ。
「支那そば」か「みそラーメン」か、
そして「チャーシュー」を増すのか増さないのか、
量は通常、大盛、特大か…それだけ。

1ランクサイズアップすると200円増しになる…
これは辰野町小野のみさき食堂と同じ設定ですね。

Dscn1642


L字のカウンターだけのお店です。

Dscn1645


僕は、チャーシューメンを大盛にて。
煮豚系のチャーシューのぶりっぶりに強い食感が、
何とも言えずにウマイですね。
ノーマル状態を頼むのも良いのでしょうけれど、
素直に「チャーシューメンってご馳走じゃん!」って言って喜びたい。
頼みたい心持ちになります。
豚と香味野菜でしょうか…
逆に「鶏ガラのみ」とは思えないスープの旨さと匂い。
後から香味油を付け足すタイプではなく、
スープ、タレとして完成されたものを合わせていて、
自分自身、自作ラーメンを作る際には、
色んな小細工をしてしまうのだけれど、
ごくシンプルに、でも最高に旨い1杯に仕上げてある様に感じます。

Dscn1646


ラーメンだけれど、ご飯ですね。
麺は硬いか、柔らかいか…と問われたなら、
「柔らかい」と答えたい加減ですが、
このスープには、歯応えがしっかりしたチャーシューには、
この硬さがベストであろうと感じます。
丼飯を掻き込む様な快感を、
麺を拾い上げ、頬張って行く、貪る快感は等しいものと感じました。
これは毎日食べても飽きないですよ。
よくそう言う形容詞で例えられるけれど、
本当に、おやじさんの顔を見に来るように、
特別、コメディアンの様に愛想が良いとか、
話好きとかないのでしょうけれど、
日常の中にあって、他に替えが無いラーメン。
そう思うんです。

Dscn1643


YOKOさんは「みそラーメン」を。
茹で野菜は、
茹で置きのものなので、スープの温度は、
やや低くなってしまいますね。
具のほとんどが基本の「支邦そば」に乗らないものばかり。
味噌は甘味が主体で、こちらも麺によく合うものでした。

Dscn1647


他の注文もあったので、
「サラダ」は、ラーメンより後に出て来ました。
お隣のお兄さんの場合は、
ラーメンより先に出て来たことになるから、
それぞれのタイミングで…と言った所でしょうか。
ラーメンのタレを少し感じる醤油味のドレッシングとキャベツの千切り。


ご馳走様でした!

かなり気に入りました。
閉店時間19時30分を前にしても、
ちらほらとお客さんが入り、途切れる事がありません。
この地域の“胃袋を支える”…本当その通りだと思います。

すぐ裏手にある「ヌプチェ」も、
僕もYOKOさんも好みのお店。
美味しいですし、益々迷ってしまいます。

ご案内の方には、
今更…なのかも知れませんが、僕らにとっては新しく知ったお店。
また食べに行ってみたいと思うお店でした。


|

« 春嵐の河津桜に出会う。(2016年2月17日・河津桜反射炉沼津港旅行その1) | トップページ | 河津町は、河津桜だけじゃない。(2016年2月17日・河津桜反射炉沼津港旅行その2) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/63393121

この記事へのトラックバック一覧です: かっこいいファストフード。(2016年2月26日・支那そば太郎):

« 春嵐の河津桜に出会う。(2016年2月17日・河津桜反射炉沼津港旅行その1) | トップページ | 河津町は、河津桜だけじゃない。(2016年2月17日・河津桜反射炉沼津港旅行その2) »