« 週末は落語三昧。(2016年1月30日~1月31日・四柱神社、ばらの湯、レザンホール) | トップページ | 元日と同じ流れで飲み歩く。(2016年1月23日・Hop Frog Cafe, 厨十兵衛, 摩幌美) »

2016年2月 5日 (金)

「なんだか良い」が続いて行くラーメン(2015年11月20日・麺屋 直)


ずーっと、特に意味も理由もないのだけれど、
何となく足が向かなくて離れていて、
たぶん10年くらいは行っておらず…
細やかに味わいを覚えている訳でないのだけれど、
「やっぱり美味しいね」…と思う事が出来る。
それが何より嬉しいみたいです。

安曇野みさと温泉・ファインビュー室山に向かう事が多い、
我らが麺曜日(であり、休肝日)、金曜日。
「麺とび六方」の店先を通る道を南へ進むと、
「麺屋 直」の看板が光っている。

「 昔、行ったりしたなぁ 」

「 私、行ったことないねぇ 」

…なんて会話をYOKOさんと何度かしている内に、

「 じゃあ、食べてもらいたいなぁ 」と思うに至って、訪れました。

そんな訳で「麺屋 直」へ。
19時頃に辿り着きました。
並んだり、待ったり…と言う事はありませんでした。

Dscn0025

「わんたんめん」

YOKOさんが選んだメニュウ。
戸倉上山田温泉の「大黒食堂」のワンタンメンをいたく気に入り、
他のお店においても、
メニュウにあることを探し当てると、
並々ならぬ高確率で、お願いしています。
「直」の味、お眼鏡に適った様でした。

Dscn0026

僕もYOKOさんもメンマが好きで、
それぞれトッピングで「メンマ」をお願いしました。
100円分なのですが、別皿で提供されました。結構な量。
元々のラーメンにも入っているから、好物としてはありがたいばかり。

Dscn0028


僕は「餃子セット」にて。
(餃子・小ごはん・ラーメン・サラダ・おしんこ)

綺麗なスープは相変わらず。
いわゆる「中華そば」なんて呼ばれる類の、
流行の味ではない、
昔から変わらない…懐かしの…なんて例えられるだろう味の系統。

何の不足もなく、現代から浮世離れしている訳でもなく、
ただ、
こう、じんわり1日の疲れを受けて癒してくれる味わい。

そうそう。
先日の「ヌプチェ」で「干し鶏醤油ラーメン」を食べた際にも思ったけれど、
インパクト重視が流行と思われる現代のラーメンの中で、
こうした落ち着きの、対極にある旨さの1杯、すごく大切に思います。
やっぱり旨い。

Dscn0031


麺は中細くらいでしょうか。

Dscn0029

焼き餃子。

Dscn0030

自家製ラー油は、50円のトッピング。
これで味を変えて楽しんでも良いです。

Dscn0024


いつも提供されている訳でもないんだそうですが、
メニュウには「油そば」もあるんですね。


食べ終わって、適度な満腹感、充足感があり、
1杯で「もうしばらく食べなくても良いや」と思わせる説得力はないのだけれど、
差し出がましくなく、
「美味しかったね、また食べたいね」と思わせてくれる感覚。

それは何だと問われたら、
ダシが強いんだ、油が良いんだ、麺が旨いんだ…
何か際立った特長が、記憶に深く突き刺さって、忘れられない…
そう言うものでなく、
この器の中を味わう事が、
言葉になりにくいけれど、
「なんだか良い」が忘れられない…そんな味わい。
良いですね。
本当、また食べたいなぁ…と思う一夜でした。


|

« 週末は落語三昧。(2016年1月30日~1月31日・四柱神社、ばらの湯、レザンホール) | トップページ | 元日と同じ流れで飲み歩く。(2016年1月23日・Hop Frog Cafe, 厨十兵衛, 摩幌美) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/63167634

この記事へのトラックバック一覧です: 「なんだか良い」が続いて行くラーメン(2015年11月20日・麺屋 直):

« 週末は落語三昧。(2016年1月30日~1月31日・四柱神社、ばらの湯、レザンホール) | トップページ | 元日と同じ流れで飲み歩く。(2016年1月23日・Hop Frog Cafe, 厨十兵衛, 摩幌美) »