« 干し鶏と書いて「ホシガラ」と読む醤油ラーメン(2016年1月15日・ヌプチェ) | トップページ | ペヤングとかみなり。(2016年1月11日・みさき食堂) »

2016年1月30日 (土)

放光寺へ歩いて行く。(2016年1月10日・厄除祈願とあめ市、廣東)


歩いてみると、案外、出来ちゃうものだなぁ。

何事も、ひとつひとつ、少しずつでも進んでいれば、進むんだなぁ。

分かっていることだけれど、改めて新しく思いました。

17000歩くらいは歩いているはず…だそうです。

今回は画像の更新量が多く、結構たいへんなのだけれど、

「こうしたい」と決めたことを果たして行きたいと思います。

1歩1歩…と進むことの大切さを感じた日の記録。

歩き出してみたら、今回は存外、簡単だった訳で。

Go the distance…ですね。

新年の新年らしい縁日であった出来事を申し上げます。
気楽なところがよろしいんじゃないか…てンですが、
一生懸命に書いて行く事にしております。

どうぞ、最後までお付き合いくださいませ。

新年の風物詩、三が日のお祝いを過ぎて…ここは神社が賑わいますが、
次いでは、お寺さんが賑わいますよね。厄除け祈願として。
生まれ育った地域に近いことから、
毎年「松本日光山・放光寺」に祈願に出掛けております。
車で途中まで行く…と言う事が多かったけれど、
今年は何の脈絡もない思い付きで、
YOKOさんと一緒に松本駅から歩いて行こう!…と考えました。

Dscn0779


松本駅にて、出発前の計測。
YOKOさんが日頃チェックしているアプリ。

Dscn0780


松本駅を出て北へ。

Dscn0781


「せいこうえん」前。
久し振りに、こちら方面へ来たけれど、結構変わっている…と言う印象。
お店が変わり、町並み、風景も変わる。

Dscn0782


「中央一丁目」の交差点

この角にあった駄菓子とマジックのお店、なくなっちゃったんですね。
思い出のある場所でした。
子供の頃、他に駄菓子を売るお店は、
「巾上」の交差点、白板橋の北側の小路、田川沿いに入った場所にあったお店。
こちらも無くなっちゃいましたけれど、
熱い子供の頃の思い出がありますね~。

Dscn0783


「NOMDOS」の前。
お隣の「麺屋かかし」が安曇野に移ってから久しいですね。
もちろんですけれど、新しいお店が入っていました。

Dscn0784


女鳥羽橋を渡って、お蕎麦屋さん「伝」を過ぎたところ。
交差点は「今町通り」にて。

Dscn0785


「ぶたや」さん前。
美味しいって聞くけれど、実は行った事がないお店。
道の反対側は結構変わりましたよね。
「CREAM」なる喫茶店らしきも見えました。

Dscn0786


「大手一丁目」の交差点
写真には写っていないけれど、右手方向のお肉屋さん「丸勝」のビルの向こうに、
松本城の天守閣がちょっとだけ見えました。
街と国宝との交錯は、現代と過去をまとめたみたいで不思議な光景。

Dscn0787


「ほっともっと」の三角地を県道295号線「常念通り」へ。

Dscn0788


子供の頃からよく通っている道です。懐かしい。
バンタムや宇宙堂、アイドマに行ったり。
あと、高校に通う道でもあったり、
大人になってからは、飲んだ後にもこの道を気分で通ったり。

Dscn0789


提灯屋さん「末広屋」あたり。

Dscn0790


城西病院の裏手。「かつ玄」のテイクアウト店があるところ。
先の交差点「城西一丁目」を右へ。

Dscn0791


城西病院の渡り廊下の下。
交差点「城西病院」を直進。
 

Dscn0792


蟻ヶ崎高校の校庭脇まで、もうちょっと地点。
赤い屋根のところ、昔はお医者さんでしたよね?確か。
古い洋館の様な佇まい。

Dscn0793


谷崎瓦店のお隣あたり。「正麟寺南」の交差点。

Dscn0794


「カメヤ」の脇の坂を登って行きます。
今はクリーニング屋さんとパン屋さん「kune kune」のある場所。

Dscn0795


アルピコバス「宮渕東」のバス停横。

Dscn0796


十字路まで登って来て、いよいよ放光寺への道が見えて来ます。

Dscn0797


次の十字路を過ぎて、更に登ります。

Dscn0798


突き当たりで右に曲がります。
丸ノ内中学校から伸びる「がんばり坂」のその先の急坂へ。

Dscn0799


ここがいちばんの角度でしょうか。
息を切らしながら一生懸命登ります。

Dscn0800


登り切ると一気に心が楽になりますね。
まっすぐ進んだ突き当たりに、放光寺が見える様になります。

Dscn0801


その途中で、城山公園のGallery&CAFE「憩の森」方向へ左折。

Dscn0802


左手に「憩の森」が見えるカーブ。

Dscn0803


そのまま城山公園方向へ。
トイレ休憩もしながら。

Dscn0804


ふと城山公園内の看板を見ると「焼肉禁止」の文字が。
花見時期の風物詩だと思っていましたが、何かあったのでしょうか。

Dscn0805


駐車場から、
「南欧料理Ohishi」方向へ。

Dscn0806


この時点で歩数は6913歩になっていました。
2876歩で始まっていましたから、約4000歩の工程でした。
思っていたよりも、ずっと近い印象でした。
登り坂は、数字以上に疲れましたけれど。

Dscn0807


裏道から放光寺の境内へ。

Dscn0808


露店の配置も毎年の通り…と言ったかたちですね。

Dscn0809


日光山放光寺、お参りの列に並びます。
本堂でのお参りと、六角堂にて願いを込めて唱えながらの一周と。

Dscn0810


帰り道は、正面から。
ちょっとだけ段差のあり方が怖い階段を下って行きます。

Dscn0811


階段を下って、下の道。

Dscn0812


更に進んで、もうそろそろ下り坂が始まるところ。

Dscn0813


先程、登って来た急な所を今度は下ります。
歩いていても怖いけれど、自転車だと更に怖いですよね。ここ。

Dscn0814


十字路を更に進んで左手に。先程来た道を戻って行きます。
この真っ直ぐの道の先には松本城が見える良い眺めの場所。

Dscn0815


美容室「ローランサン」のある五差路。
写真だとあまりよく見えませんが、松本城が見えます。

Dscn0816


カメラのズーム機能を最大にして、こんな感じ。

Dscn0817


「カメヤ」のある「正麟寺南」の交差点まで下りて来ました。
この交差点を今度は東の方向へ。

Dscn0818


塩尻から移転して来たケーキ屋さん「Ichie」前を通り過ぎます。

Dscn0819


その先の「蟻ヶ崎」の交差点を右折し、蟻ヶ崎高校前の通りへ。

Dscn0820


子供の頃から見ているけれど、実は入った事がない「モーリ」前。
カレー、食べてみたいんですよね。

Dscn0821


「蟻ヶ崎高校」の交差点まで下りて来ました。
ここを左折して、松本城方面へ。

Dscn0822_2

実は、卒園生だったりします。
いつも懐かしい心持ちになる場所ですね。
建物も風景もかなり変わってしまったけれど、
教会は子供の頃のまんま…だと思います。たぶん。
松本聖十字教会の前を通り過ぎます。

Dscn0823

「松本城西」の交差点を渡り、松本城まですぐそこの地点。

Dscn0824


北西からの松本城、そしてYOKOさん。

Dscn0832

「松本城」の交差点。
松本城のお堀沿いを抜けて、市街地に入って来ました。
「あめ市」が開かれている縁日。
付近は、歩行者天国になっていました。

Dscn0833


お馴染みの緑町方面へ。

Dscn0834


「ホテル花月」の脇を小路に入ります。

Dscn0839


中国料理「廣東」、
お昼ご飯のため、放光寺より目指して歩いて来ました。

目の前の「蕎麦倶楽部佐々木」の行列は相変わらずだけれど、
流石のお祭り日、2階席もめいっぱいの満席になる盛況ぶりでした。
僕らが訪れた後から段々と混み合って行ったので、
特に長く待つこともなく、美味しく頂いて参りました。

Dscn0836


「酸辣湯麺」

YOKOさんは大好物の酸辣湯麺を。
かなり辛くしてもらって、汗を掻きながらニコニコと食べていました。

Dscn0837


「チリコントン+ライス」

僕は久し振りにこちらを。
ご縁あって「廣東」に行き始めた頃に食べて以来…ですね。
他のメニュウ、月替わりのメニュウなどを食べていて、何気なく遠のいてしまったけれど、
すこぶる気に入りました。気に入り直した…とでも申しますか、
豆の食感の良さ、小気味良さ、適度な辛味、四川山椒の芳しさ。
その当時、僕はあまり花椒の香に慣れていなかったんだなぁ…と思います。
それから、「廣東」さんの麻婆豆腐を食べたりするなど、
多く味わう様になっている最近の感覚で出会う花椒の美味しさは、また別…に感じています。
ご飯をお代わりしたかったくらいだけれど、
食べ過ぎても行けないので、ここは控えて。

ちなみに欧米の料理「チリコンカン」とは異なります。

Dscn0841


その前日にピザを3枚、たらふく楽しんだ
ナポリピザの専門店さん「ヴェルデ」、
ランチ営業をされている…と存じ上げていなかったので、
記録のため、写真を1枚。
流石に今はお腹いっぱいなので、立ち寄れません。
(けれど、食べたい欲求は生まれている)

「 ピザは巻いて、切って食べましょう!(2016年1月9日・厨十兵衛&ヴェルデ) 」
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/201619-df45.html )

Dscn0842

いつものナワテ通りの光景。

Dscn0843

四柱神社の「幸橋」の袂で、偶然maikoさんご夫妻に会います。
すごいです。信州に来ていることは、SNSの情報から知ってはいたけれど、
この人ごみの中で会えますか。会えるものでしょうか。
直前に長野市の東飯田酒造店「本老の松」蔵で蔵見学をされて来たとのこと。
新年の挨拶を始め、また再会を誓って分かれました。

「出会った」と言えば、
町内の若い衆として、おみこしを担いだり、その案内をしたり、
そうした役目のため、威勢の良い格好をしていた、
「アガレヤ」の旦那にもお会いしました。
「あめ市」の起源になった奉納塩とご縁を祈る五円玉を分けて頂いて嬉しかったなぁ。
また、お店に会いに行かなくちゃ…ですね。

Dscn0844

「オールドロック」さんの前に移動販売車がありました。
設立されたばかりの「松本ブルワリー」さんのもので、
ビールの提供はもちろん、フードを揚げる設備も完備されており、
前日に厨十兵衛でお会いしたルミさんが、せっせと揚げ物を頑張っておられました。
「ピザ、食べてきたよー!巻いたよー!」なんてご報告しながら、
僕らはビール。

Dscn0845


「コカゲビール」は、ピルスナーとスタウトの2タップ。

Dscn0847


いただきます!

Dscn0848


木目部分がカッコイイですよね~。
その後、松本城氷彫フェスティバルの際にも出動して、
「アイスバー(Ice Bar)」の提供でも賑わったのだとか。

Dscn0849


「伊勢町」の交差点を南へ。
この先で歩行者天国区域は終了。

Dscn0850


「丸善書店」などを経て、駅まで戻って来ました。
オタクコーナー…と言ってしまっては語弊があるかも知れないけれど、
僕がとっても喜びそうなアイテム群、すごく充実していましたね。
特にガンダムグシオンのプラモデルのサンプルがあった事が嬉しかったです。
Gガンダムならばボルトガンダム、
Wならヘビーアームズなど、そう言う感じのフォルムが好みなので。
YOKOさんも最近はアニメを一緒に見てくれるので、分かるものが増えて何よりです。


お散歩を楽しんだ1日でした。

また来年もこうして歩いて行く事になりそうです。

気に入りました。

|

« 干し鶏と書いて「ホシガラ」と読む醤油ラーメン(2016年1月15日・ヌプチェ) | トップページ | ペヤングとかみなり。(2016年1月11日・みさき食堂) »

」カテゴリの記事

街を食べ歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/63139184

この記事へのトラックバック一覧です: 放光寺へ歩いて行く。(2016年1月10日・厄除祈願とあめ市、廣東):

« 干し鶏と書いて「ホシガラ」と読む醤油ラーメン(2016年1月15日・ヌプチェ) | トップページ | ペヤングとかみなり。(2016年1月11日・みさき食堂) »