« 小諸・須坂の旅 ~其の三~ 中棚荘、常盤館、須坂市動物園(2015年11月29日) | トップページ | ピザは巻いて、切って食べましょう!(2016年1月9日・厨十兵衛&ヴェルデ) »

2016年1月12日 (火)

大晦日、戸倉上山田で温泉のち、つけ麺(2015年12月31日・麺屋たち花)


ふと調べてみると魅力的なお店がいっぱい。


2015年の大晦日。
2014年の大晦日も、僕とYOKOさんは戸倉上山田温泉を訪れていました。

2年目、出来たら恒例にしたいなぁ…と思っています。
公衆浴場の年末の顔が、実に良いんです。

YOKOさんは戸倉国民温泉も気に入っているのだけれど、
僕は特に戸倉観世温泉が好ましく思っています。
広い浴室、その端にある檜風呂から見る景色が好きなんです。
最も広く、観世温泉を見ることが出来る場所。

地元の方が多いと存じます。
まさに“一年の垢を落とす”、やり遂げたと言う福々しいお顔や、
元気な声を聞くと、とても嬉しい心持ちになります。
また、みんな裸一貫のお湯の中、笑顔の中、
その中の一員である事が、何だか嬉しくて。

ただ、今年は時間帯が良かった…良過ぎたみたいで、
昨年よりも、随分と空いていました。
もうちょっと混んでいて、喧騒があった方が“らしいのに”なんて、
贅沢な物思いに耽る時間でした。

さて、お昼ご飯。
昨年はコンビニでサッと済ませてしまったのだけれど、
どこか、お店に入ってみても良いかなぁ…と言う心持ちですが、
例えば、ラーメンで言えば、

大黒屋食堂はお休み、
信州小麦ラーメン・亀屋もお休み、
寸八・戸倉店もお休み…大晦日ですから、そりゃあそうなんです。

新しくなった白鳥園もフードが充実しているけれど、
今日はこのあと、室賀温泉・ささらの湯に行くので、これも避けて…。

Dscn0600


「麺屋たち花」さん。暖簾がかかっていて、「やっています」の文字。

1度、食べてみたいと思っていましたから、
今がチャンスとばかりに飛び込みました。

カウンターだけの小さなお店で、
調理場とは高い壁で区切られていて、座っていると何も見えない感じ。

Dscn0589

「こだわり1」

その分、太麺であるが故の茹で時間、待ち時間を消化するためもあり、
こちらから見えない分、店主さんからもこちらはきっと見えない訳で、
こうした「こだわり」の紙が何枚も用意されていました。

Dscn0590


「こだわり2」

水もセルフ方式でカウンターにグラスがあります。
券売機で注文をするスタイルなのですが、
その表示方法も含めて、
どこか広丘にある「ちゃんこつけ麺でれ助」に、
色んな所が似ている様な印象を受けました。

後から調べてみますと、それもそのはず。
「鳥居式らーめん塾」なるサイトを拝見しますと、
「ちゃんこつけ麺でれ助」さんが第2期、
「麺屋たち花」さんが、第6期の卒業生である事が分かります。
そして、「鳥居式らーめん塾」を運営する「大成食品」さんの直営ラーメン店として、
「麺彩房」さんが紹介されており、
この「麺屋たち花」さんは、
東京都中野区の「麺彩房」さんの色合いが強いお店の様です。

僕は「つけ麺(大)」、YOKOさんは「辛みつけ麺(並)」を注文しました。

大盛と並盛は同額でした。特盛になると100円増し。

Dscn0594

麺がサーブされると、
壁の向こうの店主さんから「麺だけで食べてみてください」と声が掛かります。
お蕎麦屋さんでもありますよね。「水そば」で食べること。
あまりやらないのですけれど、
初めてのお店ですし、試してみたところ、
なるほど、甘味のあるしっかりした麺で、麺そのものの美味しさを感じます。
食感も強さ、歯応えがあるもので、良い感じ。

Dscn0595

YOKOさんの「辛みつけ麺」は、この様な形でサーブされました。
自分で辛さを調整しながら食べる事が出来る様子。

Dscn0598


スープにはオレンジ色の油が見え、海老様の香が届きます。
何かが強烈に強いつけダレではなく、バランスタイプ。
魚介も動物系も、また海老の香もあって美味しいです。
印象に強い麺を上手に包み込んで、美味。
特盛でも、するっと食べ切れちゃうんだろうな…と思うものでした。

Dscn0596


「麺彩房」さんの個性であり、オススメでもあると言う「辛み」と言うもの。
長野バージョンに進化させておられるのだとか。

「でれ助」の旨辛・エビ辛の素も同様の考え方なんだと思えますね。
見た目もよく似ています。
けれど、味わいは「でれ助」の物とは異なり、
双方、それぞれのスープに合わせて美味しく、また個性的な1杯にするべく、
調合している事が分かります。

Dscn0599


「〆セット」用のご飯。結構たっぷり。
これに「辛み」がセットで150円でした。

雑炊の様にして食べますが、
同じつけダレでも、麺とご飯、相方が異なるだけで、
かなり印象が異なります。すっかり食べて満足。


腹心地が良くなり、初めての室賀峠、日陰の残雪は、
今年初めての雪上走行となり、おっかなびっくりしながら、青木村方面へ。
「室賀温泉・ささらの湯」を満喫して、
家に戻り、“お年取り”となりました。


そうそう。
「麺屋たち花」さんでの店内BGMが、
アニメ「魔神英雄伝ワタル」のオープニングテーマ「STEP」でした。
これが流れるだけで、「ワタル」が大好きな自分は、
今でもちょっとだけ懐かしさでウルッと来ます。
1年の〆の日に、思いがけずに聞く事が出来て、ものすごくテンションが上がりましたね!
他にもアニメの音楽が流れていましたが…
はて、あの選曲は…。
「でれ助」では落語のBGMが僕にはたいへん好ましく、
もしかすると「たち花」さんでは、それっぽい音楽が掛かるのかしら…と、
思ってみたりしています。また行ってみなくちゃ!…ですね。

|

« 小諸・須坂の旅 ~其の三~ 中棚荘、常盤館、須坂市動物園(2015年11月29日) | トップページ | ピザは巻いて、切って食べましょう!(2016年1月9日・厨十兵衛&ヴェルデ) »

ラーメン」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/63052690

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日、戸倉上山田で温泉のち、つけ麺(2015年12月31日・麺屋たち花):

« 小諸・須坂の旅 ~其の三~ 中棚荘、常盤館、須坂市動物園(2015年11月29日) | トップページ | ピザは巻いて、切って食べましょう!(2016年1月9日・厨十兵衛&ヴェルデ) »