« 2015年1月11日 - 2015年1月17日 | トップページ | 2015年1月25日 - 2015年1月31日 »

2015年1月18日 - 2015年1月24日

2015年1月23日 (金)

焼きそばにもまた文化があるんだなあ…と思う訳です。


ソースは王道。

そりゃあ分かるけれど、

ひとつの答えを絶対にしては文化なんてぇものは育たない訳です。

新しい味覚を味わう、その感動が明日の文化になる訳です。

これは旨い。


1月17日、日中のお話。

Dscn69791



定期的に通う内科診察を経て、
島内の「山屋酒店」さんへ。
4本ほど仕入れました。
これは後々、ブログに書いて行こうと思います。
諏訪・本金“すっぴん太一”、
塩尻・美寿々・純米吟醸無濾過生原酒、
長野・川中島幻舞・純米吟醸無濾過生原酒、
佐久・佐久乃花・純米吟醸活性にごり…を。

山屋さんに行くと、
駐車場の奥にいる、れお君に挨拶もしたい所ですが、姿が見えない。
なるほど、小屋の奥で丸くなっていまして。
日中とは言え冬の日。
むくむくの毛皮が温かそうでした。

Dscn69811



「豊科温泉・湯多里山の神」へ。
図らずも…では良くないけれど、
10時30分の開店直後に行きました。
すでに先客の方も多く、市街地から近いですもんね~…人気の様子で。
後続も続々と、時間と共に混んで行く様子も体感できました。

11月のリニューアル後は、
内湯を気に入って、長居することが増えました。
これまでは露天風呂の湯口の反対側、
いちばんぬるーい所でのんびりすることが好きだったのですが、
ここ2回、露天風呂は僕にとってはちょっと熱め。
その分、内湯が適温に感じ、
リニューアル後に取り付けられた足場があるおかげで、
半身浴を楽しむことが出来るようになり、
全身、半身、足湯状態の3段階でお湯に浸り、1時間、
とろとろとした肌触りのお湯を堪能しました。
足湯の状態であっても、浴室内に充満する湯気に包まれ、
軽いミストサウナの様な感覚、心地好いですね。

お昼ご飯はどこにしようか。

それを湯船の中で…偶然ですが、
僕もYOKOさんも考えていたみたいであり、
かつ、
行きたいと思ったお店が、同じお店でした。

本日の昼食検討会を行うことなく、松本市内を目指します。

Dscn69821



緑町へ。小松のパン屋さんから甘い匂い。
子供の頃から、この界隈に漂うパンの焼きあがる匂い、
大好きなんです。すごく素敵な場所。

写真から匂いは届きませんよね。
四柱神社もある地域。
是非、お出掛けして頂きたいと存じますね~。

僕らの目的地は、こちら。

Dscn69841


緑町・廣東。
ブログにあった新作焼きそばを食べたくてやって来ました。

広東@どっと混む「焼きそばが3種類から5種類に」
( http://blogs.yahoo.co.jp/kanton_tyuuka/34536252.html )

Dscn69851


柚子の香も心地好かったですが、
ピリッと利いた酸味が、何より素敵だった、
大根の酢の物…ちゃんとした中華料理の名前があって、
教えてもらったけれど…うーん、覚えきれず。
ただ、爽快な美味しさは記憶に残っております!

Dscn69871


「麻婆焼きそば」

これが、これこそが今回の本目的。
元よりある麻婆豆腐メニュウ「麻婆丼」「麻婆麺」、
どちらも、本当絶品なんです。
四川山椒の香、ちゃんとした辛味、豆腐の美味しさが引き立つ味わい…
ご縁があって、「廣東」に行く様になった僕とYOKOさんの中で、
何故行くのか、何故「廣東」に食べに行くのかと言うと、
「あの麻婆豆腐が食べたくなったから」
また「酸辣湯麺が食べたくなったから」…
たくさんのメニュウがあるお店です。
必ずや誰にでも気に入るメニュウがあって、
殊更、案内役になってくれたS木さんとのご縁もあって、
僕らはたまらなく好きなメニュウに出会い…
その、実に魅力的に感じるメニュウの新バージョンとあっては、逃せません。

パリパリの麺の香ばしさと四川山椒の香、
共に良い香同士が引き立て合うんですね。すごく旨い!
徐々に変化して行く食感も楽しく、一皿を食べ終わる頃には、
汗も掻き、至福の時間でした。
ただ辛いってンじゃなく、美味しい辛さに夢中になります。

Dscn69881


「ペペロン焼きそば」

YOKOさんは元からあったメニュウを。
以前に1度食べて美味しかったから…との事で選びました。
てっきり、新メニュウのどちらか…
麻婆焼きそばか、カレー焼きそばか…と思っていたのですが、
期間限定メニュウでは無いのですから、
食べたいものを食べたい時に食べるのが、ベストですよね。
限定物などに惹かれてしまう事がある自分。
YOKOさんのそうした芯の通った選択は、素晴らしいと思っています。

久し振りの「ペペロン焼きそば」、
失礼かも知れませんが「こんなに美味しかったっけ!?」と嬉しく驚きました。
すっかりご無沙汰だった事を惜しく思うほど!
焼きそば同士を並べたからこそ気づいたのかも知れません。
麻婆豆腐の美味しさ、タレ…辛味、山椒…そうした麻婆焼きそばに対して、
「ペペロン焼きそば」は海鮮の美味しさ。
和食的な「ダシが利いた」ではない、
本当、中華料理の神髄的な「ダシが利いた」…
ペペロンの名の通り、ニンニクや唐辛子だけでなく、
色んな旨味が餡の中に内封されていて、十二分な濃厚さ。
塩を基調とした美味しさが焼きそばと絡み合って、
こちらも至福の味わい。
いやはや、YOKOさんのお皿から、何口か奪い取ってしまいました。
やっぱり「廣東」は旨いです。
お気に入りです!

Dscn69891

帰りの山麓線、ファーマーズガーデン内田に寄ると、
愛知県産の菜の花が出始めていました。
まだまだ2月がありますし、
信州は3月だって寒いです。
春は遠いけれど、
足音くらいは、かすかに聞こえ始めている様ですね。

そんな飲みが始まる夜までの、僕らの過ごし方。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月21日 (水)

「今日はこれを食べる日!」って決めて迎える日もあるよね。ね?


メニュウはお決まりですか?

ハイ、ずっと前から決まっていました。


1月16日のお話。

人生に悩みなるものは、付き物。
人それぞれ、十人十色、百人百様、大小様々でありますね。
正月明け、仕事始め、最初の金曜日に、
僕とYOKOさん、共通の悩みがありました。
その結果が、今日に反映されているんです。

「六方」にするか、
「月の兎影」にするか。
( つきのとかげ…と読みます )

ありていに申しますてぇと、何の事はない。
金曜日、食べに行くラーメンのお話。
けれど、悩ましいもので、どちらも食べたい。
天秤棒は真っ平に傾きを知らず、選びようがない。
幸せな悩みですよね~。 食べる事を悩む。

結果は先週のブログの通りで「六方」を選びました。
それは今週の仕事の方が、予定上、より不透明だったからこそ。
早い時間に帰って来る事が出来た先週のうちに「六方」を済ませ、
1月16日は、待ちに待った「月の兎影」の日となりました。
僕らにとって「麺とび六方」は野菜をめいっぱい心置きなく食べる場所。
20時を過ぎて参りますと、
時によって、野菜(小)、脂(小)しか選べない場合もあるので、
どうしても、職場から早めに帰る事が出来た日だけ…となる訳ですね。

目印になるランドマークとしては、南松本駅になるのでしょうか。
南松本駅を最寄り駅として、
分かりやすくは「四川の華」と同じ敷地にある「月の兎影」へ。

Dscn69761

「 あさりつけ麺(大盛り) 」

全てのラーメンに「満月」と呼ばれる味玉が付いているのですが、
今日は諸事情によって満月抜きにしました。
代わりに、どれかトッピング類の中から好きなもの、
半分のトッピングと交換出来るので、半青ネギを選びました。

Dscn69721


たっぷりのスープ。
プリプリと食感の良いアサリと、
脂が融けて、ホロホロを越えて、
ふわふわとさえ感じる柔らかいチャーシューが入っています。
塩が突出された雰囲気ではないのに、麺を浸して十分な味が付されていて、
何よりアサリスープの香が、もう…官能的なまでの仕上がり。
スープ割りもお願いして、大満足でした。
これをずーっと食べたかったです。年明け済ませてからずーっと。

Dscn69711


「はしっこチャーシュー丼塩ダレ」

合わせて頂いたチャーシュー丼。
これも美味しかったですね~。塩ダレ素敵。
「しょうゆダレ」も選べます。

Dscn69741


「 中濃とんこつつけ麺 」

「焼きのり」をトッピングして、YOKOさんは「中濃とんこつ」で。
ラーメンとしての「中濃」とは明らかに仕様が異なっていて、
「中濃」に魚介系風味が加えられ、
「特濃魚介とんこつ」風のつけダレとなっており、
僕とYOKOさん、共々大好きなメニュウとなっています。

Dscn69731


見るからにスープの濃厚さが分かりますよね~。
香も強いです。
器が届けられると「あぁ、これから食べるんだ」…と言う、
期待感でたまらなくなるくらい、魅惑的なスープの香。

Dscn69771


それぞれに「半ゆでキャベツ」のトッピング。
これも止められませんね~。
野菜は僕らの生活の糧。
付け合わせに良し、そのまま食べても良し。


この日、「ファインビュー室山」に行きたい心は持ち得ていても、
前日昼過ぎから降り続いた雪の影響で、道路は大混雑大渋滞。
実際「月の兎影」までやって来るだけでも、
普段は30分くらいで到達できる距離なのですが、
この日は1時間ちょっと掛かってしまい、運転そのものにも疲れてしまいました。
「温泉、諦めようか」…と言う案。
最初は有力でしたが、思いつきました。妙案。
今が「月の兎影」の近くであるならば、天然温泉ではないものの、
「林檎の湯屋おぶ~」があるじゃないか、近いじゃないか、
「じゃあ、行ってみよう!」

…と、2012年09月14日ぶり、2回目の「おぶ~」へ。

炭酸泉、酸素泉などを経て、ジャグジーで全身をほぐし、
特に気に入ったのは露天風呂の中、
北投石、ペイトライトの露天風呂が極上のぬる湯で、のんびりできまして。
身体が熱くなって来ると外気で冷やして、
ぬる湯でぬくもることの繰り返し。一週間の疲れを融かしました。
特にYOKOさんは雪掻きをめいっぱい集中して行ったが為に、
肩にダメージを追っていたので、しっかり揉み解して来た様子。良かった良かった。

そんな休日目前のお話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

初茶会に行くと眼福となります。


お茶会に行くのに、目が幸せとはこれ如何に。


僕の興味は、ハッキリしていて、
日本酒やウイスキーを始めとするお酒関連か、
温泉関連か、落語関連か。
もう、ごくハッキリしていると思います。
「お茶会に行く」と自分で言葉を発する際に、
連想するのは、落語寄りの発想ですね。
「お茶汲み」とか「茶の湯」、「茶金(はてなの茶碗)」とか。
そう言えば「江戸の夢」もお茶の噺ですね。茶葉の方だけれども。

YOKOさんが裏千家の流儀でお茶を習っていて、
四季時期にお呼ばれ…お茶席が設けられていて、
自分も一緒に出掛ける事があったりします。

2015年1月11日、長野縣護國神社にある「美須々会館」にて、
「裏千家淡交会初釜」が催されており、
昨年に続き、参加して参りました。

Dscn69541

Dscn69561

掛軸も名のあるものが多く、床の間の飾りもちゃんと意味があります。
羽二重餅も食べました。写真に撮り忘れてしまったけれど。
最初は、牛蒡が入ったお菓子と言う衝撃に驚きましたが、
今となっては、「美味しいもの」として認識。
違和感なく、頂戴しております。

Dscn69571

「羊」のあしらいがある干菓子。
柚子の香が挟まれていて、とても美味しく頂きました。
この文様が、どこか「秋田・新政」のお正月酒の文様に近い印象。

Dscn69581


写真では表しきれていませんが、
この日、僕自身が「あぁ、これは良いなぁ!」と、
特に思ったもののひとつ。お菓子用のお皿が、
とても素敵な赤い色を湛え、また色はハッキリしているのに、
木の凹凸、個性は浮かび上がる様に存在感があり、眼福至極。

Dscn69591


Dscn69611



Dscn69621


様々な字に触れられるのも良いですね~。

YOKOさんは身について所作を覚えていますが、
自分は年に数回と言う事もあって、作法を習得していないものですから、
なかなかどうして、YOKOさんに教えてもらいながら、
場に浮いている心持ちもありながら、
お茶を嗜む…お茶を口にする、お菓子を口にする為と言うよりも、
こうした名のあるお道具を見に、
足を運んでいる様は、「花より団子」とも、ちょっと違うのかも。
「お茶より茶器」と言った形です。
けれど、普段目に出来ないものを拝見するのは、とても楽しく刺激になります。

そうそう。
この日、とても素敵な帯も拝見しました。
招客席にお座りになられる様な先生の帯。
きらびやかなお着物が多い新年の席に、
淡いクリーム色のお着物に合わせて、
黒を基調とした帯ですが、
菊花と花火を掛け合わせた様なバックデザイン。
うーん!思い出すだけで見事なものでした。
出来たら、写真に収めたかったですね。

週に1度、お茶、茶道のお稽古をしているYOKOさんには、
日常に近いかも知れないけれど、
僕にとっては、異世界に連れて行ってもらっている感覚です。
静かな中に厳しさ、佇まいの美しさがある世界。
楽しみました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月11日 - 2015年1月17日 | トップページ | 2015年1月25日 - 2015年1月31日 »