« 2015年8月2日 - 2015年8月8日 | トップページ | 2015年8月30日 - 2015年9月5日 »

2015年8月9日 - 2015年8月15日

2015年8月15日 (土)

HOP FROG CAFE , 美術館と銭湯の間に、クラフトビール!(2015年8月13日)


8月8日オープン!

開店して、
瞬く間に、松本の飲み手さんのTwitterが賑わいましたね。
我らが松本に、
新たに、クラフトビールを主体としたお店がオープン!

僕とYOKOさんは、店名も、正確な場所も知らずに出掛けていました。
でも、それでも、とても行きたいと思っていました。

興味があったからこそ…
僕の興味に色んな方が応えてくれて、
そして、たっぷりの情報を得る事が出来ました。

定休日も水曜日だと結果として知る事が出来、
営業時間も14時から22時までの通し営業、
ビールのタップ(注ぎ口・液種数)が10個もあると言う、
聞けば聞くほどに心が募ります。期待します。

「口コミ」と言う言葉は、
本来は、井戸端会議だったり…
顔と顔を合わせて広がって行くものだと思うのだけれど、
現代においては、
今回、僕にとっての口コミは、
Twitterでの、みんなの声でした。

店名は行ってみて初めて知り、
場所は、そう、Twitterで
「美術館と銭湯の間」と言う、素晴らしい飲み手のひとり、
ゆ~さんのコメントを見て知りました。

だからこそ、
僕らが携えて行ったワクワク感は、
僕らだけで形作ったものではなくて。

みんなに連れて行ってもらった気分でした。

松本クラフトビール「HOP FROG CAFE」へ。

Dscn91401


今回僕らが目指したお店、
「HOP FROG CAFE」、場所は…
いちばんのランドマークはどこだろう…と考えますと、
老舗の銭湯「菊の湯」さんなのかも知れません。
そのお隣に、お店を構えております。

古めかしい「塩井の湯」も素敵ですけれど、
「県の森」に通じる広い、主幹の道路沿いで、
昔ながらの銭湯と言う文化がある…と言う尊さ。
だからこそ、目立ちますよね。
はす向かいには、「まつもと市民芸術館」、
並びには、やや遠くに「松本市美術館」、
近付いて「COCOS」とあって、
お花屋さんがお隣に、「HOP FROG CAFE」を間に、菊の湯と言う立地。

これからお店に入って、
店内、カウンターでクラフトビールを楽しむ訳ですけれど、
人通りも車通りも多い道、
カウンターから見る景色は、常に変化があって楽しかったですね!
新しいお店と言う事もあって、
多くの方が興味ありげに眺め、立ち去ったり…
また、若い女性はキャアキャア言いながら、
好奇心旺盛に、立ち寄って行ったり。

街の中に、新しい命、お店が生まれたんだと、
カウンターでクラフトビールを楽しみながら、そう思っていました。

Dscn91321



開店しての第1弾ラインナップは、以下の10種類。

1:長野・志賀高原ビール 其の十IPA
2:長野・志賀高原ビール インディアンサマーセゾン
3:長野・南信州ビール アンバーエール
4:長野・ヤッホーブルーイング 東京ブラック
5:長野・オラホビール ヴァイツェン
6:神奈川・ブリマーブルーイング カリフォルニアコモン
7:山梨・富士桜高原麦酒 ピルスナー
8:神奈川・サンクトガーレン 湘南ゴールド
9:埼玉・こぶし花ビール  ベルギーホワイト
10:日本・サントリー プレミムモルツ

この中から、
僕は、志賀高原ビール・其の十、
YOKOさんは、
ブリマーブルーイングのカリフォルニアコモンをお願いしました。

手前が志賀高原ビール、奥がブリマーブルーイングですね。

「其の十」はパワフルな感じ、
アルコール度数7%の強さに裏打ちされる押味の強さがあります。
「カリフォルニアコモン」は、バランスの良いタイプに感じました。
軽快さ、シャッキリした飲み心地がある中で、
鼻に抜ける香は厚みがあるもの。YOKOさんも笑顔でグラスを傾けていました。

10番のプレミアムモルツ以外は、
300mlのラージサイズが900円、
200mlのレギュラーサイズが600円でした。
(写真はラージサイズ)
飲んでみた感じ、
レギュラーサイズでも十分な量があります。

均一のお値段、分かり易くて良いですよね。
喫茶店と言う側面も持っているからか、
テーブルチャージも設定されておらず、
本当、何杯飲んだから、いくら払う…と言うのは、
利用しやすい様に感じています。

グラスもただ提供するのではなく、
1度、水に浸してからビールを注いでいました。
ひと工夫、ひと手間を掛けて、提供して下さいます。

Dscn91331


フードから、
「野菜のおつまみ盛り合わせ」をお願いしました。

本日のサラダやグリーンサラダ、
ピクルス、あっさりポテトサラダなどの野菜の肴が多く、
ピクルスの300円を筆頭に、他400円~500円。

ミートローフ、ローストポーク、カナッペなどもあり、
ミートローフは1000円、ローストポークは800円、
どれもリーズナブルに感じられる値段設定です。
「野菜のおつまみ盛り合わせ」も、500円!…と思うと、
とても量があり、種類があり。

酸味が強いピクルスは、
コリンキーなども使われていて食感も楽しく、
トマトは味が入ったもので、
素の味を楽しむ「冷やしトマト」もまた美味だけれど、
こうしたちゃんと味のする、料理であるトマトも美味しいなぁー…と思ってみたり


お野菜や豚肉をトマトで煮たものは、
本当…酒肴と言う感じで、ちょいちょいとすくって、ビールを飲み、
またちょいちょいとすくう、口に運ぶ…エンドレスで楽しむ事が出来ていました。

このワンプレート、
相当に長く、しっかり楽しむ事が出来ました。

Dscn91351


続いて、
僕はサンクトガーレン・湘南ゴールド、
YOKOさんは、志賀高原ビール・ISS(インディアン・サマーセゾン)を選びまし

た。

湘南ゴールドの果実味、サッパリした味わい、たまりませんでした。
ホップが効いたビールにあるオレンジ様の香とは、
勿論異なる「湘南ゴールド」の果実の香は、柔らかな甘味を湛えていて、
…でもジュースの様でもなく、
ラガースタイルなどの苦味の美味しいビールらしさに溢れている訳でもなく、
軽やかなラインをずーっと心地好く飲ませてくれる1杯。

ISSは、個人的には独特の旨味がある様に思っているビールです。
フードに合わせて、その旨味が生きて来る…と思っているのだけれど、
YOKOさんはどうだったのでしょう。
聞いてみると、濃さもありながら、それを感じさせない軽さもあって、
とても良かった…とのこと。

Dscn913711


あっさりポテトサラダ、これとても気に入りました。
次回も、必ずお願いします。

最近、自分でも色々とポテサラを作る中で、
やればやるほどに…
自分で作ってみれば見る程に、
色んなお店で美味しさが異なっていて、バリエーションがあって、
興味深い料理なんだなぁー…と感じること、ひとしおで。

練り上げられた様な、とろけるペースト状のジャガイモと、
形がある程度残ったジャガイモがそれぞれ存在し、
キュウリに塩気を強く感じるのだけれど、
それがアクセントの様に後まで味の良さ、美味しさを引っ張り続けて、
そこに、ジャガイモの甘味が乗っかって来る印象。
実に、美味しいです。
添えられた人参をマスタードで和えたもののお味も良く、
これ、単品でも良さそうな感じ。もっと欲しい♪

Dscn91381



続いて、
僕は、ヤッホーブルーイング・東京ブラック、
YOKOさんは、こぶし花・ベルギーホワイトを。

初めて東京ブラックを飲んだのって、
実は「ウイスキーマガジンライブ」のビールコーナーであって、
ドラフト、樽生で飲む初めての黒いビールだったんですね。
それまで瓶で飲んでいたものも好みだったのだけれど、
それ以上に、好きな部分が更に伸びて、
香ばしさと甘味が段違いに良くて、感動した日、あの日を思い出しました。
「そうそう、この香ばしさ!」

こぶし花ビールは、先日の「ふるさとグルメ博」で出会っていたビール。
軽やかさに特長を感じて、記憶に残っています。
このベルギーホワイトも、その記憶に沿った味わいで、
どこか、そっと甘味が後味として残っている爽やかさなんですね。
これは美味しい。


営業時間は、14時から22時。
カフェとビアバーを分けて営業しているのではなく、
どちらも常時、楽しむ事が出来るようです。
コーヒーだけでも良いのでしょうし、ビールだけでも良く、
両方だって良いですよね。
僕らも家に帰った後に、コーヒーを楽しむ事が多いので、
今度はお願いしてみたいですね~。
コーヒーは折々2種類の豆から選ぶ事が出来る様で、
スイーツもメニュウの中には見つける事が出来ました。

水曜日が定休日とのこと。

木製のカウンター、採光の多い明るい店内、
マスターさん方、とても気さくな雰囲気でした。
気取らず、楽しんでカウンターに立っておられる様な、そんな雰囲気。
楽しい、楽しもう…その空気が伝わって来る感覚でした。

これからがとても楽しみなお店が出来ましたね!
営業時間の広さも、とても重宝しそうです。

例えば、
いつもより早い16時台の電車に乗って松本に行き、
こちらで1杯、2杯を楽しんで、17時30分や18時と言う、
日本酒専門のお店の開店に合わせて流れて行く…なんて事も出来る訳です。

良いです。実に良い。
クラフトフェアだったり、そば祭りだったり…
市内のイベントに出掛けた時にだって、立ち寄る事が出来るんですよね。
そう、なんて素晴らしい!



Dscn91411


さてさて、その後の僕らはいつもの通りで、
酔い酔いの心地の中、四柱神社お詣りをして、
辰巳の庭の百日紅と思しき花が、とても綺麗で。
お散歩をして、街を楽しんだのでした。

…とても気分が良く、
六九商店街のバンタムでプラモデルを買ったり、
石井スポーツで山の道具を買ったり、
更に調子に乗って、
厨十兵衛、摩幌美とはしご酒に勤しむのですが…
それはまた別の機会に。


「 HOP FROG CAFE 」

https://www.facebook.com/hopfrogcafe/

↑Facebookのページ

http://hopfrogcafe.blogspot.jp/

↑公式のブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

通勤経路にナポリあり。(2015年8月8日)


外からピザを焼く石釜が見え、

窯の中に火が煌めいている。

夜、暗がりの中を通っていると、

その光と言うものは、とても惹かれるものがある訳で。


最近、広丘にイタリアンの流れがありまして。
餃子屋さん「えんえん」の並びにある
「RISTORANTE PIZZERIA NAPOLI(ナポリ)」、
新しく出来たお店です。
広丘駅前から近い「原新田」の交差点には、
9月オープン予定で、イタリアンと自然派ワインのお店が、
着々と建設中。

以前は行った事がなかったけれど、
「口福広場」と言う食べ放題のお店があった場所。
これを改装して、イタリアン料理店が出来た様子は、
ちょうど通勤経路にある分、
改装中も、開店後も、何度となく様子を見ている訳で、
やっぱり「1度は行ってみたいなー」と思いました。

Dscn91171


オープンテラス式になっていて、開放感があります。

Dscn91011


入って奥、突き当たりの席に座りました。
店内の様子。
ピザ窯が目立ちますよね。
これを使って焼いたピザを、
是非食べてみたい…そう思っていたんです。

ランチの時間帯、現状のメニュウは大きく分けて3種類。

Aランチ:1800
1ドリンクまたはスープ
前菜2種盛り
ピッツァまたはパスタ
デザート
コーヒーまたは紅茶

Bランチ:2200
1ドリンクまたはスープ
前菜2種盛り
ピッツァまたはパスタ
魚または肉料理
デザート
コーヒーまたは紅茶

ナポリランチセット:
ピッツァまたはパスタ+ミニサラダ+ドリンクまたはスープ

それぞれ、
ピザは、日替わりを含む5種類から選ぶ事ができ、
パスタは、トマト、オイル、クリームの3種類から選ぶ事が出来ます。

8月8日の日替わりのピザは、「フンギ」と言うきのこ、トマト、ベーコン、モッツァレラチーズの組み合わせ、
日替わりのパスタは、
トマト:フレッシュトマトソースのスパゲッティ
オイル:辛こしょうといろいろ野菜のペペロンチーノ
クリーム:トウモロコシのクリームソースペンネ…と言うカタチ。

ピザ、ディナーメニュウではもっと種類がある様ですが、
ランチの上では、
マルゲリータ、マリナーラ、クアトロフォルマッタ、
300円増しで、D.O.C.なるピザのラインナップ。

僕とYOKOさんは、それぞれ「A」のランチコースを選びました。
選ぶ事が出来るポイントでは、
スープ、ピザを1枚、パスタを1皿と言う注文にて。

Dscn91031


まず届けられたお皿は、前菜2種の盛り合わせ。

Dscn91041


ジャガイモのテリーヌ、
上に乗せられたアスパラの風味が特に上々。

Dscn91051


ふたつ折になっている形で、
結構な大きさの生ハムでした。
塩気も程好く、食感、匂い共になかなか。

…たぶん、夜のワインと共に楽しむテーブルの
主戦力になりそうな雰囲気。

Dscn91071


スープは、ビシソワーズでした。
少し、塩気が強めだったかなぁ。

Dscn91081


ピザは「マルゲリータ」をお願いしました。
トマトソースの量も多く、酸味が届きます。
酸味があるからこそ、バジルの香、チーズの旨味とバランスが調って美味しいピザ。
マルゲリータらしい味わいは、満足できるものでした。
また、ふっくらしつつ弾力も確かにある生地、
裏面に焦げた後も少しあり、小麦粉の焦げる香もたまりませんでした。

日本風の味付け…と言って良いのか、
例えば、コンビニで売られるピザであったり、
宅配のピザであったりする、あの強い味わいではなく、
全体に落ち着いた、アッサリとした雰囲気が、
何より良かった。強く味を出し過ぎず、
けれど、素材それぞれの美味しさを実感できて。
美味しかったですね。

Dscn91111


オイル・パスタは、
辛こしょうといろいろ野菜のペペロンチーノ、
ペペロンチーノと言えば、唐辛子とニンニクのダイレクトな味わいを楽しむ印象ですが、
名に偽り無し、
辛こしょうの風味が際立っていて、
ピリピリと感じる辛味も、唐辛子系よりも、
青唐辛子系の感触でした。なかなか面白い味わい。
菜の花などを使った様な、ああ言う青い香が存分に楽しめます。

デザートも2種類選ぶ事が出来たので、それぞれを。

Dscn91151



ティラミスを。
ちゃんと生地のあるティラミス。
まだ出来上がってから間もないと言うので、
生地に染みた美味しさは味わえなかったけれど、
これはなかなかの美味しさだと思います。

Dscn91121


イタリアのショコラ風味のブディーノ ~ボネ~

…なるもの。チョコレートケーキですね。
生チョコレートよりはソフト、
プリンよりはハード、テリーヌの様な食感です。

Dscn91161



どちらも少し苦味、ロースト感の強いコーヒーと、
とても良く合っていました。


ピザがやっぱり魅力的ですね。
そして、このピザはテイクアウトも出来る様子。
窯の前に、
如何にもテイクアウト用の箱が置いてあり、
伺ってみたところ、
テイクアウト大歓迎の気風も感じました。
電話で時間を決めて注文してもらえれば、
ちょうど焼き上がりを手渡し出来る…との事です。

ごちそうさまでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月2日 - 2015年8月8日 | トップページ | 2015年8月30日 - 2015年9月5日 »