« 2015年1月4日 - 2015年1月10日 | トップページ | 2015年1月18日 - 2015年1月24日 »

2015年1月11日 - 2015年1月17日

2015年1月17日 (土)

今日もモルトの会がカウンターで開かれている。





「今日あたり来ると思ったんだ!」

…と喜ぶ酋長の確信が嬉しかったし、

そして、そう、今までのハイボールを見つめ直した夜。


四柱神社にお詣りをして、再び駅前に戻ります。
今宵も「摩幌美」へ。

Dscn69441


GLEN DEW, HIGHLAND MALT SCOTCH WHISKY, 5 YEARS OLD
GLEN LYON, PURE MALT Scotch Whisky, 5 YEARS OLD

おそらくは、どちらも60年代のローテーション。
GLEN DEWはGLENLIVETなのだそうですが、
GLEN LYONは分からないのだそうです。
場所やパコダが2棟描かれたイラストから、
想像できる蒸留所はあるものの、ハッキリした蒸留所名は分からない。
オールドボトルの楽しみ方のひとつなのかも知れません。
味わいから想像を膨らませて、楽しむ。

GLEN DEWは甘味と香がポイントで、カラメルの様な甘い雰囲気、
紅茶のエキスの様な香の印象。ヘザーっぽいってこう言う香なんでしたっけ?
GLEN LYONは酸味もちょっと感じます。甘味も強い。ツルンとした表情。
酸味の印象は、熟成年数5年との若さ…なのかも知れないけれど、
ボトリングされてからの長い期間を考えると、もう別世界ですね。

「摩幌美」のカウンターには、T内さん、I村さんがおられ、
あとからN田さん、遅い時間に、転勤で松本を離れてしまわれるT岡さん。
更に、何より嬉しかったのは、
しばらくお会いできていなかったT田さんがお見えになったこと。
カウンターにワッと笑顔が咲きました。
酋長の勘は流石で、「来ると思った」…と言う、
その声もまた、嬉しく感じました。絆があると感じるんです。

「SNOW MONKEY BEER LIVE」のお話をしたいな…と思っていた所に、
T田さんが来て下さって、いやはや本当に嬉しかったです。

Dscn69461


GARGERY 23 X ale

YOKOさんは酵母入りボトルコンディションビール「ガージェリー」を。

Dscn69491


HIGHLAND PARK,
SINGLE MALT SCOTCH WHISKY, AGED 12 YEARS
僕は故あって「ハイランドパーク」を。
先日もブログに少しだけ書いたG&Mのハイランドパーク8年を飲んだからこそ、
現行品の12年が、どの様な味わいだったか、復習したいと思いまして。

現行品、ピート感は少なめで優しいアロマとそれを受けた味わいが基調。
飲みやすい仕上がりになっているのですね。なるほど。
土屋守さんの「シングルモルトウイスキー大全」のテイスティングコメントによると、
加水して奥にピートがあるとの事なので、
G&Mボトルに感じたピート、この有り無しの全体的な印象の差は大きく感じました。
クリームっぽい甘い余韻が、自分の中での現行品12年の印象となりそうです。

ところで、「HIGHAND PARK」の名前の由来は、
蒸留所がカークウォールの高台「ハイパーク」にあったからだそうです。
(土屋守さんの「シングルモルトウイスキー大全」より)



Dscn69521

この日の最後に「ハイボール」を。
酋長が作ってくれたハイボールは、
これまで知っていたハイボールのどれよりも美味しかったです。
使ったモルトは、MARS・駒ケ岳蒸留所の「IWAI TRADITION」とニッカ・「竹鶴 PURE MALT」をほぼ同量ずつ。
これは希少なモルト、高価なモルト…と言う訳ではないのだけれど、
ウイスキーの味わいを熟知した酋長だからこそ、
最良の組み合わせを追い求めておられ、
ひとつの形作られた美味しさに出会い、
「感動できるハイボール」になっていました。

「ハイボール」

…飲んだことあります。ええ、安い居酒屋さんでも、
また、オーセンティックなBarにおいても。
定義とは何だろうと考えると、
「ウイスキーの炭酸割り」だと思っています。

念には念を。
一応、ウィキペディアに頼ってみると、
カクテルの一種であり、
広義では、スピリッツやリキュールを、
ソーダやトニックウォーターに代表される炭酸飲料、
またフレッシュジュースで割る場合もハイボールと呼ぶらしく。
割る側がノンアルコールであることが条件。
日本では特に、ウイスキーをソーダ水で割る場合を言う…とのこと。

ハイボールに使うウイスキーが単一でなくてはならない。
そんなルールは、けしてないのだけれど、
世の主流は単一主義ですよね。
知りました。驚きました。
何故、今まで自分で試して来なかったんだろうと思う。
合わせるからこそ生み出される良さもあるんです。あったんです。
驚きました。

ウイスキーにはブレンデッドウイスキーがあります。
これも、シングルモルトウイスキーにない良さがあります。
勿論、シングルモルトはシングルモルトで素晴らしい。
混ぜ合わせて、更に美味しさを生み出すと言う行いは、
ずっと目の前で見て、舌で味わって来たのに、
ハイボールに関しては、
それに気づかずにいたのは、とても勿体無かったですね。
すごく気に入りました!

気分良く終電車に飛び乗った夜。
T田さんとは、3月の再会を願いながらの夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月15日 (木)

2015年1月10日の日本酒は風林火山にて。


しっかり食べて、しっかり飲みます。

「ワカコ酒」のTVドラマも始まり、

居酒屋文化の素晴らしさを、増して感じる今日この頃。


長野県、信州の日本酒を多く取り扱う松本駅前「風林火山」だからこそ、
各蔵の新酒が並び、その旬味を楽しむ夜となりました。

カウンターの奥には、
同じ信州SAKEカントリーツーリズム制覇者で、
温泉も好きなM山さんご夫妻がお見えでした。
待ち合わせをした訳ではなく、
本当、偶然だったので、ビックリ。
嬉しい久し振りの再会でした。

また、お酒を納めに見えた三代澤酒店・福澤さんにも、
新年のご挨拶。
近頃、大信州酒造「手いっぱい」が一般紙の漫画の中に、
大きく取り上げられ、
その記事も一緒にお持ちになったご様子。

出会いがありますね~。

長野・井の頭・純米生原酒「みふゆ月」
秋田・新政・平成27年新年純米しぼりたて

Dscn69241


Twitterへの投稿はこちら。

信州伊那・井の頭、秋田・新政からスタート!
井の頭、飲みたかったんだー!
売れたみたいで瓶の底。間に合って良かった!
そして、うまい!!
新政はいつもより軽めな感じで美味しいとYOKOさん。
旨味の厚み強い雰囲気。

…とのこと。
「井の頭」、個人的に大好きなんです。
ラインナップ、どれも美味しいんです。合う感じがします。
今年の新酒、買いに行きたいとは思っていたのですけれど、
なかなか都合が付かなくて…
「風林火山」のメニュウにあった時は嬉しかったです。
奥ゆかしい甘味、その通りの良さが僕が気に入っているポイント。

「新政」は毎年恒例のお正月酒ですね。
瓶に直接お洒落なデザインが施されております。
このデザインに似たものを、まさか翌日のお茶会で見るとは思いませんでした。



「黒おでんの盛り合わせ」

Dscn69261


「おでんの盛り合わせ」と言うと5種類なのだけれど、
当日のメニュウ、おでんダネは5種類以上あり…
全種類ひとつずつにしての盛り合わせ…と言う頼み方もあるのですね。
ありがたい♪
見ての通りの味の染み。たまりません。



「葉わさび漬け」

Dscn69271


しっかり辛味が引き出されていて、
気持ち、痛いくらいの刺激が心地好く、そして実にさっぱりしたもの。
大好物。
1年中食べられない事が惜しいくらい。
…でも、松本駅ゼロ番線の立ち食い蕎麦屋さんだと、
1年中葉わさびそばがあり、そしていつ食べても美味しいので、
「食べたさ」は時に充電できるのですけれど、
こうして、お酒呑みの合間に食べることも、また格別であります。



長野・勢正宗・しぼりたて生原酒、
長野・豊賀・純米直汲み無ろ過生原酒

Dscn69281


Twitterへの投稿はこちら。

勢正宗、勢として、辛口っぽく感じるけれど、勢の良さは確か。
お酒そのものに優雅な時間を持っていて、
寸時ふわっ…と柔らかく優しく立ち上がる感じ。
料理に良いです。料理もすごく美味しく引き立ててくれる。
強い雰囲気が、自然に入ってくる印象です。

豊賀、数字、本当に意味がないですね。
裏ラベルに書いてある数字で飲んだら、勿体無い!
数字以上の素晴らしいお酒の雰囲気!
口の中に含んだ時の、しっとりした食感がたまらなく穏やかで、
お酒の密度の美味しさを感じます。良いキレ、良い仕上がり。
今年も良さを感じます!続き、楽しみ!!

…とのこと。
2本をまとめて140文字に収められる自信がなかったので、
それぞれ別々に書きました。

どちらもとても美味しかったし、
後続する…好みのボトルへ大きく期待できる仕上がりでした。
「勢正宗」は今年、例年よりも早い時期に造りに入っておられ、
外気温など勝手が違う中でも、確かな酒造りを経ている様子が伺えます。
「豊賀」は、Twitterでは、あの様に書きましたけれど、
逆に是非、裏ラベルの数字を見ながら飲んでみて欲しいかもデス。
日本酒度「+6」、酸度「1.8」と言う数字は、
そうですね、数字だけに頼ると「辛口めでズバッと酸が利いてキレそう」と言う感じでしょうか。
いやいや、本当にこれは是非飲んでみて欲しいです。
数字では上記の通りでしょうけれど、
美味しさは数字で推し量れないものばかりだと言う事が、よく分かります。
屈託なく、ほの甘く、重みも適度に持っていて、
うん、もう1杯、飲みたくなります。



「厚揚げおろし(エレベーター)」

Dscn69311


YOKOさんの大好物のひとつ。

「肉野菜炒め肉厚きくらげ入」

Dscn69321


野菜は美味しいですね。
甘味が出る野菜、部分を選んであって、バッチリの美味しさ。



長野・信濃錦・純米無濾過生原酒「艶三郎」
長野・秀峰喜久盛・大吟醸生

Dscn69341


「艶三郎」、初めて拝見するボトルでした。
「信濃錦」と言うより「斬九郎」系の味の印象でしょうか。
いや、両ブランドの中間…と言うカタチかも。
中庸のバランスで、冷やして飲んで心地好い、スムースさ。
「喜久盛」は、香を前面に出して、軽く仕上げてある印象でした。
その香も派手に華やか…と言うより、しっとりしとやかな雰囲気。



「鶏セセリのカシューナッツ炒め」

Dscn69331
この晩、YOKOさんのいちばんのお気に入りだったそうです。
セセリ肉の食感が何よりの美味しさ。
カシューナッツもたっぷり入っていました。
ピーマンもグッド!

「旬!大きいカキフライ」

Dscn69381


あー、この写真じゃあまり大きさ伝わらないかも。
本当に大きなカキフライで、芯部はもうアツアツ!
僕はこれがいちばん美味しかったかなぁ!
普段、揚げ物ってほとんど食べないのですけれど、
カキフライだけは別です。

長野・十六代九郎右衛門・純米吟醸ひとごこち無濾過生原酒26BY・仕込み14号、
長野・澤の花・純米無ろ過生原酒「俺」ラベル

Dscn69411

Twitterへの投稿はこちら。

これも飲みたかった!新崎酒店さんからの澤の花、十六代九郎右衛門を。
澤の花、旨味の方向性は、「俺」を感じますね!
九郎右衛門は、流石のバランス、香気性、外しませんね!

…とのこと。
須坂の新崎酒店さんのブログによって知った、
澤の花、伴野さんの顔ラベル。まさに伴野さんの顔。
味わいも「澤の花」の本流のスマートかつ流麗な雰囲気とは、
なるほど、ちょっと異なる路線に感じました。
黄色の純米ラベルに近い様で、特長の流れの良い雰囲気もあり、
これが今後の「澤の花」の方向性になるのかも。面白そうです。
「十六代九郎右衛門」は流石の味わい。
YOKOさんも笑顔で呑んでいました。

「みょうがきゅうり」

Dscn69371


「じゃがバタ」

Dscn69391

飲みの後半、サッパリしたものとお腹にたまるものと。

しっかり食べて、しっかり呑んでの晩。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

いつでも青木村に行きたいって思っています。


青木村、好きです。

強烈に好きな場所があります。

あの場所で、いつも生まれ変わるんですよ。


1月10日の日中のお話。

記録をさかのぼると、
僕が青木村に初めて行ったのは、2005年8月28日とのことです。
何故、行ったのか。
食い気につられて行ったんです。
あぁ、実に僕らしい。
「熊本ラーメン・桃太郎」に行きたかったんです。
未知の土地だった青木村へ、
食べたくて、食べに行っていた模様。
覚えてますね。今でも、その時の美味しさって覚えています。
母方の実家が広丘にあり、
今では移転してしまったけれど、
「鹿児島ラーメン・桜島」が近所にあって、
出前をしてもらうのが好きで、「ご馳走だ!」って喜んでいて…
…その子供の頃の美味しさとは、また違う豚骨の美味しさ。

その後、温泉へ行く様になって、
2013年春まで、1度も青木村には足を踏み入れていないのです。
あ、でも、もしかすると、
上田にボディビル選手権の応援に行った時に通っているのかなぁ…
でも、やっぱり目的地ではないんです。
2013年の春に、田沢温泉の和泉屋旅館、有乳湯を知り、
「桃太郎」へ再び行って…
変わらないその美味しさ、雰囲気には感動したものです。
あの時も、今もとっても美味しい。
角煮はやっぱり魅力的で。
温泉の趣味が始まって、行動範囲が広がって、
懐かしさにも出会えて、本当、嬉しいんです。

Dscn69151


今回は青木村の街道から離れた沓掛温泉。
共同浴場「小倉乃湯」に、kenchieさんと一緒にやって来ました。
一昨年は冷鉱泉をそのまま浴びる心地好さにハマり、
蓼科の「明治温泉旅館」や、
長和町「和田宿温泉・ふれあいの湯」に足を運んでいましたが、
その30℃以下の世界より、
最近は38℃前後のお湯の心地好さが気に入っていて、
僕とYOKOさんは、
ここ「小倉乃湯」や「泡の湯温泉旅館」に、よく行きます。

この日も、2時間の時間設定で入りました。
YOKOさんとの待ち合わせ時間が、
ガラガラ…と扉を開けて後、2時間後。

颯爽と、身にまとう無駄な衣服を取り払い、
いそいそと体を洗い、禊ぎ、
まずは温かい湯船に10分、そしてぬる湯に移って…
最初20分くらいは起きていたでしょうけれど、
その後、50分以上は全く記憶がありません。
心地好くて、すっかり眠ってしまっていました。
これがいつものこと。
お湯の中に100分ほどいました。居続けていました。
この温度ですから、のぼせ、湯あたりは無縁。
脱水はあるかも知れませんから気を付けて。
(個人差があるかもですので、是非、体調とご相談、程の良い時間にて)

眠る前に元気いっぱいお話されていたオジサマ方は、
もうおらず、
違うオジサマ方にスイッチしていた模様。
時間を飛び越えた様な印象があります。
あっと言う間に2時間が過ぎます。

目が覚めると、本当、スッキリするんです。
元気になります。
目の前が明るくなる様な生きた心地好さ、
生きている喜びを感じる健やかさ。
大のお気に入りです。

寝ている間は特に無心になることが出来ます。
無心、曰く無我の境地。
即ち、「小倉乃湯」は「悟り」に到達できる、
リラックス&デトックス・スポットだと思う次第。

最近は僕らのルート、
麻績I.C.を経て、修那羅峠ルートの降雪状況も、
ウェブ上のライブカメラで確認できるため、
可不可の判断を付けやすく、たいへん助かっております。
( http://www.avis.ne.jp/cgi-usr/chouken_uproadsel2.cgi )


お昼ご飯も定番化しつつあります。
本当は「桃太郎」へ行きたいのですが、
前日、金曜日にラーメンを食べている以上、
食べ過ぎは慎みたいのでして。

青木村道の駅併設の「こまゆみ」へ行きますね。

Dscn69171

青木村特産の蕎麦新品種「タチアカネ」の手打ち蕎麦が美味しいです。
写真は大盛り。1200円。
お値段以上の価値があります。量もたっぷりで、すごくお得。
ひと通りメニュウを試していますが、
ざるうどんも手打ち感のある美味しいうどんだし、
馬肉うどんも、すき焼き風の味付けが美味しいし、何を食べても美味しいので、
本当、沓掛のみならず、
青木村の温泉に立ち寄った際には、青木村の道の駅にも寄ります。

Dscn69191



「タチアカネ」、一説に佐久市臼田で収集された
在来種の個体選抜及び系統選抜により育成、新品種として登録されたもので、
赤い実が成るのが特徴だそうです。

Dscn69201


道の駅の売店前には、木彫りのお顔、
松の木で飾られた今年の干支「未」の置き物。
もう、すっかり忘れかけていましたが、一陽来復新玉の春を、
つい先日、過ごして来たのでしたね。
青木村の栽培されたキノコだけでなく、
山採りのキノコやエゾワサビの様な珍しいものも、
ごくたまに出ていて、行く楽しみもあります。
この日も、色々と購入。

Dscn69221


この日は日常のお買い物にて、
春の旬味「めかぶ」も手に入れる事が出来まして。
2週間とスーパーで売っていない感じがします。
あっと言う間になくなってしまう、季節の味。
ウキウキであります。

そんな日中を過ごした1月10日の日中でした。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日)

1月9日金曜日のラッキー・コース。


大安吉日であった訳で。

「それ」を、「それ」で、もっと祝いたくなりました。


金曜日、無事に早めに帰る事が出来た時には、
そう、出来たら温泉とラーメンのセットで過ごしたいのです。
休肝日としている金曜日ですので、
お酒の楽しさでない楽しさを、存分に楽しみたいのです。

年明け1杯目のラーメンとして、
候補は色々あったのだけれど、
僕とYOKOさんは、ひとくち目の他に類を見ない美味しさを求めて、
「麺とび六方」へ向かいました。

Dscn69091_2



僕はラーメン(大)を麺カタ、ヤサイニンニク増しにて。
YOKOさんはラーメンを麺カタブタ抜き、ヤサイ増しにて。

Dscn69111


この太い麺がたまりませんね。
ガッツリ食べて、大満足。
特にタイミングが良かったみたいで、先行ロットも無く、
全体の待ち時間もほぼゼロ。
ゆったり座る事が出来るテーブル席も嬉しかったですネ。

その後は、安曇野みさと温泉ファインビュー室山へ。
近隣で、22時まで営業してくれている温泉施設、
実は少ないのです。
岡谷まで行くとロマネットもある訳ですが、
食べたいラーメンを考えたりすると、
僕らはファインビュー室山を選んでいる訳で、
もう少しで、2回目の回数券も使い切ろうと言うところ。
ヘビーリピートしている温泉施設です。

Dscn69131



お風呂上りの飲み物も、長く通っている中で、
自分たちなりの決め式になりつつあります。
ドリンクディスペンサーで、
コインロッカーに使った100円を、そのまま使うカタチ。



Dscn69141



いつからか…いつ、僕らも気付いたのか定かではないのですけれど、
カップの底に、小さいおみくじ欄があります。
無印がほとんど。
ごくたまに「中吉」が書かれている程度。
「何故、みんながみんな、中吉なんだろうね」と話していたのに、
いきなり、ウェルカム大吉!
これには驚きました。そして、とても嬉しい!

そんな1月9日は大安吉日でありまして。

良いこと、あったなぁー…と言う、そんな週末手前の出来事。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月4日 - 2015年1月10日 | トップページ | 2015年1月18日 - 2015年1月24日 »