« 2015年4月12日 - 2015年4月18日 | トップページ | 2015年4月26日 - 2015年5月2日 »

2015年4月19日 - 2015年4月25日

2015年4月24日 (金)

3月7日、今宵のさけさかな………厨十兵衛。


いろんな日本酒を飲むことが出来て、幸せ。


お出掛け晩酌の楽しみを、

当日のツイッターに投稿した内容と共に。

Dscn75581



共に福島酒・弥右衛門、会津中将を!
弥右衛門、とろけるバナナ系のスイートさがすごく美味しい! 膨らむ香!
会津中将も美味しいですね! 旨味と綺麗さのバランスが良く、
酸も力強く、日本酒の美徳を感じる風体。美味しいですね!

…とのこと。

1杯目に選んだお酒は、文中通りどちらも福島県のお酒。
松本で開かれたイベントにも登場した蔵元さんで、
その後も、度々メニュウに並んだりしますが、その度に頼んでいます。
美味しさの記憶、お会いしたご縁が、こうして続いているのは、喜ばしいこと。
いつも美味しいから、なお嬉しいんです。

Dscn75621


頼まずにはいられません! 「カレイのえんがわポン酢」をいただきまーす!!

…とのこと。

カレイのえんがわと酒盗を和えたメニュウもある時はあり、大好物です。
えんがわの甘味が、何とも言えずに美味しい。
前日に、Twitterで、ひろっちさんの投稿を見ているから、
必ずや!…の意気込みでした。

Dscn75661


続いては四国!香川・川鶴、高知・美丈夫を!
川鶴、24BYの旨味が乗った雄町! 穏やかさと力強さが両方共存!
鴨の治部煮にも合います!
美丈夫、綺麗でスマート、やや微発泡。
そのキリッとした美味しさが肴にバッチリ合います!

…とのこと。

その頃の我が家では酒屋「革命君」さんで仕入れた、
「川鶴・讃岐くらうでい」が、たいへんに好ましい美味しさで、
是非、それ以外の「川鶴」にも出会ってみたくて、僕は選びました。
YOKOさんは「亀泉」や「土佐しらぎく」など、
高知県のお酒には好印象を持っていることから、お願いをした様子。

Dscn75691


合鴨の治部煮

初めて見たメニュウでした。思わず飛び付きます。
厨十兵衛・大将どのの絶品の甘味豊かなダシのメニュウは、
食べなくちゃ損だと思うくらい。

Dscn75701


主役の鴨が、また大変に美味しかったです。
普段は「合鴨の塩焼き」としてメニュウにいる鴨。
ややお値段が張るので、滅多に注文はしていないのだけれど、
でも、「今日は贅沢しよう!」と思う時には、頼みます鴨。
同じ鴨肉であるからこそ、折り紙付きの旨さ。

Dscn75721


奈良・花巴、宮城・山和を!
大将の言う通り、チェンジしました。
花巴、イチゴシェイクの砂糖なし…の風合、
山和、味が乗りつつありますね。穏やかに、しかし確かに盛り上がる!

…とのこと。

「 あれ、SOJAが花巴なの?YOKOさんじゃないの? 」

…と言う。
なるほど、飲んでみて、YOKOさんと変えてもらいました。
花巴のこの「水もと仕込み」、
確かに香は特徴的なイチゴを想起させるものでしたが、
パクチーやシャンツァイと共通する匂いも感じてしまいました。

Dscn75751



焼き物:縞あじ

ふっくら焼き上げられた縞あじ。

Dscn75771


他の方が頼んでいるのを見て、その黒いラベル頼まずにはいられない!
信州小布施・豊賀、栃木・大那を!
豊賀、滑らかな舌触り、喉ごし、らしくあり、実に良い案配!
大那も1回火入れ、旨味あり、この時間帯にしっかりした酒質が美味しい!

豊賀・純米大吟醸26BY、
YOKOさんにして、「すごく美味しい、豊賀らしい豊賀」と言う。うん、すごく美味しいと思う。
滑らかで、心地好くて、身を任せられる感じ。
特純や純吟も良い蔵だけど、
この純大、すごく美味しいと思うんです。
酒を過ごしても、まだ飲みたいっ!

…とのこと。

今年、「豊賀」蔵、とても良いですよね。すごく美味しい。
豊賀銘柄だけで、すでに2本、どちらも一升瓶を2日で空けてしまいました。
飲ませる…と言うか、本当に気付くと無くなっている感覚です。
瓶の中から、不思議なほど早い勢いでお酒が無くなって行く。

Dscn75801


クリームチーズとチャンジャを。
これを頼めば、もう終盤。

Dscn75811



今年の佐賀・鍋島の「風ラベル」を飲んでいなかったので、
あると伺っては、外せません。
ふたりで、1杯を飲み干して、
酔い酔いの酔い。

上機嫌になって、四柱神社へお参りに。

そうして更ける松本の一夜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月22日 (水)

赤い、麻婆豆腐は何故、赤いのか……緑町・廣東


Dscn75521

それは麻婆豆腐が麻婆豆腐だからなのだけれども。

白くても、確かに麻婆豆腐でした。


Dscn75551



3月7日、緑町「廣東」へ。

お目当てがありました。
お店のブログ「広東@どっと混む」をチェックするのは、欠かせませんね。
( http://blogs.yahoo.co.jp/kanton_tyuuka )
YOKOさんも自分も、きっと毎日チェックしております。

Dscn75501


3月になって、「おすすめボード」が登場しました。
これまでの月替わりおすすめメニュウはそのまま、
更に、その日だけ、その週だけ、また、
その仕込み量によって、もっと期間限定的なお楽しみが登場です。

「白マーボー豆腐」…
これ、ブログを見ていて、僕はたまらなく興味が湧きました。
だって、麻婆豆腐は赤いものです。
赤いから麻婆豆腐です。象徴的な色合い。
“そうではない”と言うのは、実に心躍ります。

特に「廣東」のマスターさんが腕を振るう料理、なおさらです。

Dscn75511


YOKOさんは、リピート率の高い大好物、「酸辣湯麺」を。
相変わらず、酸味と辛味のバランスが絶妙。
とろみを“付ける、付けない”が選べます。
とろみがあった方が、いつまでも熱く、辛味も舌に乗ります。
辛いものが大好きなYOKOさんは、必ずトロミ付き。

Dscn75521


さて、僕のお待ちかね「白マーボー豆腐」を。

色のイメージもあるのか、とてもシンプルに感じます。
シンプルに麻婆豆腐の味で、こう…日本酒で例えるならキレが良い。
味は存分にあるのだけれど、淡白だとも思います。
旨味ある淡白さ。矛盾している様な言葉だけれど、そう感じます。

このブログを書いている4月半ば、
通常の「麻婆豆腐」を食べに行って来ました。
比較してみると、赤い色素由来の美味しさ、油だったり醤だったり、
そうした部分が、こってりとしている様に感じます。
その旨味がすごく美味しいし、
YOKOさんのナンバーワン・リピートメニュウが「酸辣湯麺」なら、
僕は「麻婆丼」がそれに当たるくらい、「廣東」の大好物。

Dscn75531


1杯目のご飯。

Dscn75541


2杯目のご飯。

あっと言う間に、2杯。
夢中になって食べました。
ご飯にもよく合います。
塩味か…と言うと、そんな単純でもなく、
鳥由来でしょうか。そうした旨味を感じます。
それが鳥ひき肉なのか、鳥スープなのかまでは分からないけれど、
そうした要素が「白」にはありそう。

黒板の「おすすめ」は日々変わって行くもの。
好評の「白マーボー豆腐」のあとには、
「カラフル野菜マーボー豆腐」、「赤マーボー豆腐」などもあったそうです。
特に「赤マーボー豆腐」は、いつもの「麻婆豆腐」と違ったそうなので、
興味ありましたね~。

そうした出会いも楽しいですね。

Dscn75561


その後、僕とYOKOさんは扉温泉・桧の湯へ。
駐車場脇に咲き始めていた福寿草。

特に露天風呂が、極上のぬる湯状態でした。
まどろんで1時間あまり。
以前、猪騒動を話していた地元の常連のオジサマは、
薄川に石油が流れ込んだ話をされていました。
番頭さんは、明日の松本山雅のお話を、また別の常連さんと。

温泉、銭湯、湯どころは、今も昔も話題の交流地ですね。





Dscn75571


帰り道に、内田のファーマーズガーデンに寄ります。
「わさびの花」が入荷していました。
春先のお楽しみ。
最初は、上手に辛味を引き出して作ることが出来ませんでしたけれど、
今年は失敗することが1度もなく、ツンと美味しく仕上げる事が出来ました。

そんな日中のお楽しみ。

続いて、夜へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月20日 (月)

喧嘩するほど旨いもの………らーめん月の兎影


どっちも食べたいけれど、こっちも食べたい。

興味もあるけれど、

あくまで、僕は、私は、これを食べたい。


毎度毎度で、南松本の「月の兎影」へ。
まだまだ3月の半ばのお話。

Dscn75441


もうすでに提供は終了して、
そして、新たな4月の月替わり限定ラーメン「月の満ち欠けラーメン」が登場しておりますが、
3月の限定ラーメンは「特濃カボチャとんこつ」でした。

「 あぁ、これは珍妙で、実に興味が湧くぞ、湧き上がりますぞ 」

…と、僕は思います。

思いますけれど、

ここに来るまでにすでにメニュウは決めてあって、
「今日も、あさりつけ麺を食べるんだい」と心と腹に決めてあって、
「よし、YOKOさんに食べて頂きたいところだ」と考えます。

Dscn75451


そんな訳で、僕は「あさりつけ麺・大盛り」をお願いしました。

Dscn754711


このウェーブの掛かった麺も、とても大きな魅力。

そして、YOKOさんも“いつもの”と言うところ、
「辛みそとんこつ・白」を。

Dscn75491


海苔増しで。

「YOKOさん、是非、限定を行きませんか?カボチャ、好きでしょう?」

「いいえ、今日は辛みそとんこつ気分なのです」

「出来たら、カボチャを行って頂きたい。興味があります」

「そんなに気になるならば、行けば良いのではありませんか?」

「いえ、僕はあさりを食べるのです。是非、カボチャを」

「いえ、私は辛みそを食べるのです」

「 ぐぬぬ 」

…お腹も空いている訳だし、少々苛立ちながら、
お互いがお互いをけして譲らないカタチでありまして。

お互い、ヘビーリピートをしている“いつもの”、
大好物メニュウで締めくくりました。
譲れないものは譲れないし、食べたいものは食べたい訳です。

うん、たいへん美味しゅうございました。

あさりつけ麺の貝類のダシ感、とても好ましいのですが、
最近思うのですけれど、
日本酒を、“ダシ汁を肴にして飲む方”には、
絶対ハマるんじゃないかなー…と思います。
それに抵抗感ない方だったら、
この貝類の素晴らしいダシ感、
たまらなく喜ぶ、悦楽であります。
特に、スープ割りなど、最高であります。

ああ、またしばらく食べていないので、そろそろ食べたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月12日 - 2015年4月18日 | トップページ | 2015年4月26日 - 2015年5月2日 »