« 2015年3月29日 - 2015年4月4日 | トップページ | 2015年4月12日 - 2015年4月18日 »

2015年4月5日 - 2015年4月11日

2015年4月 7日 (火)

麺を“すする”のではなく、かっ込む………ちゃんこつけめんでれ助


Dscn73381



これを食べたくなる訳です。


Dscn73391


YOKOさん、画面左にちゃんとおります。
店主さん、悪化してしまった持病の腰痛によって、
ちょっとだけ営業時間が変わったりしていましたが、おおよそ復活された時分のこと。
現在は、メルマガを拝見しておりますと、もう少々…と言う所の様子。
「ラーメン」が再開されたら、とりあえず良い状態…なのかもですね。

Dscn73341


「すぺしゃるとっぴんぐ」でのつけめん(大)を。
僕はだいたいコレでございます。
具がたっぷり。これが嬉しい。

Dscn73351

もちろん、スープの中にも肉団子ほか、
いろんな具が入っております。

Dscn73361


見た目にも惹かれます。
てんこ盛り感、もちろん食べた後の満足感もバッチリ。

Dscn73371


YOKOさんも「いつもの」って感じがしますね。
「辛つけめん(小)」で。

普段、スープの上に掛けられている“赤い粉”は、
店主さん直筆のメッセージシートにも書いてある通りで、
香良く、辛味はないもの。

旨味とろみの強い、野菜や鶏を感じるスープ。
辛味と合わない訳がなく、
辛い物が大好きなYOKOさん、
100%で「辛つけめん」を注文しています。
初めてのお店でも「辛い系メニュウ」をチョイスし易いYOKOさんですが、
それでも、気に入らないとリピートはしません。
「このお店は、こっちの方が美味しいんだよね」と言って、
避けていますから、辛い物狂いと言うより、
美味しく辛い物を食べたいと思っている様子。
そんな中でのリピートは、お気に入りを示しますね。

Dscn73331


つけ麺の出来上がりを待つ間、
久し振りにメッセージシートを眺めていると、
以前の物から少し変化があり、色々と読んでいて楽しかったです。

特に、「立川談志師匠名言」は落語好きな人柄が伝わるものでした。
尾瀬あきら氏の漫画「どうらく息子」でも、
落語の最中での携帯電話の音、その世界観をぶち壊してしまうシーンが描かれていましたが、
流石の談志師匠ですよね。そんなエピソード。

この日の店内BGMは、
柳家さん喬師匠で「三枚起請」と「百川」を。
以前も「百川」は、このカウンターで出会ったことがあります。

2月27日のお話。

また食べに行きたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 5日 (日)

雪深い高山村の温泉へ、再び………山田温泉・大湯、七味温泉・山王荘


冬だからこその景色があり、

冬だからこそ、出来ないこと、行けないこともあり、

それが四季、自然が巡ると言う事なのだと、

思う。


2月22日の出来事。
今年は週末に雪が多いけれども、
降り続く降り積もる…そうした事が無く、
昨年よりは山間にも出掛け易かった様に感じています。
ライブカメラで確認しながら、高山村の道路状況も問題なさそう…
春の足音も感じられつつあり、向かってみる事にしました。

Dscn73121


高山村温泉郷・山田温泉・大湯に着きました。
須坂から登って来ましたが、
YOU游ランド付近では、雪はほとんど見受けられず、
子安温泉手前までの間で、人家の屋根に幾層にも…
融けては降り、固まり…雪深い土地を感じさせる層が見られ、
この大湯付近では、道路にこそ雪はないのだけれど、残雪多し。
駐車場も、スキー客さん方の利用もあるのか、
めいっぱい敷き詰められている様子でした。

Dscn73131


2回目になりますが、「山田温泉・大湯」の湯屋造りは、
相変わらず、素晴らしい風景を見せてくれますね。風情があります。
綺麗なのだけれど、実に時代が付いている。

あつ湯に慣れつつある昨今、44℃のあつ湯槽にも入りますが、
でも、出来れば小さい浴槽ではありますが、ぬる湯槽で、まったりと過ごしたい…
そう感じました。硫黄系のゴム様の香、
またお米を蒸した様な蒸気の香を感じる、湯にも滑らかさのある名湯。
前回は、ぬる湯槽がめいっぱいの混み具合で、
お湯をしっかり味わう事が出来なかったYOKOさんも、
今回はバッチリ、楽しむ事が出来たそうです。良かった。

Dscn73141


七味温泉に向かわれた方…
山王荘、紅葉館、渓山荘、また恵の湯に1度おいでになった方なら、
分かって頂けると思うのですが、
長い下り坂の先…氷の世界では、この下り坂も厄介ですし、
谷になっているその場所、車1台分の幅の橋がありますよね。
この橋を、もし越えられそうもなかったら、引き返そう…そう覚悟して、
ここまでやって来ました。
結果は問題なく、山王荘に辿り着きました。

当時のTwitterでの投稿。
お風呂上りすぐのつぶやきです。YOKOさんが出て来る前。

「新七味温泉・山王荘に来ています。
 3回目。過去2回、僕が大野天側だったので、
 ずっとYOKOさんとその広さについて、
 共有したくても出来なかったのですが、
 ようやくYOKOさんに当たりの日が訪れました。
 ほぼ貸切で利用でき、適温に調整でき、
 最高の時間を過ごすことが出来ました。」

―――…と、
一定期間毎に入れ替わる男湯、女湯のめぐり合わせについて、
ようやく“当たった”と書きはしたのですが、
お風呂上りのYOKOさんに聞くと、
「 音に聞く露天風呂はなかった、
  扉みたいなものがあって、その先に、すごいいっぱい雪が積もっていた 」
…とのこと。

なるほど、
冬季、大野天風呂は閉鎖されている模様。
共有したかった檜風呂の良さを語らうのは、春先過ぎへお預けでした。

それはそれでも、内湯をほぼ貸切状態で…
水を湯船にいくら入れても「ウェルカム」な貼り紙すらある「山王荘」です。

僕もYOKOさんも、自分に心地好い温度を、
水や湯もみ、また外気を取り込む事で実現させて、
すごく充実した時間を過ごす事が出来ました。

春から先、
あの緑、また青白いお湯に、再び入りに行くこと、とても楽しみです。

ゆっくり「山王荘」で過ごしてしまったので、
当初予定していた中野市・三幸軒には、どうにも間に合わない時間。

「 お昼ごはん、どうしようか… 」

次なる行き先、寸時考えます。
山田温泉・大湯と駐車場の間に、
「お食事できます」と書いてある建物を見止めていた自分。
あまり遅くなってしまうのも良くない事から、迷わずこちらへ。

Dscn73241


高山村・山田温泉大湯近くの「朝日屋亭」さんに入ってみました。

Dscn73161


まず出されたお茶。
お漬け物が添えられる…これが信州の田舎らしい。
お風呂上りですから、水分はとてもありがたいです。

Dscn73191


囲炉裏が何とも良い雰囲気。

Dscn73201


古民家風…と言うより、古民家そのまま。
落ち着きます。
僕らは囲炉裏でしたが、奥には炬燵席もありました。

メニュウはとてもシンプルで、
郷土料理と言う「ひんのべ団子汁」のセットが800円、
「味噌煮込みうどん」のセットも800円。
それぞれ、焼きおむすび2個、笹ずし3枚、こねつけ2個のうち、
どれかひとつを、ご飯ものとして選ぶセット。

Dscn73211


僕はひんのべ団子汁に、笹ずしを選びました。
結構、素敵な見た目です。豪華に感じます。

Dscn73221


笹ずし3枚、
それぞれ乗せられる具もちょっとずつですが違っています。

Dscn73231


YOKOさんは同じようにひんのべ団子汁に、
北信郷土料理の「こねつけ」を。
初めて食べました。
「ケンミンSHOW」を見ていて、初めて知る…
中信生まれ、中信育ちの自分には、
“長野”の郷土料理と言えど、未知の存在で。

でも、
食べてみると、味噌の甘さにしろ塩気にしろ、
うん、信州の味を感じてしまうから、不思議です。

Dscn73171


屋根の上から落ちる雫。雪解けの霧雨。
光を弾いて、綺麗でした。

Dscn73251


今回の目的のひとつ、須坂市の高沢酒店さんに立ち寄りました。
「三幸軒」上野さんがブログで「美味しかった」と書いてあった、
小布施町・高沢酒造「豊賀」の普通酒・直汲みを、どうしても飲んでみたくて。

Dscn73271


それが、こちら。
実際、僕やYOKOさんが飲んでも、とても美味しく感じました。
甘味は太くも軽やかで、中盤に小鳥が囀る様に、細やかな…
直汲み由来の発泡感が感じられ、同時に甘酸の泡が弾ける様な感覚。
サバケも良くて、うまくちのお酒であり、アッサリした余韻でもあり、
とてもバランスが良いばかりか、全方位の好みに対応できるんじゃないかなー…
…そんな新酒の美味しい季節、美味しさに出会う…そう思うことが出来る1本でした。


そんな1日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月29日 - 2015年4月4日 | トップページ | 2015年4月12日 - 2015年4月18日 »