« 2014年6月22日 - 2014年6月28日 | トップページ | 2015年1月4日 - 2015年1月10日 »

2014年12月28日 - 2015年1月3日

2015年1月 3日 (土)

戸倉上山田温泉で、2014年の温泉納めを。

Dscn6898_2


老後に、戸倉上山田温泉に移住しても良いよね?

…なんて、冗談目かして話をしていたりする。


なんだかんだで県内の温泉施設での体験、
100湯超えを果たしている僕とYOKOさん。
色んな温泉があって、
日本酒やウイスキーの好みと同じ様に、
人それぞれに、気に入るポイントが違っている様で。
最近は、高山村の「子安温泉」、
青木村の「沓掛温泉」
もうひとつ気に入っている、印象に強く輝く温泉…
いや、温泉地と言って良いのが「戸倉上山田温泉」なのです。

「大黒食堂」でラーメンやニンタレカツライスを食べても良し、
以前には「亀清旅館」に「ざぶとん寄席」の日に、
泊まったこともありました。
少しだけレトロな雰囲気の街ですが、それがとても良いんです。

昭和レトロ感たっぷり、銭湯の様な風情があり、
そう、銭湯の様で、温泉の泉質は極上と言う土地柄だと思っています。

2014年の大晦日、1年の垢を落とす…と言うより、
気に入りの温泉にたっぷり浸かって、良い気分で年を越そう…と考えました。

戸倉上山田温泉の中、

国民温泉に30分、戸倉観世温泉に30分、かめ乃湯に60分の時間設定で。

国民温泉、戸倉観世温泉は番台があるスタイルで、300円。
かめ乃湯はリニューアル後は日帰り温泉施設らしい構成で、市外に住む僕らは350円。

それぞれがとても近い距離にありますが、温泉の個性は異なっております。
僕らが戸倉上山田を目指す際に、どれも外すことが出来ない…だからこそ、
入浴時間を短めにしてでも、「やっぱり全て入りたい!」と思うのでして。

戸倉上山田には他にも外来入浴、日帰り入浴が出来る施設として、
「万葉超音波温泉」「つる乃湯」「瑞祥」がありますが、
どれも、僕らにはちょっと熱め…です。

「国民温泉」は透明なお湯で、12月31日はちょっとぬるめ…と、
常連らしいおじちゃんズ談。僕にはたいへん心地好い温度でした。
細かな気泡がお湯の中に見える、
日本酒で言う新酒の様なフレッシュさを感じるお湯でした。

温泉本やウェブサイトを見ていく中で、
「お湯が疲れている」「疲れていない」と言う表現を目にした事がありますが、
幾湯か入っている中で、
「あぁ、なるほど。お湯が元気だ!」と感じさせてくれるお湯に出会うことがありました。
青木村・田沢温泉「有乳湯」や白骨温泉「泡の湯温泉旅館」の内湯…、
お湯の投入量が多く、浴槽の入れ替えが早い段階で繰り返されている場合に多い様子。

国民温泉は、入っていて清々しい心持ち。
ほんのり柔らかな硫黄の香をお湯から感じます。

「戸倉観世温泉」は、
鮮やかな緑色の大浴槽と薄く緑色の付いた檜風呂の小さめ浴槽があり、
適温の大浴槽、少しぬるめの檜浴槽と言った分け方。
お湯の色からしても、使っている新戸倉温泉2号泉、3号泉の使用割合などが異なる様に思います。
12月31日は少し濁りのある緑色でした。
何より目で見て「温泉っぽい」と感じられ、硫黄の匂いも強く、何とも言えない心地好さ。
洗い場が多く、使いやすさがあるからか、
引っ切り無しに人が訪れ、そして回転良く次から次へ。
冬で、熱いお湯を皆さんが求めるからでしょうか。
ぬるめの檜浴槽が空いていて、ここに入って浴場風景を眺めていました。
ふと聞こえて来る声の中に「良いお年を」なんて混ざったりして、
年末の銭湯の風情、情緒たっぷり。
お湯も抜群に良い訳で「来て良かったなぁー」としみじみ思っていました。

「かめ乃湯」、3軒目ともなると、
当初は昼時分の空く時間帯を狙って過ごして来ましたが、
いよいよ、年の瀬間近、混み始める時間帯に突入していました。

僕もYOKOさんも「かめ乃湯と言えば露天風呂」だと思っています。
透明感あるエメラルドグリーンのお湯で、細かな湯の花が散っています。
硫黄の香がまろやかで、
硫黄の香だけとってみても、
国民温泉や観世温泉のそれとも少し異なる印象です。
露天風呂の温度がややぬるめに設定されていて、すごく気持ち良いんです。

かめ乃湯はリニューアルを経ている分、
他の施設より設備が使いやすくなっています。
洗い場の蛇口…カランも温度調節ダイヤル付で、
洗面器用は押ボタン→自動停止タイプ、
シャワーは手動で出したり止めたりするもので、とても使いやすい。
ドライヤーも男性は1個、女性は2個、
フリーに使えるものが置いてあります。
以前、「大黒食堂」の女将さんが、
観光客さんから「どこか良い温泉はありますか?」と問われた際にも、
「んー、この辺だとかめ乃湯かしら!?」と答えていた事も頷けます。
お湯も良く、施設も良く、戻り式コインロッカーもあるので、
なるほど、オススメ。

そんな12月31日を僕とYOKOさんは過ごし、「お年取り」をしました。

あけまして、おめでとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

2015年の年頭に立ち。

あけましておめでとうございます。
誘惑箇所の多い中でございます。
こうして、ご覧になって頂き、誠に嬉しい訳でございますンで、
しばらくのお時間、お付き合いくださいますれば、幸いに存じます。

ええ…、当方ブログ「酒 宗夜」、もうずーっと…更新していない訳です。
「多忙は怠惰の隠れ蓑」と言う言葉に出会い、感銘を受けた割に、
さぁて、今は…と自分に問うと、
忙しさを理由に、ブログは完全に滞っておりましてね。
書きたい記事はあるけれど、ええ、体験はいーっぱいあるんですよ。
しかしながら…これがいけない。
しかしながら、
それを行うには、写真を色補正したり、サイズ調整したり、
それから文章を書いて…と自分自身で設定した工程の多さに、
及び腰が続き、考える事はしておりましても、
実行に移すことが出来ない…てンで、結果はいつもゼロばかり。
これは良くない。

「単文ブログ」だなんて紹介される事もある、
「Twitter」、これには、こまめに書いております。
それがあるから、ブログは気にしなくて良いか…てぇと、
それもまた違う。そこで気持ちを引っ込めてしまうのは、
どうにも勿体無いと思うんですね。
僕自身、またYOKOさんと共に経験している出会い、
ご縁は、やっぱり記録に残しておきたい、
発信し、読んで頂けるならば、読んで頂きたい、
素晴らしいものだと思う訳です。信じている訳なのです。

「Twitter」と、ほとんど同じだって良い、
1本でも多く、ブログを書いて行く事が出来たなら…
…そう、年頭に際し、考えております。
大長編を書こうとするから、ゼロになってしまうのであれば、
短い記事を書き連ねて、1年を通して、大長編にすれば良いのであります。

内容は、
日本酒やウイスキー、クラフトビールなどのお酒に関わること、
温泉、ロープウエイなどの山の景色を書くことが出来れば。

さて、1月1日、今日も元気に飲みに行きます!

良い1年になりますように!

良い1年にして行く事が出来ますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月22日 - 2014年6月28日 | トップページ | 2015年1月4日 - 2015年1月10日 »