« 燗ビールはいかが?(2015年12月5日・Hop Frog Cafe) | トップページ | あさりスープを使った豆乳潮ラーメン(2015年12月11日・月の兎影) »

2015年12月13日 (日)

pub.摩幌美 37周年記念ボトル…その1(2015年12月12日)


出来るだけ、多く更新してみよう…と思い立つに至り、であります。

文体や体裁にとらわれて、
どうにも隙間の多いブログになってしまっているので、
逆に、
まるで、Twitter的であったとしても、
更新を増やして行く事が…出来ないかも知れないけれど、
けれど、
やるだけやってみようと思います。

さぁて、気楽なところがよろしいんじゃないかと思いますが、
短い間でも、一生懸命、申し上げて参ります。
どうぞ、お付き合い下さいませ。


昨晩は、
37周年を迎え、38年目に入った松本駅前の「摩幌美」に遊びに行って来ました。

Dscn03671


「摩幌美」の37周年記念、
クリスマスの記念、
また元旦のモルト三昧のため、
希少なモルト、またオールドボトルなどが用意されています。

…そうです。
元旦営業は毎年の恒例で、色んな方にも出会いますし、
1年の始まる喜びを分かち合う場…なんですよね。

Dscn036811


【 Arran, 1995-2015, 20yo 】

トップノートは、濃密な苺、フィグ。
樽の中に、少しキノコ。トリュフの様な感じ。
樽の影響を感じます。シェリー系の香。
Arranで、こんなに樽の存在を感じるものを…
自分の経験は少ないけれど、僕は初めてだと思う。
(そして、その後、18年を頂いて、よりArranと樽の関係を知る訳です)

シェリー、クリーム&バニラはあるけれど、ストロベリーっぽさ、
カカオ率の高いチョコレート。ココアシガレットの雰囲気も。

飲んで、真っ先に感じたのは…本当に瞬間的に胡麻と胡桃を感じ、
続いて木の深い香が強く刺激的に始まり、
イチジクやココア、きな粉が広がって、段々にほどけて行くイメージ。

YOKOさんは、Arranの香がとてもお気に召したそうです。
甘い魅惑的な香と酸味が効いたフルーツの香、
どこかキャラメルっぽさを思ったそうです。

Dscn03711


ちなみに、
記念ボトル…と言う事でデキャンターでの発売。
綺麗な蓋が付いております。

ガラスによって栓をする蓋なので、
少し密閉が弱い心持ち…と、
酋長はコルク栓を探して宛がっていました。
その細やかな心遣いが、
38年目を迎えられるお店としての素晴らしい所作ですよね。

Dscn03701


【 Longrow, 1990-2004, 13yo 】
The Scotch Malt Whisky Society

トップノートに、
焼けたゴム、焼けたプラスチック、
セメダイン的な香、薬品っぽさ。
遠くに炭火の置き火、焚き火、
焚き火にオレンジ、レモングラス。
乳酸発酵のイメージ。

飲むと、朗らかに軽い始まり。
麦の旨さがすごく広がる。すごく美味しい。
麦が優しく、大きく大きく広がる。
「Ardbeg」の麦感が、強さが僕もYOKOさんも好みであるけれど、
こればかりは、比べると「アードベッグ」が強過ぎるかも…とすら感じてしまう、優しくても十分な素晴らしい麦とピートの世界。
13年の熟成期間とは思えない統一感。価値のある年月を感じます。

香は内在されていて、
香そのものは大人しい雰囲気だけれど、
飲むと一気に景観が広がって行く感じ。

Dscn037411



【 Arran, 1996-2014, 18yo 】
- Angels' Reserve

トップノートはセロテープやセロファンの印象。
青林檎っぽさ。
熟成感と若い様な…強くて、でも柔らかな飲んだ印象から始まり、
ひと呼吸置いた所で、蜂蜜とクリームを練り合わせた様な香が、
鼻の奥に戻って来る様なイメージ。

20年と比べると…比べるからこそ、共通点も感じますね。
共に、10年くらいのArranよりも樽の影響を、より強く受けていて、
それこそがキャラクターになっている…
熟成と影響との組み合わせの妙味、時間と言うスパイスを感じます。

【 Old Scout, At least 10 Years, Bourbon Whisky 】

お菓子のアンゼリカのイメージ。

トップノートは、スキムミルクにキャラメル、奥に抹茶とその苦味。
ペットボトルのお茶にある香、緑の香。
色は紫のイメージが湧きます。
少し芳香剤の…パフュームっぽいニュアンスもある様な。

飲んでみると、
更にトップノートで感じた香が広がるイメージ。
徐々に加水して行くけれど、加水した方が好みかも。
いっそ、ハイボールにしても美味しい様な印象。
面白いです。特徴的。


Dscn037211


クリスマスのこの時期は、カウンターにオルゴールが置かれます。
毎年の風物詩ですね。

何でも忘年会なる催し物のピークの土曜日だったそうで、
電車も街も、皆混み合っていました。
賑やかだけれど、ホッとする場所で、過ごして来た思い出を、ここに。

38年目も、また遊びに行きますので、
どうぞよろしくお願い致します。


|

« 燗ビールはいかが?(2015年12月5日・Hop Frog Cafe) | トップページ | あさりスープを使った豆乳潮ラーメン(2015年12月11日・月の兎影) »

ウィスキーと洋酒 イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/62859745

この記事へのトラックバック一覧です: pub.摩幌美 37周年記念ボトル…その1(2015年12月12日):

« 燗ビールはいかが?(2015年12月5日・Hop Frog Cafe) | トップページ | あさりスープを使った豆乳潮ラーメン(2015年12月11日・月の兎影) »