« 〆はビールだけでなくコーヒーも。(2015年12月19日・Hop Frog Cafe) | トップページ | 2015年の洋食厨房Spice・クリスマスディナーについて。(2015年12月25日) »

2015年12月29日 (火)

北信のうまいもんに触れる。(2015年12月23日・三幸軒、東飯田酒造店)


いつでも信州SOULの様な心持ち。


ある種、祈る様にして迎えた12月23日。
雪が降りませんように。
もし降ろうものなら、僕ら中野市に行けないじゃん…そう言うこと。

蓋を開けたら、間違えナシの暖冬で、雪が降らな過ぎて、
逆に戸惑うくらいの12月23日でした。
当日を楽しみにして僕らにとっては、
目的を果たすため、心配がないのは何より。

12月1日の中野市・三幸軒のブログを見て、
「あぁ、行けたら良いなぁ」と考えていました。
美味しそうだった。
12月12日の同ブログを見て、
より確かな思いを形作り、出掛ける事になります。

こうして「食べたい!」気持ちに応えてくれる事、
本当に有り難いです。感謝してもし足りません。
伝わると嬉しいです。
この「ありがとうございました!」と思う心持ち。

Dscn0470


家から真っ直ぐ三幸軒を目指し、
開店直後の11時35分頃に到着。
オーダーを果たして、待ち時間。
待ち時間に、こうして日本酒のメニュウを見る事も、実は楽しみ。
良い品揃えなんです。
夜に、普通に飲みに来たのは、これまで1回だけだけれど、
「いつかまた」と言う希望に心膨らみます。

食酒楽会、イベントでは何度か飲みに来ていますね。
やはりイベントと日常の夜の風景は異なっていて、
どちらもとても居心地の良いものでした。

Dscn0471



必ず頼みたい「三幸軒サラダ」を。
素揚げのきのこが良い味、出してくれます。
メンマやチャーシューもたっぷり乗って、好きなんです。

Dscn0481


12月19日の三幸軒のブログにて掲載されていた、
数量限定の「鶏餃子」の看板が店頭にありました。
いやー、食べてみたかったので、嬉しい。

Dscn0472



「鶏餃子・大葉風味」、見た目はいつもの餃子と変わりません。

Dscn0473


なんと塩で頂く焼き餃子とのこと。
餃子を塩で…しかも見てみると、ただ塩だけでなく、
胡麻や胡椒など色々ブレンドされた塩の様子。

鶏餃子、鶏肉だからこそのアッサリさを持っていますが、
しかし充実したタネでした。
十二分にジューシーさがあり、ボリュームもたっぷり。
生姜がふんだんに使ってあって、
生姜の風味、香の良さと塩の香がよく組み合わさって、
とても美味しく感じました。

次なるメニュウ、
予約をしてから向かいました。
出来るタイミング、出来ないタイミング、
それぞれあると存じますので、
事前にご確認、ご相談などされますと幸いです。

Dscn0476


四川風麻婆豆腐定食。

麻婆豆腐もお店ごとに差があって、
それを食べ比べる事は、とても楽しいと感じられます。
普段の麻婆豆腐のベース、
優しく滋味もあるものに、花椒の鮮烈な香。
YOKOさん曰く、マイルドな雰囲気がとても美味しく感じた…とのこと。
辛い物が大好きなYOKOさん、
マイルドと言いながらも、辛さは十分にあって、
辛いけれど、マイルド。
その美味しさがとても良かったと振り返ります。

Dscn0478



12月・月替わりの限定メニュウは、

「香油白味噌ラーメン・炒飯セット」でした。

「白味噌ベースのさっぱりスープにチョイ辛の香油がアクセントになっています」とは、紹介されたブログ記事より。

これ、僕は今年食べて来た三幸軒メニュウ…
更に、他のお店でも色々食べたラーメンの中でも、
特に気に入っています。実質、印象では一等賞級。
とても美味しかったです。中野市まで来て良かった!と思いました。

何が最高に心を惹きつけたか…と言いますと、
香味油の美味しさが、たまらなく良かったです。
以前、「第18回・食酒楽会」で登場した
「白菜と豚肉の四川煮込み ジュージュー鍋仕立て」を思い出します。
サラッとした軽い舌触りに感じるオイルで、
山椒の香が華やかに届き、追って少し海老の香。
同時にじんわりと辛味が広がります。
結構な量を加えてある…そう思います。
スープがブログに紹介されていた通り、濃厚な仕立てではない為、
そのバランスが香味油の量や味の重みづけに対して、
とてもちょうど良い塩梅で、
そこに甘味のある肉みそが甘味でアクセントを、
シャキシャキした野菜の甘味と瑞々しさのあるもやしとキャベツが、
食感と共に素のシンプルな味わいでアクセントとなり、
絶品のスープでした。すごく旨かったです。

Dscn0480


香味油がたっぷり使われているから、
スープに蓋をされるカタチ、
麺も具も、全てが最後まで熱さを保ったままでした。
これも、より美味しいと感じた理由かも知れません。
中盤、後述の炒飯を主体に食べていた時間帯があり、
「さて、ラーメンに戻るか」と思ったその時にも、
写真の様に引き上げた麺が熱く、香味油の香が改めて鮮烈で、より感動したものです。

とにかく、香味油の美味しさが凄かったですね!
香味油に対しての味噌スープの軽さもベストバランス。
興奮して食べていました。

Dscn0479


炒飯、そのままで食べても美味しく、またスープに浸しても旨い♪

Dscn0482


到着した頃は数台だった駐車場も、
次々にお客さんがお見えになって、あっと言う間に満車状態に。
でも、入れ替わりも早いですから、
僕らが出て行って、また直ぐにそこに入って。
人気が伺える外観写真。


次なる目的地を目指す…その途中にある未踏の温泉へ。

Dscn0483


豊野温泉・りんごの湯へ。
近くに若槻温泉があるんですね。
その距離感、辿り着いて初めて知りました。

23日は、りんごの湯のゆず湯の日…と果実名ばかりで、
少し訳が分からなくなってしまいそうですけれど、
内湯にはゆず袋が釣り下げられていました。
毎月5日はりんごの湯らしくりんごを湯船に浮かべている…のだとか。

入場料410円と格安であり、飲食、休憩スペースの充実によって、
地域の憩いの場となっている様でした。
駐車場はめいっぱい混んでいたけれど、
ちょうど昼時分であったこともあり、浴室は結構な空き具合でした。

内湯、露天風呂共に、
浴槽の構造が長方形で多くの人が入りやすく、とても良いですね。

富士見町のもみの湯に似た薄緑と黄色を足した様な色合いで、
泡付きもあり、新鮮さもあります。
露天風呂から見えるのは、ほぼ空のみ。天井への開放感がありますね。
屋根がある露天風呂、降雨時などは安心して入る事が出来ますが、
開放感と言う面では、
何もない方が感じる空の量は多いんだなぁ…と改めて思います。

熱過ぎない湯温が良かったですね。
内湯は端に行く程、やや湯温がマイルドに感じられ、
この時期の露天風呂は程好いぬる湯。
しかしながら、塩化物泉の恩恵で、湯上りはポカポカ。

温まって、長野市街地へ向かいます。
善光寺の裏を通って、目的地へ。

Dscn0484


銘酒「本老の松」を醸します
篠ノ井小松原の「東酒造飯田店」にやって来ました。
2010年9月3日ぶりになります。
前回は信州SAKEカントリーツーリズムの一環で立ち寄りました。

( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/7sake201093-468.html )

当日は、ラズベリー社長さん、めしださんともお会い出来て何より。
Twitterにて、普段お話させて頂いているので、
何とも「会う」感覚が面白いものです。

今回も新酒が搾れたとTwitterにて拝見して、
ルートを策定した経緯がありました。

茶臼山動物園や「酒の春日」もこの付近、
高速道路ならば更埴I.C.が最寄りだと感じます。
そうした地理を確認する事も出来ました。

Dscn0486


家に帰って来て、早速買い求めて来ました新酒を味わいます。
本老の松蔵の新酒「若松」は、蔵にある古いラベルを復刻したもの。
うたい文句に「一杯美味延壽長」とあります。

以下、当日のTwitterより。

信州篠ノ井小松原・本老の松・新酒若松を。
度数20度が強く脳天に酔いの気配が迫る感じ。
けれど、雑味や渋味がなく、清楚。
コシのあるイメージで甘味の心地好い香。
加水やロックにして行くと、かなり楽しいです。
コロコロと表情を変えながら、清凛。

昔、よよぎの大将が自家割り水について話してくれた事もあるし、
ウイスキーでは摩幌美の酋長が、
水による変化を僕に教えてくれている。
YOKOさんは言う。
そのままだと、ガツンと、
半分くらい水で割るといくらでも飲めちゃう感じ…と。
割っても、芯がブレない美味しさがあって、良酒と感じます。

好みがあるので、割る、割らない、
その量は楽しみのひとつだと思うんです。
けれど、お酒自体が良くないと、
どこかつまらなさが出ちゃうと思うんです。
その在り方が良いですね!

以上、3ツイート。

アルコール度数20度は、かなり強く感じられます。
けれど、それをそのまま楽しむ事も、
また氷や加水で薄めながら楽しむ事も、どちらも可能で、
どちらにも良さがありました。それが特に良いと思いました。
雑味の無さ、これが仕上がりの良さに通じていると感じます。

Dscn0488



ボトルの写真を撮る際に、もう1枚撮影。
めしださんより暮れ間近と言う事もあって、
カレンダーを頂きました。

長野警察署・長野交通安全協会の、
某所ではお噂に上った「けいさつのおにーさん」のカレンダー2種。
これはこれで嬉しいじゃないですか。
蔵に立ち寄った際には、
デレステ(分かる人だけ分かってください)の話もしたりなんだり。


ぐるっと北信の行きたい所を回って来たカタチ。
そんな楽しく、美味しい1日でした。

|

« 〆はビールだけでなくコーヒーも。(2015年12月19日・Hop Frog Cafe) | トップページ | 2015年の洋食厨房Spice・クリスマスディナーについて。(2015年12月25日) »

ラーメン」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

先日はご来店ありがとうございました。


喜んでいただけて嬉しい限りですよ!


ランチも予約もらえれば土日もできますので大丈夫ですよ。ご来店してもらえるだけで嬉しいですから、これからもよろしくお願いいたします。

投稿: 三幸軒 | 2015年12月29日 (火) 15時41分

三幸軒さん、コメントありがとうございます!

本当に美味しかったですー!
自分も素人ながら油を作ったり、
試したりしているので、
少しくらいは分かるつもりでいましたけれど、
想像が全く及ばないくらい、
綺麗で香がしっかりと移っていて、
理想過ぎる美味しい油に感動しました!
素材の良さもあるのでしょうけれど、
料理人さんのプロの腕を実感しました!

また来年も是非とも遊びに行きます!
どうぞよろしくお願い致しますー!

投稿: SOJA | 2015年12月30日 (水) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/62960588

この記事へのトラックバック一覧です: 北信のうまいもんに触れる。(2015年12月23日・三幸軒、東飯田酒造店):

« 〆はビールだけでなくコーヒーも。(2015年12月19日・Hop Frog Cafe) | トップページ | 2015年の洋食厨房Spice・クリスマスディナーについて。(2015年12月25日) »