« あさりスープを使った豆乳潮ラーメン(2015年12月11日・月の兎影) | トップページ | 早速、玉丼を食べる。(2015年12月6日・廣東) »

2015年12月16日 (水)

新酒の時期になって来ました。(2015年12月12日・信州ばんざい家)


12月も半ば、いよいよ年の瀬が見えて来る様な時期。

信州の新酒も、多くお目見えする時期になりましたね。


やけに電車が混むなぁ…と思った12月12日、
後から聞くと、忘年会シーズンのピークだったそうですね。
昨今、カウンターが禁煙になった「信州ばんざい家」、
YOKOさんのひらめきで、一週間前に席を予約して向かったのだけれど、
正解だった様です。予約しておかなければ、座れなかったかも。

Dscn0338


信州秘密の酒頒布会のお酒と青森・陸奥八仙からスタート。

頒布会のお酒はネット公開禁止と取り扱いの酒販店さんのルールがあるので、
ラベルを画像加工してあります。お店ではちゃんとラベルと銘柄を見ることが出来ます。

頒布会のお酒は、パインとヨーグルトの香を感じました。
乳酸飲料などに感じる雰囲気を持っていて、熟成感も密やかに感じるものでした。
青森・陸奥八仙は、香の高さを注がれて感じ、
華やかな新酒らしさを持ちながら、飲むと旨味も確かに感じられ、
まとまりある雰囲気が、美味しいと感じました。
毎年、新酒を楽しみにしている銘柄のひとつ。流石の仕上がりでした。

Dscn0340


「信州ばんざい家」はご飯が…お料理が美味しいと思っています。
お料理を、少しずつ頂く「おばんざい盛り」も酒呑みには素敵です。
色んな味わいに触れる事が出来る、楽しくて美味しいって思っています。

単品で、豚ミミのおろしポン酢。
こう言う食感、大好きです。ポン酢も酸味が立って、美味しい。

Dscn0341


サラダほうれん草は、
「オリーブオイルのポパイ仕立てサラダ」か
「カリカリチーズのシーザーサラダ」か、それぞれの味を選ぶことが出来ます。
ひとつの食材の調理法を選べるって、なかなかナイことですよね。

Dscn0342


単品・里芋のからあげ。
大好物。
お酒をそっちのけにして、ハフハフと熱くてたまらないところを…
…いちばん美味しい時間帯を逃さないように、食べ抜きます。至福!
ただ、里芋を素のまま揚げたものではなく、
上方の料理の粋、1度炊いたものを揚げているので、
手間暇を掛けている料理、十二分に粋な部分が生きて旨いです。

Dscn0344


おばんざい三種盛り。
気になるものを、3種類選んでみました。
「なすの揚げ浸し」「たらこコンニャク」と「豚タン塩煮込み」を。
もう1種類「ピリ辛そぼろの切り干し大根」はおまけ…として。
嬉しいじゃありませんか。

五種盛りもあるのですが、そんなには食べられない…
三種類選ぶ中で、残念ながら選外になってしまったものが、切り干し大根でした。
有り難いチョイスであります。

Dscn0345


「たらこコンニャク」、こう言う事でした…と言うのも、
どんな料理か、僕もYOKOさんも想像が出来なくて興味を持ってお願いしたものでした。
コンニャクとタラコはある種別に味付けされたもの…の様です。
それぞれちゃんと味があります。
タラコはコンニャクと違って、炊いたもの…と言うより、焼いたり蒸したりしたそのまま。
それが炊いたコンニャク…白滝状のそれに絡み合って、
塩味が聞いて、なんとも旨いんです。「こんな食べ物あるんだ!」と思いました。

「豚タン塩煮込み」、見た目もハッキリと形状が残っていましたから、
歯応えがあるお料理かなー…と思って口にすると、
タンシチュウの様な柔らかさ。驚きました。
これもとても美味しかったですね。薄切りであるのが、また食べ易くて酒肴に最適♪

Dscn0346


信州辰野・夜明け前の新酒にごり酒“なまさけ”と、
信州飯山・北光正宗・吟醸しぼりたて、
千葉から届いた京芋のステーキを。

「夜明け前」、このにごり酒は気に入りで、
毎年どこかしこで飲ませて頂いているものですが、今年は特に好みの塩梅でした。
重くもったりしたものも好きではあるけれど、
今年は、ややライトバランス。それがなお良く感じました。

京芋は、バカな旨さ…バカウマってヤツでした。
これもまた、“ただ焼いただけ”と言う訳ではなさそうな雰囲気。
1度油で揚げてあるかの様な衣が目に見え、
熱した鉄板の上、甘辛い煮詰めたタレが掛けられて焦がした香ばしさ。
京芋自体に強い味付けがない分、
甘味の強いタレが味わいを膨らませて、これも熱々!すごく美味しかったです。

Dscn0352


信州佐久・佐久乃花・“裏佐久”辛口本醸造直汲み生、
信州松本&豊野・大信州・純米吟醸“槽場詰め”生・ばんざい家ラベルを。

「佐久乃花」は、透き通る雰囲気が好ましいもの、
「大信州」は、この時期の定番ですよね。ばんざい家の旦那の笑顔も眩しいラベルです。

Dscn0350



素晴らしい…見目麗しいサシの入った「ブリのお刺身」を。

Dscn0355



「ブリのカマ焼き」、これを食事の〆として、頂きました。
身を掘り返す作業が楽しくて美味しいですよね。

Dscn0351



ちょいちょいっと「エイヒレ」を摘んで、お開き。


ついつい、書いているうちに美味しい記憶が蘇ってきて、
更新頻度を上げるために、簡単に書くつもりが、そうも行かなくなってしまいますね…。
うん、それはそれ、これはこれであります。

1週間お疲れさま…の恒例の土曜日呑み、美味しく頂きました。

そろそろ、信州塩尻・美寿々蔵の新酒も発売されると思うんです。
これも、とっても楽しみ!


|

« あさりスープを使った豆乳潮ラーメン(2015年12月11日・月の兎影) | トップページ | 早速、玉丼を食べる。(2015年12月6日・廣東) »

日本酒」カテゴリの記事

街を呑み歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/62879858

この記事へのトラックバック一覧です: 新酒の時期になって来ました。(2015年12月12日・信州ばんざい家):

« あさりスープを使った豆乳潮ラーメン(2015年12月11日・月の兎影) | トップページ | 早速、玉丼を食べる。(2015年12月6日・廣東) »