« 再開と再会は同じ意味。(2015年6月・月の兎影) | トップページ | まさに縁日!ふるさとグルメ博(5月23日・松本城公園) »

2015年6月11日 (木)

露天風呂からの景色は生きる風景画(2015年6月7日・アートヴィレッジ明神館)


「 なるほど 」

「手を打つ」…なんて申しますし、

こう、じっくり…満足げに頷かざるを得ない光景。

「これは良い、これは本当に良いものだ」…と、

頬杖を付きながら、

何度も何度も、思っては繰り返し思いを重ねて、

脳裏に風の景色が刻み込まれる。


前日の6月7日は、
湯川温泉・乗鞍高原温泉湯けむり館に入り、
強力な酸性の力で体を清め、
そして、
もうすぐ道路を手直し舗装するために通行止めになる、
林道を乗鞍高原から白骨温泉へと抜け、
泡の湯温泉旅館で、じっくりぬる湯、その泡に包まれました。

翌日6月8日、良泉の余韻も芳しく、
「良いお湯に浸かりたい」と言う欲求よりも、
「今まで行った事がない温泉に行ってみようか」と考えました。
そして、前日の6月7日の重い雲に蓋をされた様な天候から、
輝かしい光が降り注ぐ日和だったから、
青空を見上げる事が出来ましたから、
「景色の良い温泉に行ってみようか」と選ぶことにしました。

そうして白羽の矢が当たりました場所が今回のお話。

気楽な所で、一生懸命に申し上げます。

どうぞ、しばらくのお時間、お付き合いくださいませ。


Dscn86131


塩尻からですと、新和田トンネル有料道路を通ります。
目的地は東御市。
温泉、ワイン、クラフトビール…
農産物の評判も伺いますし、名高い土地柄ですよね。

快調に進んで、おおよそ1時間30分ほど。
道中では「立科権現の湯」への看板なども見つけながら、
目指す「アートヴィレッジ明神館」にやって来ました。

Dscn86121


高台にあり、駐車場に車を停めた段階から景色が美しい。

Dscn86111


「明神館」なる名前は、
もしかして松本の旅館「明神館」から取られたもの、
系列関係があるのか…と考えてしまったのですが、
この美しい池、「明神池」から名付けられたものだと思います。

Dscn86141


聳える浅間連峰を眺める場所に入口があります。
眺めの良さに期待しないではいられません。

Dscn86151


宿泊施設や宴会施設を持ち、
当日も無料の休憩室は宴席が設けられていた様子。
旧望月町の「武重本家酒造」のポスターも、
地域、地元の蔵元さんの雰囲気として快く拝見しました。
上田や佐久発祥のスーパー「TURUYA」が進出しているので、
目にする様にはなりましたが、
「御園竹」や「泡泉花」を醸す蔵元さん。
「長野酒メッセ」に足を運ぶ様になるまでは、
同じ長野県、松本・塩尻地区では存じ上げないお名前でした。
とても特徴のあるお酒を醸す蔵元さんですよね。


北御牧村2号源泉・信州八重原温泉アートヴィレッジ明神館は、
比較的、コンパクトな造り。
男女それぞれで、内湯1、露天風呂1と言うカタチ。
薄く黄色、黄緑色…色があるお湯で、とても塩の力を感じます。
武石温泉・うつくしの湯に近い印象。
内湯の向こうに露天風呂が見え、露天風呂は一段下にあるため、
目線の先に、景色と共にオヤジサンと相まみえる事も少なく、
考えられて造られていると感じます。

Dscn86191


とにかく、露天風呂からの景色が素晴らしいです。
この写真は、両露天風呂の間、テラスから撮影したものですが、
露天風呂からは、
ほぼこの景色、浅間連峰を存分に眺める事が出来ます。

特に男性側は、
下の道行く車の中の表情も分かる開放感ですから、
四季時期の眺めが、たまらないことは想像に難くない。
生きる風景画、通って目に焼き付けたいですね。

Dscn86171


男性の脱衣所に掲げられていた写真。

「明神館から見える山々」

これ、とても助かりました。
ごめんなさい、どれが浅間山か分からなかったんです。
先日、仕事の関係でこの地域に15年住む方にお会いした際に、
「浅間山って区別つきますか?」と伺ってみると、
「それはもちろん」とお答えいただきました。

中信地区…松本、塩尻では、それぞれ皆さんの、
目印の山がある様な心持ちです。
常念、鉢伏…様々で、
「浅間山に尽きる」「浅間山がシンボルだ」と言う、
そうしたアイコン的景色があること、羨ましくも感じます。

初めて、御岳山を間近に見たときにも同じことを感じました。
「こうした山の景色、美しい、羨ましい」
「そりゃあ、山に惚れるよな」…と。

Dscn86181


温泉お馴染みのビールの自動販売機も、
定番のアサヒビールだけでなく、同東御市で醸造される、
オラホビールもある…なんだか嬉しいですね。
比較的、年齢層の高いお客さんが多い日でしたが、
そんな皆さんが、オラホビールを楽しんでいるかと思うと、
うん、素敵ですね。

Dscn86201

ロビーで売られていたニンニク。
これ、安いと思いませんか?
一袋に4個入って、520円。
地元八重原産です。国産です。

八重原といえばお米も有名ですよね。
大信州酒造の銘柄には「八重原大吟醸」もあるくらい。
酒造技術の高まりもあり、非常に美味しいです。
ここがその生まれる場所か…そりゃあ美しい訳だと、
納得する部分もありました。
田んぼ散策ツアーに参加すると、この辺に来るんだなーって。

次回は農産物直売所も探して、そちらも訪れたいと思いました。

Dscn86211


帰り道は、三才山トンネルを通って松本市へ。
「餃子房ひづき」に立ち寄りました。
発売されたばかりの野菜餃子を購入したくて。
昨年の夏も好評だったそうで、その再販。

実際にその日の内に焼いて食べましたが、いやはや、たいへん美味しかった。
定番の肉餃子も美味しいのだけれど、これは満足感が高過ぎて、
何個も入る…と言うカタチではありません。
1人前の5個で十分に満たされます。
「野菜餃子」は、何個も何個も楽しんじゃいますね。
すごく美味しい。物足りない訳じゃありません。
1回1回、口に運ぶ度に美味しいのに、パクつく美味しさがたまらないんです。
肉餃子に比べて、やや小ぶりですが、
圧倒的に、お値段もお安く、お得な心持ちもあります。
良い商品ですね~!


そんなドライブを楽しみつつ、温泉に食にと楽しんだ1日。

|

« 再開と再会は同じ意味。(2015年6月・月の兎影) | トップページ | まさに縁日!ふるさとグルメ博(5月23日・松本城公園) »

」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/61728855

この記事へのトラックバック一覧です: 露天風呂からの景色は生きる風景画(2015年6月7日・アートヴィレッジ明神館):

« 再開と再会は同じ意味。(2015年6月・月の兎影) | トップページ | まさに縁日!ふるさとグルメ博(5月23日・松本城公園) »