« 蟻の話、桧と廣東(2015年5月9日) | トップページ | 善光寺花回廊長野地酒巡り2015 (2015年5月4日) »

2015年5月13日 (水)

信越麺戦記 Part7・新御当地の章~後半戦~ その2!(2015年5月6日・ジャスコ南松本店)


今年も楽しんで、美味しく食べました!

ゴールデンウィークの恒例となっております麺週間、3回目の更新です。

また来年も、是非是非!

どうぞ、よろしくお願い致しますっ!


えー、さて。

人の流れと言うものは、想像し難いもので…。

ゴールデンウィークの公休日、最後の1日である、
5月6日は、
心配性である自分からするってぇと、
「めちゃくちゃ混むのではないか」と思いました。

遠出をする日ではない、むしろ遠出をした後だから、
近場の、地元のイベントに行こうって考えそうだ…
そう、「麺戦記に行こう」、これですよ。

さにあらず。
(そして、それはYOKOさんの予想通りに)

当日は松本山雅の試合もあり、
お昼ご飯として食べに行きましたから、
試合の開催時間と重なっていた事が良かったのか、
心配したほど、1軒を食べるのに30分くらい掛かると考えた自分の不安は、
全く以って大ハズレで、
実にスムーズな回転で、食べたかった3杯を味わう事が出来ました。


Dscn84011


大阪・らーめんstyle JUNK STORY
濃厚たまり醤油仕立ての煮干鶏白湯+スペシャルセット

Dscn84021


レアチャーシューが気になって、増量をお願いしました。

Dscn84031


濃い。
鶏白湯のらしさ、舌にまとわりつくスープの旨さ。
煮干も多く入っているのでしょうけれど、
鶏の旨味の中に、よく混ざり込んでいて、突出感はなく、
食べ易く、けれど充実したスープだと感じました。
まろやかだけど、ひとくち「あっ、これは美味しいヤツだ!」と喜ぶ事が出来るような。

Dscn84041


レアチャーシュー、本当に美味しかったですね。
豚らしい香よりも、低温調理肉特有の弾力ある柔らかさと、
肉の甘味、脂が口の中で融けて行く感覚…
基本トッピングの2枚は、早々に火が入りつつあり、
追加分の4枚は徐々に、ピンク色から熱が入って白くなって行きました。
スープから引き上げますと、
スープに浸っていた部分だけ白い。また食感も違って、
スープの味に浸された分、また異なる美味しさで楽しい。

ラーメンもすごく美味しかったし、トッピングも素敵でした。

Dscn84051


岡山・小豆島ラーメン HISHIO
醤そば

Dscn84061


YOKOさんとふたりで思った事は、
熟成もろみのオリーブ煮があってこそ、僕らは大好きかなぁ…と言う感覚。
ラーメン上部に鎮座ましましていて、これを溶かすことで大いに味が変わりました。
先行してインパクトある1杯を食べた為なのか、
この穏やかな世界が、何とも言えず、穏やか過ぎて感じてしまったひとくち目。

熟成もろみのオリーブ煮、必須ですね。
味わいがグッと広がるし、後口が締まる。
ダシと言うより、スープ…と言う印象の1杯でした。
そのままで、スープだけで呑む事が出来そうな、
料理であるような…
穏やかさと、もったりした舌触り、
野菜類のポタージュの様な印象もあります。
口の中での密度が高い、そんな風に感じました。

Dscn84081


麺は比較的、低加水のもの。
これはスープによく合っていました。
穏やかな雰囲気に、やや淡白な麺の香、お互いの強さが良い塩梅。

Dscn84091


新潟・男前☆祥気
長岡/甘エビ生姜チャーシュー

「男前☆飛雄馬総本店」と「麺の風 祥気」のコラボ店とのこと。

Dscn84111


前者2杯は、良い意味で「凝った」味わいと置くならば、
この1杯は、実にシンプルで、それでいて美味しいものだと感じました。
ほうれん草が乗る1杯、生姜の香が華やかに開いて、心地好いです。
生姜と海老って相性が良いのですね。
生姜、塩の雰囲気と次いで感じている中で、
香が立つ存在がもうひとつ、それが海老のダシ感である事に、
すぐに気付きませんでした。よく混ざり合っていて、縁の下の力持ちと言う感覚。

Dscn84121


麺をすすっても、麺の香と生姜の香が先端に届いて、美味しく、
そう、最後の方に海老の旨味が残る、その美味しさもまた良いです。


そんなわけで、前半に4杯、後半に6杯、渾身の1杯、食べる事が出来ました!

ごちそうさまでしたー!

Img_01401


番外。

連休だったので、家ではこんなものを作って食べていました。
無化調、自家製麺にて。
ただ、二郎っぽい見た目とは裏腹にスープをアッサリし過ぎましたね~。
もっともっと豚肉でスープを取らないと、
背脂もじゃんじゃん入れないと、ああした旨さにはならないですネ。
麺も、もっと美味しく作りたいなぁー。

|

« 蟻の話、桧と廣東(2015年5月9日) | トップページ | 善光寺花回廊長野地酒巡り2015 (2015年5月4日) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/61582812

この記事へのトラックバック一覧です: 信越麺戦記 Part7・新御当地の章~後半戦~ その2!(2015年5月6日・ジャスコ南松本店):

« 蟻の話、桧と廣東(2015年5月9日) | トップページ | 善光寺花回廊長野地酒巡り2015 (2015年5月4日) »