« 喧嘩するほど旨いもの………らーめん月の兎影 | トップページ | 3月7日、今宵のさけさかな………厨十兵衛。 »

2015年4月22日 (水)

赤い、麻婆豆腐は何故、赤いのか……緑町・廣東


Dscn75521

それは麻婆豆腐が麻婆豆腐だからなのだけれども。

白くても、確かに麻婆豆腐でした。


Dscn75551



3月7日、緑町「廣東」へ。

お目当てがありました。
お店のブログ「広東@どっと混む」をチェックするのは、欠かせませんね。
( http://blogs.yahoo.co.jp/kanton_tyuuka )
YOKOさんも自分も、きっと毎日チェックしております。

Dscn75501


3月になって、「おすすめボード」が登場しました。
これまでの月替わりおすすめメニュウはそのまま、
更に、その日だけ、その週だけ、また、
その仕込み量によって、もっと期間限定的なお楽しみが登場です。

「白マーボー豆腐」…
これ、ブログを見ていて、僕はたまらなく興味が湧きました。
だって、麻婆豆腐は赤いものです。
赤いから麻婆豆腐です。象徴的な色合い。
“そうではない”と言うのは、実に心躍ります。

特に「廣東」のマスターさんが腕を振るう料理、なおさらです。

Dscn75511


YOKOさんは、リピート率の高い大好物、「酸辣湯麺」を。
相変わらず、酸味と辛味のバランスが絶妙。
とろみを“付ける、付けない”が選べます。
とろみがあった方が、いつまでも熱く、辛味も舌に乗ります。
辛いものが大好きなYOKOさんは、必ずトロミ付き。

Dscn75521


さて、僕のお待ちかね「白マーボー豆腐」を。

色のイメージもあるのか、とてもシンプルに感じます。
シンプルに麻婆豆腐の味で、こう…日本酒で例えるならキレが良い。
味は存分にあるのだけれど、淡白だとも思います。
旨味ある淡白さ。矛盾している様な言葉だけれど、そう感じます。

このブログを書いている4月半ば、
通常の「麻婆豆腐」を食べに行って来ました。
比較してみると、赤い色素由来の美味しさ、油だったり醤だったり、
そうした部分が、こってりとしている様に感じます。
その旨味がすごく美味しいし、
YOKOさんのナンバーワン・リピートメニュウが「酸辣湯麺」なら、
僕は「麻婆丼」がそれに当たるくらい、「廣東」の大好物。

Dscn75531


1杯目のご飯。

Dscn75541


2杯目のご飯。

あっと言う間に、2杯。
夢中になって食べました。
ご飯にもよく合います。
塩味か…と言うと、そんな単純でもなく、
鳥由来でしょうか。そうした旨味を感じます。
それが鳥ひき肉なのか、鳥スープなのかまでは分からないけれど、
そうした要素が「白」にはありそう。

黒板の「おすすめ」は日々変わって行くもの。
好評の「白マーボー豆腐」のあとには、
「カラフル野菜マーボー豆腐」、「赤マーボー豆腐」などもあったそうです。
特に「赤マーボー豆腐」は、いつもの「麻婆豆腐」と違ったそうなので、
興味ありましたね~。

そうした出会いも楽しいですね。

Dscn75561


その後、僕とYOKOさんは扉温泉・桧の湯へ。
駐車場脇に咲き始めていた福寿草。

特に露天風呂が、極上のぬる湯状態でした。
まどろんで1時間あまり。
以前、猪騒動を話していた地元の常連のオジサマは、
薄川に石油が流れ込んだ話をされていました。
番頭さんは、明日の松本山雅のお話を、また別の常連さんと。

温泉、銭湯、湯どころは、今も昔も話題の交流地ですね。





Dscn75571


帰り道に、内田のファーマーズガーデンに寄ります。
「わさびの花」が入荷していました。
春先のお楽しみ。
最初は、上手に辛味を引き出して作ることが出来ませんでしたけれど、
今年は失敗することが1度もなく、ツンと美味しく仕上げる事が出来ました。

そんな日中のお楽しみ。

続いて、夜へ。

|

« 喧嘩するほど旨いもの………らーめん月の兎影 | トップページ | 3月7日、今宵のさけさかな………厨十兵衛。 »

街を食べ歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/61476978

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い、麻婆豆腐は何故、赤いのか……緑町・廣東:

« 喧嘩するほど旨いもの………らーめん月の兎影 | トップページ | 3月7日、今宵のさけさかな………厨十兵衛。 »