« 第13回・れざん亭の1日。 | トップページ | 第213回・摩幌美 モルトウイスキーを楽しむ会 »

2015年2月 5日 (木)

豊富なメニュウのどれも気になる!…ばんざい家にて。






直近、TV版「ワカコ酒」で「刺身の盛り合わせ」を見ました。

メニュウを見る前から「それだ!」と思っていました。

でも、僕らは思い留まることになります。

他に食べたいものが多過ぎて、酒飲みの必需品「刺身」を押し退けた、

ばんざい家、そのメニュウの魅力たるや!


2015年1月24日のお話。

今日は松本駅前「信州ばんざい家」にて、晩ご飯。
先ず一杯はこちらから。

長野・中野市・旭の出乃勢正宗・純米無濾過生原酒もち米熱掛四段
高知・土佐しらぎく・大吟醸・平成26年金賞受賞酒

Dscn70561


当日のTwitterでは、こちら。

勢さん、美味しい!
これ、もっともっと…今は口開けだから少し硬めだけど、
絶対もっと良く開く!
爽やかな新酒らしさの今!
これ、さらに輝きそうな透明な風が吹いて良いですね!
酸も効果的な入り方!
土佐しらぎく、思いの外穏やかな香。喉ごし抜群すごく滑らかで、
でも太い芯部がつるんと入って来る。これはこれで良いお酒なんだろうなぁーって思う。

…とのこと。
先達て、勢正宗蔵の本醸造しぼりたても美味しく頂きましたが、
丸世酒造店さんのフラッグシップと言えば、このボトルでしょう!
待望でありましたし、その日、口開けだったと言うのも巡り合わせ…と言うもので。
楽しみにしていた心持ちを、
見事に飲み込ませてくれる様な…そんな美味しさがありました。

「小松菜とお揚げの煮浸し」

Dscn70591


すぐに出て来て、嬉しいおばんざい。
煮浸し、家ではなかなか出来ないですよね。
簡単な様で、難しい。

「小芋のから揚げ」

Dscn70621


関西では普通にあるもの…と言うけれど、
以前にここで…「ばんざい家」で食べるまで知らなかったし、
知らなかった事をたいへんに後悔した逸品。
久し振りに食べる事が出来ましたが、やっぱり最高に旨い!
ただ里芋を揚げたものではなく、
ちゃんと下味を付けて煮た里芋を更に揚げる訳で、
手間分の美味しさを、バッチリ感じられます。

「トビウオタタキ」

Dscn70631


時期になって来た…と言う所でしょうか。
旬味、生姜や茗荷が利いて、また旨いです。

「真ダラの白子(天プラ)」

Dscn70641


ポン酢でも天麩羅でも…それぞれ選ぶことが出来ましたが、
僕は断然、白子は天麩羅で頂きたい!
香は少しお魚系の主張強い匂い。
食べるとその匂いすらもすべて包み込んで、
白子のトロトロの食感と甘味とかもう…もう、たまらないンですね。
熱いうちに、他の何にも勝って食べ尽す。
一瞬でお皿の上から無くなりました。味わいの余韻だけが残る、その幸せ。

「生ニシン刺身」

Dscn70661

NHK朝の連続ドラマ「マッサン」を見ていると、
特に殊更「ニシン」には反応する時期でした。
「森野熊虎さんも食べたんだろうか」…なんて思いお刺身で。
足の早い魚だったと思います。こうして生で食べるのは初めての経験でした。

鰤より脂が乗っていて身に弾力があり、皮なのか…パリッとした食感すらある印象です。
素晴らしい味わい。
ひと切れ、ひと切れに生姜と大葉が添えられていましたが、
なるほど、この旨味がたっぷり詰まった身には、相性抜群で、
常に一緒に食べて行きたい感覚、分かります!

続いてお願いしたのは、このお酒。

長野・上田市・互・純米吟醸無濾過生原酒“先発”、
福島・寫楽・純米吟醸おりがらみ

Dscn70681


「互」からも新酒がリリースされましたね!
これも飲んでみたかったボトル。
「寫楽」もYOKOさんのお気に入り銘柄です。

「八角のネギ味噌焼き」

Dscn70701


中華食材の「八角」風味でネギ味噌焼きなのか、
お魚の「八角」をネギ味噌焼きにしたのか、
僕とYOKOさんの中で、議論が巻き起こります。
前者も美味しそうなんです。舐め味噌焼き味噌、酒の肴に持って来い!…な印象。
実際には写真の通り、後者で正解だった訳ですが、
前者でも楽しむことが出来たに違いありません。

皮が恐ろしく硬くトゲトゲしい八角。
スプーンで身をすくうと、皮だけを残して、ツルリと身離れよろしい形。
ネギ味噌もただネギと味噌だけ…ではなかったと思います。
風味が良く、程好い魚らしさの立つ八角と、よく合っていました。

「エイヒレ」

Dscn70711


エイヒレ、よく考えたら食べたことがありませんでした。
YOKOさん曰く「美味しいよー」と言うので、お願いすることに…
…えぇ、知らないって罪ですね。
てっきり縁側をバリバリに干物にしたものが出て来ると想像していました。
実物一見、烏賊かと思いました。

Dscn70731


ドバッと出てしまった唐辛子。
「やり過ぎた!」と思ったのも束の間、ちょうど良い辛味で美味。
マヨネーズが濃い分、反発して適度な塩梅となっておりまして。
くにくにとした食感で、風味も穏やか。
アタリメなどより、風合は更に穏やかである様にも感じます。
食の文化は本当に多彩ですね。面白い。
きっと昔から「エイヒレ」ってあるんだと思いますが、
「マヨネーズ」って近代の食べ物ですよね~。
これが合っちゃうんですから。
面白い。

「ポテサラ」

Dscn70744


「風林火山」「ばんざい家」のポテサラ、これも外せません。
大定番!




「レバカツ」

Dscn70761

ここまでに、普段の僕らから言えば、
揚げ物を多く食べて来ていて、更に注文するべきか悩みましたが、
頼んで良かったと思いましたとも!
レバー、食べられなかった頃もありましたが、
食べられる様になってからは、他に代用できるものを知りません。
たっぷりのソースの甘味、衣の香ばしさ、レバーの旨味。
この味わい三重奏、絶品でした。

三重・而今・純米吟醸“八反錦”おりがらみ、
長野・Sogga pere et fils NEUF Miyamanishiki・ファミリーリザーブ

Dscn70771

当日のTwitterではこちら。

ソガ、良いこなれている感。2013ファミリーリザーブ。これ面白い!
而今は美酒っぽい味わいですね!

…とのこと。

この当時、久し振りにオーナー・N村さんにお会いし、
トレードマークだったハズの丸坊主から、
フサフサの髪の毛姿が…こう…印象って変わるもので。
色んなお話を聞かせて頂いて、楽しく過ごしました。

福島・廣戸川・純米吟醸無濾過生原酒

Dscn70831


一番最後に…気になっておりました「廣戸川」を。
先に発売された「純米にごり」の記憶も新しく、
松崎杜氏の味わいは、
出来るなら、ラインナップの全てを味わいたいと思っています。
ナチュラルさ、堅苦しさのない優しさ、透明感もあり、
とてもバランスの良い美味しさ。素敵な味わいでした。


すっかり食べて、しっかり楽しんで!

ではでは、四柱神社へお詣りに。

そして、摩幌美へ!

|

« 第13回・れざん亭の1日。 | トップページ | 第213回・摩幌美 モルトウイスキーを楽しむ会 »

日本酒」カテゴリの記事

街を呑み歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/61052642

この記事へのトラックバック一覧です: 豊富なメニュウのどれも気になる!…ばんざい家にて。:

« 第13回・れざん亭の1日。 | トップページ | 第213回・摩幌美 モルトウイスキーを楽しむ会 »