« 焼きそばにもまた文化があるんだなあ…と思う訳です。 | トップページ | (いつもの)記憶残留量わずかな中で。 »

2015年1月25日 (日)

15周年!おめでとう!!日本酒居酒屋・厨十兵衛!


この目出度い日、僕らのお祝いと言うものは、

YOKOさんの閃きで始まっていた。

あえて、このタイトル。

10周年!おめでとう!!日本酒居酒屋・厨十兵衛!(2010年1月・くるまや、よよぎ、厨十兵衛)

http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/1020101-8449.html

あれから5年。

感謝は募ります。

心から、ありがとうございます!


1月17日のお話。
その記念日は1月18日になるのだけれど、
僕らが遊びに行く事が出来る日は、土曜日ですから。
前日に、手渡しに行って来ました。

Dscn70041


5年前と同じ様に、
穂高の「安曇野アートヒルズミュージアム」、体験工房の中から、
「サンドブラスト体験」にて、造って来ました。15周年記念のプレート。
今回は事前にデザインを考えてから行きましたから、
より、良い仕上がりになったと思います…自画自賛ですけれど。
YOKOさんとふたりで造り上げて参りました。

このお皿を造るに当たって、何時間掛かるかが既に覚えておらず、
記録を辿る事もしなかったのですが…
他の体験に比べて、格段に時間が掛かるのですね。
設定時間2時間ほど。15時に到着し、17時10分頃まで作業しておりました。
ちなみに、
アートヒルズの営業時間は17時まで。
体験コーナーの担当の方は、「お気になさらずに」と声を掛けて下さり、
とても有り難かったです。
お陰様で、本当に満足の行く記念プレートを造り、贈ることが出来ました。

体験工房の庭へ通じる窓から退出。
何て言うのでしょう、貴重な経験が出来ました。
その裏口通路を歩いて行くと、
既にお帰りになる職員さんも拝見し…本当に感謝ひとしおだったんです。
これが新年明けて1月2日の出来事でした。

Dscn70071



こうして飾ってもらえる喜び。
自分ばかり喜んでいてもいけないのですけれど。
きっと、厨十兵衛の大将にも喜んでもらえたと思います。


さて。
ではでは、今宵も美味しく日本酒を頂きます!

Dscn69901



山口・はつもみぢ「原田」・純米吟醸無濾過生原酒、
福島・会津娘・芳醇純米生酒おりがらみ。

当日のTwitterにつぶやいた内容は、こちら。

山口・原田、福島・会津娘を。
はつもみぢ、美味しいですね!初めて飲みます! 爽やかで芳醇! スイートタッチ! 透き通る雰囲気。
会津娘は磐石! お米を思い浮かべる旨味と香の共演! バッチリの美味しさからスタートです!

…とのこと。
良い噂を伺っていて、是非1度飲んでみたいと思っていた「原田」、
なるほど、一言で例えるなら「人好きのする味わい」…でしょうか。
優しく整った面差しを思い浮かべます。
全体的には軽い印象で、通りの良さが心地好いものでした。
「会津娘」は、好みが異なる僕とYOKOさん共に気に入っている銘柄。
例えるなら、「陽だまりの中のお布団」感でしょうか。
厚みのある、長閑な世界観、それは静かな世界であるけれど、
香味は色合いの鮮やかな風の様。程好い重みが心地好いと思います。

Dscn69951


「鰤玉」

今晩の酒肴一番手に選んだのは「鰤玉」…
何度でも食べたくなりますね。お刺身で…山葵を利かせて食べても美味しいんですけれど、
こと、酒飲みの友となれば、こちらに軍配が上がります。一票上げたくなります。
「なめろう」などに代表される「ちょっとずつ食べる」と言うシステムが、
酒飲み垂涎なんですね。
鰤そのものが美味しい。玉子やごま油の風味、舌に乗るまろやかさが、何とも言えずに良いんです。

Dscn69971


「ズワイガニのかに味噌和え」

僕が迷わず頼んでいる酒肴メニュウ。
今回はちょっと写真のアングルを変えてみました。
かに味噌だけでも美味しいけれど、
かにの身がある方が、より一層の美味しさと感じています。

Dscn69981


愛知・菊鷹・純米無濾過生酒「菊花雪」
青森・陸奥八仙・特別純米無濾過生原酒「ふなざけ(槽酒)」

当日のTwitterでは、こちら。

菊鷹、バナナメロンの香が強く、味わいは白ブドウの渋味も含めて、どっしり! 甘旨パワータイプ!
陸奥八仙は、サッパリさと奥に膨らみの芯、バランスの良い美味しさで流石の美味しさです!

…とのこと。
この「菊鷹」も最近名を伺う事が多くなったので、気になっていました。
唄い文句が「伏セシ鷹 天ニ飛翔ス」…唄い文句の用途で書かれている訳ではないのかも知れませんが、
そんな文字の入るクラシックなラベルも素敵ですね。
( 唄い文句とは、例えば「真澄」なら「名聲布四海」など、キャッチコピーの様なものです )

愛知県の酒造好適米「若水」を使ったお酒で、
愛知県の「衣が浦」の「吟雫」と、どこか浮かぶイメージが重なりました。
県のイメージが先行しているのか、地の味わい、趣向が近いのか…。
甘味をきちんと置いて行く印象があります。

「陸奥八仙」は、期待通りの美味しさ。
今後も、様々な色のラベルが入荷するのでしょうか。
色々、飲んでみたいですよね。
どれを飲んでも美味しい蔵元さんだと思っています。

Dscn70011


「叩きキュウリのごま油和え」

これも僕らの定番。
家で真似してはみるけれど、今一歩、十兵衛の大将の味にならないんですよね~。

Dscn70021


福島・廣戸川・純米にごり生酒、
埼玉・花陽浴・純米吟醸・瓶囲無濾過生原酒“八反錦”

当日のTwitterは、こちら。

廣戸川、別世界ですね!
日本酒の新時代を感じる美味しさ!他の何でもない、最高に旨い、ここだけの味! 言葉を失います。この独創性!
花陽浴も香、華やかですね!ライトな雰囲気!

…とのこと。

「廣戸川」、何とも言えない美味しさがありました。
こう、他に例え処がない感覚なんです。
例えようと、何か似たものがないかと…思いを巡らせるのだけれど、
官能的な舌触り、喉越し、シンプルに美味しいし、
見る目を変えて、複雑に頭の中をまさぐっても、ただ「うまい!」の答え、一本槍。
きっと全体に一体感があるんだと思います。まとまりのあるストーリー性。

YOKOさんが好む「花陽浴」、先達て飲んだ黄色いラベル「美山錦」と異なる紺色ラベルは、
「八反錦」を使ったボトルです。比べると、随分スッキリした仕上がりでした。

Dscn70101


「クリームチーズとチャンジャ」

これも定番。特に注文回数多いんじゃないかと思います。
ね?YOKOさんや。

Dscn70081


三重・作・しぼりたて純米原酒
奈良・風の森・純米無濾過無化水生酒「ALPHA TYPE 1」

当日のTwitterでは、こちら。

三重・作、奈良・風の森を!
作は新酒らしい味わい。ツルンとして勢いあり!
風の森は、昨年同様、独自の世界! 旨味溢れる至高の旨さ!

…とのこと。

「作」も、メニュウにあれば、是非逃さず頼んで行きたい銘柄ですね。
火入れ酒にポリシーを持って取り組んでおられる蔵元さんと存じます。
「風の森」は2年目の「ALPHA」、旨味の在り方、その良さ、
ゴクリと飲み込む快感…たまりません。
飲み込み方が少し異なるのは、アルコール度数14度だからなのかも知れません。
こう…コシや強さは全く他に劣る事無く、ちゃんと美味しく、
酔い加減は心地、優しく訪れる様な…どうでしょう。
呑みすぎてはいけませんけれど、
こうして、グラスに注いでもらって飲んでいる間は、安らかに頂く事が出来る心持ちです。

Dscn70121


「鮭の塩焼き・たっぷりいくらと大根おろし」

「他の人が頼んでいる」…そして、美味しそうに見える…よくある事です。
白い大根おろしの生地に、光り輝くいくらが、
あまりにも宝石然として見えました。
もちろん、本体鮭の塩焼きも、とても美味しかったですよ!

Dscn70141


広島・寶剱・純米吟醸生“廣島八反錦”
滋賀・笑四季・特別純米黒ラベル生原酒「Sensation 3 Black」

その当時のTweetは、こちら。

続いてーーー!
もうだいぶ酔っぱらいです! 推して知るべし!
寶剱の潔いサッパリさと芯部の旨味、笑四季のぽっくり甘旨さ!

…とのこと。

うん、普段は4杯なんです。
こちら5杯目。嬉しさの中から、いつもよりも飲み過ぎた様子。
つぶやくテンションも、かなり高く。
「おまかせ」で、それぞれお願いしたものでした。

Dscn70181



5年前の10周年記念のプレートと並べてもらいました。
ちょうどやって来ていたブログ「92の扉」のkuniさんの発案…
…のはず。すごく嬉しいです。
kuniさんは素面だったと思うのですが、
僕らは、上記の通りでございまして、だいぶ酔っ払いだったかと。

そうそう、もうひとつ出会いがありました。
Twitterで最近、厨十兵衛関連の投稿をしている方が、おふたり。
そのうちのおひとり、ひろっちさんにもお会いできまして。
「鰤玉」で繋がるご縁でございました。

腰を据えて、
血液が全部日本酒になるんじゃないかってくらい、
お祝いの嬉しさ、素敵な場所にいると言う嬉しさ、
色んな喜びに満たされて過ごした夜。

本当に、良い夜でした。

これからも、どうぞよろしくお願い致します!


|

« 焼きそばにもまた文化があるんだなあ…と思う訳です。 | トップページ | (いつもの)記憶残留量わずかな中で。 »

日本酒」カテゴリの記事

街を呑み歩く」カテゴリの記事

コメント

先日はありがとうございました( ^ω^ )
本当に良い夜でしたね。
ブログに書いて頂き、嬉しいやら恥ずかしいやら(*^ω^*)

日本酒呑み始めてまだ日が浅いですが、
色々教えて下さいね。
今度はもうちょっとゆっくり…
またよろしくお願いしますm(_ _)m

投稿: ひろっち | 2015年1月25日 (日) 15時04分

15周年のお祝いのプレートの前には、10周年の時のお話があったのですね。ブログ拝見させていただきました。いつの日か、廚十兵衛さんでもご一緒出来たらなと思います。

投稿: maiko | 2015年1月25日 (日) 16時17分

・ ひろっちさん

先日はどうも!
いつかはお会いしてお話をする機会が訪れると思っておりましたが、その満願の当日、実際にその瞬間は、驚いてしまうものですね。
本当にお会いできて良かったです!

松本の街での呑み歩き、
春夏秋冬、色んな景色があります。
是非、楽しんで楽しんで、楽しみ尽くして行きましょう~!

投稿: SOJA | 2015年1月25日 (日) 23時40分

・ maikoさん

実は前段がありまして、
かつ、
5年ぶりに当時の記事を紐解いて、
自分としても、ずいぶん懐かしく読んでしまいました。
YOKOさんの発案と言うのも、すっかり忘れていました。
10周年のブログ記事を書く際に、
自分自身が初めて十兵衛さんに訪れた日の日付を調べますと、2005年の様で…
十兵衛さんと出会って10周年の様です。
偶然と申しますより、ご縁なるもの、繋がりますね!

ちなみに裏話ってンじゃないのですが、
母の誕生日と十兵衛開店の日付が一緒で、
母の姉、叔母の誕生日が、十兵衛の大将と同じ誕生日と言う…
ここにも何とも不思議なご縁があるみたいです。

投稿: SOJA | 2015年1月25日 (日) 23時44分

十周年のプレート、Idさんの思っていた場所に収納されてなくて、大捜索大会の末での再会でしたね!

せっかくなので並べて撮りましょうという話になったので、微妙に角度は異なるけどウチも撮影させてもらいました。

ウチのブログは相変わらず更新が遅く、現在は3ヶ月近く遅れていますが、公開できた際にはトラックバックお持ちしたいと思います(^_^;)

投稿: kuni@92の扉 | 2015年1月28日 (水) 01時37分

・ kuni@92の扉さん

コメントありがとうございます!
10周年のプレート、5年前のものですもんね。
自分たち…特に僕自身、
当時のブログを読むまでは詳細に思い出せなかったです。
5年、随分と昔のことに感じます。
あっと言う間でしたね。

トラックバック、楽しみにさせて頂きます!
あの日、偶然に立ち寄って頂いたおかげで、自分たちも素敵な写真を撮ることが出来ました!
感謝です!

投稿: SOJA | 2015年1月28日 (水) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/61012789

この記事へのトラックバック一覧です: 15周年!おめでとう!!日本酒居酒屋・厨十兵衛!:

« 焼きそばにもまた文化があるんだなあ…と思う訳です。 | トップページ | (いつもの)記憶残留量わずかな中で。 »